フリース地とボア地どちらが防寒性能があるか?

試験しました。
窓を開けて室温を7℃にしカーゴパンツ
裏地 フリースと、ボアと、どちらが防寒性能が高いか?

パンツの裏地は、キルト フリース ボアとありますが
キルトの場合は当方は何度も経験しているので省きました。

カーゴパンツに今回裏地がボアはどんなものだろうかと購入してみました。

P1017814
P1017813
フリースの方は外出着で、これは他にもう1本カーゴパンツがあってフリースですがフリースの厚さが違って
薄地の従来のカーゴパンツを穿いて、まず中は、地肌に冬用薄地インナータイツとスエットパンツ2枚穿いても
室温14℃では、膝がヒンヤリしてきて、防寒対応の生地でないと重ね着は有効ではないと思い
部屋着防寒パンツとして今回裏地ボアのカーゴパンツを仕入れてみました。

見た目でも、ボアの方が温かそうです。
インナータイツを穿かないで素肌で穿いて室温7℃、フリースとボアとどちらが防寒性能があるか試してみました。
WS000034

WS000033
それほど長い時間はできませんが、違いが分かる程度の時間やってみました。

フリースは少々厚手のものまだ新しいものですが表地裏地ポリエステル、ボアも同じです。
さて、どちらが室温7℃でヒンヤリしてくるか?
まず、ボアの方は、当方初めての体験で、手に取っての感想はそれほどごわごわぬくぬくというような感じはなかった
ボア地を穿いてみると感触はまあまあで、穿いたところで空気が入って膝を折ると空気が抜けて足に吸い付く
静電気かと思いきゃ 表地撥水加工を施しているようで、まったくの傘地のような感じです。
たぶん蒸れそうですね 脛が濡れそうです。

結果は、ボアが勝ちです!
まったくと言っていいほど冷えた外気が素足に感じなかったです
反対にフリースの方は、じわじわと膝関節に冷えが感じられました。
かなりボアの毛の空気と表地ポリエステルの撥水加工で外気を遮断しているのでしょう

※ 内生地 ボアの場合は素肌で防寒効果あるので、中にインナータイツとか穿いていると
効果半減するようです。と言う事は大きめのサイズよりもちょうど合うサイズの方がいいでしょう。
お尻回りがピッタリですと座ったりした場合ずり下がってきますので注意^^;
これを踏まえると、やはりパラシュートパンツの方を超おすすめです!
裏生地ボア製品は、毛布と同じように使用頻度で毛が寝るので防寒性能は徐々に落ちてくると思います。

防寒着と言うのは用途がいろいろあるので、運動量のない場合の防寒着と、運動量のある防寒着とでは
防寒対策繊維構造が違います。
今回購入したボアパンツは、まさに、防寒部屋着としてPCデスク下、腰から下の防寒に最適だと思います。
重ね着いらないんです。

ちなみに、サイズ、当方はLで、見た感じもちょうど良いですが、サイズが大きめだと
ズボン下の空気の量も増えるのでそれを埋める為に結局は重ね着して動きづらくなってしまうとおもいます。
部屋でもジーンズとか穿いて慣れてるならその上にパラシュートパンツのように穿くのも良いです。

防寒に重要なのは肌着自体を防寒対応の素材は基本だと思います。
だけど、8千円とかそれ高価な物は冬山登るわけではないので、そんなところで浪費するなら
じゃんじゃん暖房点けるよね^^; ちなみに 9千円近くするもんぺがあったんです
温かそうだったのでお袋さんに半纏と一緒に買ってあげようと思います
たぶん来年に入るかな? 歳とると、着る物もあり合わせの重ね義なので
いらないって言うけど、冬用の部屋着として決まってる物があるとまた違うと思うんです。

当方は、この辺まで来ると、暖房なしの生活をまじで楽しんでいますよ^^;
不思議と、お~さむい ぶるぶるって、ないんですよ つまり身体自体に温度差がないので
ぶるぶる、というのはないですね 仕事から帰ってくるとまず、インナーシャツ、パンツだけの姿で
しばらく沈んでいます。
冷えてきてから、少しずつ着込みます。
今室温は14℃です 炊飯器を部屋に持ってきて炊きました。
土瓶でお湯を沸かして部屋でポットに入れます。
たぶん、今頃エアコンの暖房をやっていたら湿度が30パーセント近く落ちますよね
喉やられますし、風邪引きやすくなりますよね。 現在の湿度は79%です。

たぶん年を越した1月下旬から2月下旬ににかけて室温常時7℃にはなるかと思います。
東京の冬の気温はこんなものだと思います
この部屋着スタイルで、もっと寒くなれば、重ね着ではなくて、防寒インナーシャツとパンツの性能を
強化すればOKだと思います、まだインナーシャツからパンツは通常なので、防寒対策はしていません

まだ余裕(*^^)v

ということで、この冬暖房なし生活の話題はこのへんで締めようと思います。

※ 訂正 ここで表す記事の内容について、実験した現時点での書き込みで事実を述べていますが
ボア地、現在1月2日ですが、室温14℃でも、膝が少し寒いかなという程度です 期間経過によって購入したボア裏地パンツも
表面撥水効果がなくなってくると、防寒性能も低下してくると思います。ボア地 フリース地、どちらが防寒性能があるか?
使用頻度によっても違ってくると思いますのでこの記事は、正確さを表していません

ボア地、使用頻度により毛が寝ると防寒性能は下がります。
P1027916
上が新品から約1ヶ月後のボア地で、下はブラシで毛を立てました。
毛が立っている場合は空気が入って防寒性能もあるが、寝てしまえばフリースと同じだと思えます。
毛布と同じです 時々ブラシで毛を起こしましょう。ボア地は小まめなメンテナンスが必須裏地です。
毛を馴らすとまったく温かさが違います。

ちなみにボア毛布、ブラシで丹念に毛を起こせば肌触りから温かさも蘇りますので是非やってきてください!

.

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)