氷の世界アルバム(帰れない二人)ギター検証

はい!ギターの検証動画です。
これは、氷の世界アルバムの「帰れない二人」 この左右に聴こえるギターは
左は多分、陽水が演奏するギターで、右手が星勝?
この歌は、昔から弾き語りで歌っていたんだが
ギター演奏で、レコード右手の出だしのDハンマーリングオンの1弦を弾く音が
当方が使うギターでは出せない音なのです。
Martinでもいくらやっても似たような音が出ない
どんなギターを使ってるのかなとは思っていたが、まず、情報開示されてないので、わかるはずはない

しかし今回YD-304を手に入れて
このギターの独特な音、1~2弦の鳴りがかなり鳴る
YD-304のギターはミディアムゲージが仕様標準で、弦のテンションが高いのです
で音がさすがに固いのです ですから高音弦が普通のギターなどよりも、爆発的に鳴るんです。
それで、帰れない二人の両サイドのギターはおそらくYD-304ではないかなと
演奏してみた
演奏していると、原曲で李x帳サイドのギターが鳴る倍音がYD-304の音色していたのです。
その音色はYD-304独特で、ボディー内ブレージング構造からなる音色です。

そしてあの堅いカヒーンと鳴るハンマーリングオンの音が見事に一致
思うと、YD-304は氷の世界アルバムでも使われていて
また、おそらくは日常的にも陽水は304を使って歌を製作されていたのだろうと思えます。
そうすると、304で数々の名曲を誕生してきたんだろうと思います。

304って凄く個性のあるギターです。
弦のテンションが高いので、普通に心穏やかな時はシャラーンとならして
もそもそとストロークしても味のあるサウンドで
少しだけ気持ちにおテンションを上げると、それについてきて高鳴りするし
ギターを普通に演奏していても、他のどのギターよりも様になるサウンドを持っている
何処かで聞いたような?

モーリス持てばスーパースターも夢じゃない!
モーリス持ったってスーパースターは存在して来なかったが
S.Yairi YD304持ってスーパースターは実際に誕生したんですよね

それに、S.Yairi YD304は、そのスーパースターを育てたスーパーギターだった!
多くのギターというものの中でも中核的な素質を持ったギターだと思う
だから、プロを目指す人は、一度はYD304を手に入れて、そのパワーを吸収してみるのも良いだろう。

 

 

 

0

ギター

DSC_0334

さて! 我が家のアコギ紹介^ ^
一番左手がMartin D-35です。これは1992年に購入した同じ年度製造のD-35です。
今でも凄く良い音色をだしています、弦なんか張りっぱなしでも柔らかで深みのある良い音色を出しています。
D28やD18などのフラットピッキング向きと全然違いますよ 鳴りが綺麗なんです。
当方フィンガーピッキングでも指の力が出してしまうので、かなり荒っぽく弾いてしまうんだが
優しく弾いてあげると、凄く綺麗な音をだします。

巷のYAMAHAなんか問題にならないくらい良い音色出しますよ  貸しましょうか?^ ^ 宅録にどうぞ♪

では次2番手は、今回奇跡的に入手したギターYD-304です。 これは本当に奇跡的ですよね^ ^

もっと近くでお見せ致しましょう!見るだけならタダだから(笑)
DSC_0340

製造から今年で43年経過です。 写真では細かい部分まではわからないが
少々の擦り傷あり ← これが普通だとおもうが、傷無です^ ^ しつこいかな?^^;

やっっぱりさ 自慢したいのです^^;
やっぱりさ、当方のところへ来る304は初期ですよ 後期モデルは持てない! うん
以前304を所有して陽水カバーされている方から聞いたんだが
76年製などからやはり個体的に当たり外れがかなりあるらしい
手に入れるならば、実際にお店で試奏して選んだ方が良いですよとアドバイスされていました。
しかし当方の場合は、特別なので、ギターを見てテレパシーでわかってしまうのです。
マジにですよ
テレパシーです。

だから今写真に写っているギターはみんなクォリティーが高いギターです。
お値段は関係ないですよ
この4機は絶対に手放さないです。
この他クラギ2本とベースとエレキ
クラギの1本を売りたいんだが、詳細不明のクラギなんでなかなか売れない
たぶん輸出用の試作品ギターだとは思うんだが定価がわからないと
お客さん食いついてこないんだよね

