ギターの話~

Martin D-42と OM-28Vの内部ブレイシングは同じです。
Xブレイシングの位置がサウンドホールよりにずれています。
それを、フォワードシフテッドXブレーシングと ブレーシングをホタテの形のように
削る、スキャロップドブレーシング。

音色がですね、

右手のMartin D-35スタンダードとは少し違います。
Martin D-35の方は、ノンスキャロップドXブレーシングです。
サウンドホール寄りにXブレイシングはズレてないです。

音色がスキャロップ加工されている機種は似たような音色を出してますね
弦高のMartin D-28は2017年にモデルチェンジしてスキャロップ加工されてますので
似たような音色を出しています。

ですから、良い音色のギターを買うなら、ブレーシングにスキャロップドXブレーシングのギターを買うと良いと思います。
他のメーカーでも、同じような音色がでてますから

前少しの間所有のテイラーGSminiもスキャロップ加工されていていい音していました。
ただ気品のある音色で迫力には欠けると思います。

Martin HD-28Vも同じ音色を出していましたし Martin J-40もスキャロップ加工されてました。

D-35はノンスキャロップですが、それでも気品のある音色してます。
ブレーシングが幾分細く仕上がっているせいだろうと思います。

アルペジオとかスタイルの人だと、D-35は飽きないので良いと思いますよ!

「スキャロップドXブレーシング」この仕様は国産ギターにもあります。
モーリスとかにもあるし

ただ国産だとMartinほど美しい音色は出せてないですね

例えばKyairiとか、Martin D-45のコピーで50万円もするけど、いくら材が良いからと、装飾が綺麗だからと

50万円出すなら、本物買った方が良いですよ
50万円でコピーって驚きですね

D-42は、やはりクォリティーの高いギターです。今まで経験してきたギターの中で
やはりトップですね。 サウンドは最高です。OMも同じ体感です

OMのビンテージ仕様は最高です。

00028のみじかい弦長よりほんとマジに良いですよ 響きが違います。
あんなボディ薄いのに、でかい音出るし

まだMartinとか経験ない人で買いたい人はOM-28Vを買うと良いですよ
20万円くらいで手放してしまう人がいるので
20万円前後で新品のように綺麗なギターなら買いです!

ギター長年国産のを弾いている人なら、まず飽きないです 後悔ナシです

Martin D-42とD-35とOM-28Vと、どれか1本だけにとしたら?

D-35を残します。
いや、もう30歳の頃からだし、相変わらず飽きないギター
他の2本は手放したくない凄く良いお気に入りなんですが、
やはり、長年の情のあるD-35は天秤にかけられないね

他の2本は、生活が緊急事態の時に乗り切れるという考えもある(;^_^A

だから、天から借りているんですよ(-。-)y-゜゜゜

このポジションマークはステッカーの方が多いですからね(;^_^A
間近で見てもアバロン貝と区別がつかない

https://www.guitar-sticker.jp/product/893

キラキラものはあまり好みではないとか、過去に書きこしたが(;^_^A
キラキラ本当は好きなんです\(◎o◎)/!

当方の歌でも、キラキラ星が映りだす~~♪

キラキラ大好きです\(^o^)/

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)