中古パソコンの買い換え時期~続編

中古パソコン配達されました。
注文から翌日発送でした

専用のダンボールを開けてみると、すごくきれいに、しかも丁寧に
新聞紙のクッションを詰めていました。

当商品に使用されている梱包材は障害者就労支援事務所『きぼう工房』が制作しました。

すごい丁寧(^ν^)

これは話題に取り上げないとです!

キャベツのように新聞紙を丸めて作っているんですね
新聞紙は未使用のものだそうです。

こんなに丁寧にクッションとして詰めていれば安心ですね(^^)

 

中古パソコン販売会社は

埼玉県所沢市にある中古良品パソコンショップ
JUNKWORLD ジャンクワールド

今回で2度めでリピーターです。
購入から30日間までは保証してくれます。
1回目の時に当方のミスでリカバリしたところWindowsもリカバリしてしまい
無料で交換してもらいました。

そういうこともあり、親切で今回安心して2台めを注文しました。

多分他のショップで3万円台のクォリティーのものを、今回は13000円のものを
購入

 

ホコリひとつ無いです。 HDDの容量は1T

ジャンクワールドっていったって、このPCはもともとWindows7だったものを
Windows10をインストールしてHDDの容量もアップされています。
システムは64bit メモリーは4Gだが今使用しているのは8Gにしているので
そっくり使えます。

今まだ古い方は動いているので、暇なときにでも
繋ぎ変えたいと思う。

今、外付けHDDの不具合のものが3T1本と1T1本 合わせて4Tですけど
自分で修理する予定です。
相当なデータは格納されているのでハードディスクを解体して新しいHDDに組み込むという作業をやろうかと思っている

外付け用のHDDはもう信用しないので買いません
PCが不具合が発生する時は、いきなりではないので、何度か起動したりしなかったり
そういう時に、壊れる前に今回と同じく程度の良い中古パソコンを購入してデータ移行
というデータ損失を回避するプロセスでゆこうと思います。

ちなみに。HDD本体をカートリッジ式にして脱着できるように開発できるはずなんだが
そういうシステムにすると、パソコンデータ救出という会社がなくなってしまうので
開発しないんだと思います。
ウィルスも、ウイルス駆除会社が制作して定期的にばらまいてますからね

PC関係はそういう世界なのす。

PC初心者の頃はセキュリティーソフトにお金かけていたけど
ほんとバカバカしいですね

今はほとんどセキュリティー関係にはお金使ってないです
プロバイダ提供のマカフィーを無料で使用しているので、スマホも同じです。

 

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)