のこりのYAMAHAのクラギは塗装を剥いだせいか、ネックの根本付近のフレットに波打ってきたんだ
1~3フレット付近がビビりだしてきた。
ネックの方シェラック塗3回くらいで終わらせたからやはり湿度に影響するのだろう
ウレタン塗装で生木をシールドしている意味がよく解った
塗装でしっかりシールドされてないと、気温や湿度などの変化についてゆけないのだ

さて左から3番目 three S W150 これも良いギターですよ音のバランスはパーフェクト!
低音から高音まで、左手でおさえてるネックにまで振動してきます。
表板は合板だが薄いんです となりの白いW-130も同じで1976年製で同じ時期に製造されている。
光の反射加減で、Xブレージングの痕が表板表面に見えるんですよ
そこまで薄い 多分薄さは限界値だろうと思う。
そのお蔭で、ボディーの共振ドームが高級なギターにも勝るとも劣らないんだろう
両方とも当時1万円少々の定価ですよ
その10倍のクォリティーのあるギターだと思います。

今回のギターの話はこれくらいにして、もう寝ます だめだ ねむい

5分前 御前様 この記事書くのに30分かかってる^^;

写真も撮影しながらだからね

あ、言っておきますけどね ほとんどの場合 こうやって記事を書いている中で
写真を撮影して縮小して貼ってるので、1時間もかかるときありますよ
何しろ、ブログを書く時間も趣味のうちですからね^ ^

 

0

こころの赴くままに

オリジナルソングだと、再生数が伸びなさすぎる^^;
この動画作ったのは、PCのデータの中にお目当ての写真を探していた
その時、たまたまこの歌の音源があったので利用してみようかなと、単にそれだけ
この音源はなぜあるのか?
なんで録音したのか? いつ録音したのか? まったくわからないです^^;

歌詞の最後に、「まぼろしに捉われることなく」と書いたのは、実はわけがあって
夢ばかり 追っていてはだめですよ
自分を信じて突っ走るのはいいけれど、夢は叶わないと感じたなら 幻ばかり追っていてはダメ
違う生き方を選ぶべき
という、歌のタイトルとかけ離れた内容が、最後の一言に含まれている

若い時は、若気の至りって言葉があるが
若い時こそ自分の夢や希望に向かって何処までも突っ走って行けばいいんですよ
それでなくちゃ人生勿体ない!
人生自分が思う事へチャレンジそこが人生
失敗を恐れていては何も始まらない!

当方は、若い時、そういう人生を送ってきた 失敗を恐れない なんでもチャレンジャー
今振り返ると
はじめっから失敗の人生だったかも? 失敗を恐れないからね~(>_<)
それは冗談だが^ ^

自分の人生を振り返っても、なんの後悔もない ただ通り過ぎた事柄は、悔しい事ばかりはあったが
その気持ちを持つことも人生のうちだと思う
確かに、仕事ではありすぎ、人一倍一生懸命にやってきたが、なんで一番よくやってる奴が大変な思いをしているの?
当然、人一倍仕事量をすると、それだけリスクは増える
統計的な物でもある
だからといって、いい加減な奴らの方が良いのかというと、そんなずる賢胃人間にはなりたくない
それこそ後悔してしまいそう、だから自分の人間性として一生懸命にやらざる負えなかったし
人よりも経験豊富で、嫌な経験もありで^^;
それも含めて、形のない勲章を頂いたと思えればいいよね

最近なぜか、思いが叶う傾向にある
憧れのギターも手に入ったし
これはマジにスピリチュアルな出来事だった 流れ的には相当問題があったが
想念をクリーンにしよく考えると、マイナスなことがなくて みんなプラス作用していた
結果論なんだが、憧れのギターはただで手に入った。
自分で修理ができる破損状態だったから良かったのだ!

実は、法テラスで弁護士と相談して意気込んだのだが、次の問題で10分無料の弁護相談をしていたんだが
荒れはまったく意味なかったみたいだ 弁護士が変わると、アドバイスの支点も変わるから
こんな10分無料の弁護士相談していては無理だなと思った
やはり同じ弁護士に相談して進行して行かないと戦えないと思った
最終的に自分と取った判断で最良な状態になったとは思うが、まじに言って戦って叩いてやりたかった
あのブラック企業を
そのうちに社会問題になるだろうと予見する。

