愛犬と9時半に家出て..

ゴールデンウィーク5月1日の土曜日
かかり付けの内科クリニックへおふくろさんを連れて行ってきました
毎月の処方箋を頂くための受診です。

今回、先週に病院へ歩いてゆくか!と話していたので
カートを押して歩いて行ったが、駅前の内科クリニックまでは無理で
道中、半分のところで、買い物カートを椅子にして
そこへ座らせ、足を上げてもらい、当方が押してゆきました。

両足を地面に付かないように真っ直ぐ足を延ばして
人目は恥ずかしいのだが(;^_^A

ピンと伸ばしているのは流石に疲れるというので
良い筋トレになってるだろ~

ま。そんな会話をしながら(;^_^A

内科クリニック受診で、前回の1か月前は採血をしていて
本日は、採血の成績の結果発表を兼ねてます!

画像のサイズは大きいので、クリックで見てください
スマホ類では、かなりでかい画像となって
閉じるボタンを右下まで探してやらないとダメですよ

医師に言われました。
貧血の数値がかなり下がっていて
腎臓の数値もかなり下がっている

いずれは腎不全、透析となる可能性は高いので
やはりうちでは、対応ができないので、大きな病院

慈恵医大
こちらに紹介状を書きます。

すぐには書けないのでと、待ちになっています。

これで、やはり、一人での歩行はNGだなと思いました。

本当なら、一人で買い物位できればいいかなと思っていたんだが
貧血が酷いのでは

また転倒は起きてしまうので、回避ができれば、回避をしなくてはならない!

ということで、単独な歩行はNGですよね もう、自立は難しいね!

先々で、透析となったら、もう、今までの生活は無理だし

透析患者で施設に入れるのか?

運命によって、おふくろさんの軌跡である団地住まいは家主不在で
施設入りするしかないだろうと思う

これが、自然な流れですよ

90歳から 人工透析 ?

これは延命処置ですよね!

腎臓は一旦壊れれは再生不可能な臓器

寿命は正直後10年はm無理です うちの家系は長寿家系ではないので
確実に95歳内です

当方は予知能力が備わるのでもう数値は出ているが

人工透析、一旦 透析をすればその日から一生涯透析をしないとならない

透析をしてしまうと

多分宿命は病院内

透析なしで、今まで通り普通にヘルパーの世話になって生活してゆくか?

腎不全を放置すると、尿が膀胱まで到達せずに

濾過できずに尿毒が身体全体を巡ってしまうわけですよね

そうなると死期はかなり早いです

入院2~3日で逝ってしまいます。

それを知っていながら あえて透析を選択しないのもね~罪っぽいし
やはり、少しでも長生きできる 助かる方向があるなら それに向かうのが
自然ですよね

とにかく延命の方向へ向かってゆくしかないでしょう

それに沿った環境を…

今日は、お昼に戻ってこれたので

ヘルパーさんがお昼にやってきました。

3月契約当初に遭遇したっきりで

その時、当方にキッチンの生ごみを処理する袋が欲しいと言われていた方で
ちょうど、愛犬のウンチ処理の袋が手ごろですよ、用意しておきますねと
会話をした方でした
年の頃70歳代
もしくは60歳後半
太ってないです ヘルパーさんは祝日、お盆休み 正月休みも関係なく
働いているそうです

きっと若い頃から訪問介護をするベテランの方なのかなと思いました。

来ていたのは20分くらいでしたが、20分で何ができるの?
ちょっとした片付け?
くらいしか思い浮かばないが

今日、当方がいる中で、本当のヘルパーの仕事をまざまざと把握しました
見ましたって言えないのです(;^_^A

というのは、ヘルパーさん率先して、おフウロさんのところへ行き
パンツを見せて?と言ってきたのです

今ベッドに横たわるおふくろの穿いているパンツの後ろを見せてと!

おふくろもいきなり恥ずかしいし、ぶつぶつ言っていたが
ヘルパーさんは、仕事ですから 何も恥ずかしい事は無いですよ!と言いながら

パンツの後ろを見せたようで、ヘルパーさんがあら? 黄色いわね
取り替えましょうねと

おふくろは、全然気が付かなかったと言っていました。

たった20分のヘルパーさんの仕事

物凄く貴重な20分間だなと、現場にいて思い直しました!

もう絶対必要な20分間のヘルパーさんの仕事

プロだよね やるべきことをやって また月曜日に来ますからね~と

良かったです 本当に今回のヘルパーさんが来てくれて

ただ、3畳間に掛けていたズボンで足のモモのあたりから脛の方まね
ウンコが付いているシミがあったので

指摘しておきました。

そのまま洗濯機に入れて洗濯してもシミになる汚れは取れないので
事前に確認しもみ洗いをしてからでないと綺麗にはならないですよねと

こちらは洗濯機に置いて報告しておきますと言われていました。

 

当方としてのイメージでは、こうやっての日常の中で極楽へ逝ってくれれば本望なのかなと思う

一般的に、人工透析を余儀なくして不安な生活を送って最期を迎えるよりも

しかし、希望とする理想なんだが、現実は流れに任せるしかないですよ
透析、老人ホーム

すべて考えているので、先々はどう起動してゆくのか?

対応はできます。

医療施設の場合は、おふくろの有り金をはたいて施設へ入ってもらいます。
有り金が底をつけば、生活保護へ移行

しかしそこまでは長生きはしないですよ(;^_^A

姉と当方の理想では、おふくろさんの財は、おふくろさん自身がすべて消化してくれれば

それでいいのです。生半可残ってしまうと 面倒

しかし、当方は残ったおふくろさんの金は孫まで均等に分けます。

これは最終見解です

残った金を当方独り占めなんかしませんよ(;^_^A

まずは、基本的に、娘は娘、娘の子供 外孫だが、外孫しかない
孫は孫、何があってもおふくろさんにとっては可愛い唯一なる孫です。

昔、当方の祖母、おふじゅろさんの母親が亡くなった時の財産分与で

孫に10万円とは、3男のおじさん、最近亡くなった3男のおじさんの口添え手

10万円もらったのです。
孫と言えども仕事を持って休んで来ているわけで、田舎までの交通費や宿代

もかかっている

当方の仕事が自営の職人だとよくよく理解されていて言ってくれたんだと思う10万円って

ところが、3人も小学生の孫がいるところがあって(;^_^A

末っ子の叔母の子3人 30万も儲かりだわ\(◎o◎)/!

ま。昔そういうことがありました。

当方は今、おふじゅろの財産を全部管理しているが

正直全部、均等に分割します。

それで、すべて世紀におふくろの人生の軌跡は果たせるんじゃないかな!

当方は、金には困らない星の元がある

それは、才能です(^。^)y-.。o○

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)