あとはやはり、事象的なこと、当方はこの3次元世界を事象界と言います。
物質世界なので、物質が壊れれば、それを事象としてとらえる
壊れたものを、どう解釈するか? で、前へ進んで行けたり また、後退してしまったり
する、事象界です ここ3次元とは、天地を創造した創造主が仮に作った世界です。
人類こそが、創造主の望まれる理想世界、理想郷へ到達するために試みとしてこの事象界に
降り立ち魂の訓練(向上)をしている
理想世界は人類の魂の向上された環境によって建設されるので
今の現状を思うと、人類が理想世界を建設されるまで後3億年はかかるだろうと思う^^;
まだ始まったばかりで、人類滅亡なんて話もでてくるし
創造主が創造した地球、理想郷なんて土台無理な気がする
理想郷とはどういう世界か?
多分、自在です。

魂が一瞬にして何処へでも飛んでゆけるわけなんだが
それが物質界の肉体をもってしてもできる
じつはこれは、かつての地球では、自在を取得された人類が存在していて
理想郷を築いていたんだが、結局は創造主によって昇天させられた
その一部分であるアトランティス大陸とか言う文明があった大陸が海の下に眠っているが

このことについては誰も知らない
で当方はなぜ知っているか?
教えてあげましょう~ 今まで語ってきた仕組みを基盤として創造しているので
すべてにつじつまがが合致するんです。
仮説ってわけでもない
今書いてきたことは、当方以外何処にも影響される話はないです。
普通に考えても、わかりようがないはずなんだが、
それを胸に手を当ててわかってゆくことが人生なんよ

真実への知識です。

PM3:56

 

 

0

毎度の話し

DSC_0325

砂肝 粗挽き塩コショ レモン汁
食感が良いんですよね^ ^

カツオのたたき、
それほど美味しいな~てことなはい^^;

焼酎は芋
当方なんでもOKです 芋の臭い匂いもしないし^ ^
クサヤだってまったく食べますよ あれば

毎日暑くて、もう体が限界!
結構歩くんだが、家帰ってきてダウン寸前、お風呂に入って汗を流して
お風呂でたらビールってところだが
バスタオル巻いて、調理
いつもこういうスタイル 裸でバスタオル巻いたまま、てんぷら揚げたりするよ^^;
油がバーンッ! 胸のど真ん中に命中 あちぃ~~\(◎o◎)/!
てならない
だから、スタイルが変わらないのだ^^;
このくらいの火傷たいしやことないし、反対に気持ちが良いよね^ ^

で火傷の痕は残らない 下手に水豆できて皮を残して治してしまうと
シミになって残るんだけど、もう火傷した皮は剥いた方が良い
新しい皮を再生した方が良いね

DSC_0327

クリーニングしていた。
これ見てくださいよ ピックガードと表板表面、擦り傷もない
1973年製ですよ

DSC_0328

ローリングカポ買いました^ ^
いや、拓郎も陽水も使ってるから、当方も使わんとね^ ^
これ以外に楽ですよ
取りつけてしまえば、閉めが緩いとかないし
ねじ式とか、NSカポもそうだけど、ネジ式だから
閉める力加減が緩いとビビるし音が鳴らない
で、閉め直すと、どのくらい締め直したらいいのか?
めんどくさい!
閉めすぎてしまったりとか、ネックが痛んでしまうし

だからといって、あの洗濯バサミ式は嫌いなんですよ なんでかっていうと
合理的じゃないから
カポがあんな大きなもの邪魔だよね ただフレットを押さえるだけなのに
デカすぎだよ デザインが悪すぎ!

DSC_0329

これ綺麗に見えるけど
白濁が全体的に伸びているんだが、さして気にならない程度
なんだか、日増しに透明になってきているような気がする

 

DSC_0330

martin d-35 と S.Yairi YD-304とで何か多重録音でもしたいな~
304はまだ目いっぱい鳴らしてないんだが
まだ暑いから、涼しく成ったら多摩川まで行って限界まで鳴らしてみようと思う

 

43年経過

新品に近いよ^ ^

この写真見ちゃったら このくらいな程度の綺麗なYD304欲しくなるでしょう
これショップ販売だったら8万円以上しますよ

 

 

0

四月になれば彼女は


この歌は、高校生の頃から知っていてギターだけは弾けていたが
コピーではなくて、楽譜通りだったが
今回、さりげなくリクを頂いて、できね~ってかわしたんだが^^;
せっかくリク頂いたので
やっぱり、自分が向上するにはそれを受けて立ち
英語歌を覚えなくちゃならない(>_<) 日本語でも早口は無理なのに^^; 英語歌なんか... ギターの方も、高校生の頃から覚えた記憶で弾いていたんだが 今回初めて耳コピーしましたよ やりゃできるんですよ ギターのコピーは簡単だったが、歌はね~~ うんうんうんこ(>_<) うう~~救いようがないか? <(_ _)> すまん

1