おふくろさんの件

確かに、電話をしても出ないね!
電話では安否確認は不可能で

毎日訪問する、ヘルパーと午前中に1回安否確認兼宅配弁当の手渡し
の安否確認のみとなった。

この2業者は、おふくろさんの安否確認になくてはならないものとなってます。

電話のベルは聞こえるのだが、もう出ようとしないし
呼び鈴はかなり大きな音を出すのだが
聞こえているはずなのに。無反応です。

呼び鈴が鳴っているんだが
なぜ鳴っているのか? わからないのかなと思う
同じように、電話の呼び出し音が鳴っても、電話と認識してない

もう急加速に認知症が進んでしまいました。

76歳くらいのヘルパーに言わせると、まだましな方だと言います。
寝たきりで動けなくなったら 寝返りとかもさせないとならない

前にテレビのドキュメンタリーで見たことがあるが
全身麻痺の方の訪問介護で24時間体制で介護されていたが

まぁ 全身麻痺だが脳は普通にしっかりして普通に会話ができるんだが

話は飛ぶが

宅急便配達が、持ち帰りとなってしまっているのですよ
ヤマトは、事情を言って、メール便投函をドアポストへ
入れてくれたりするんだが

佐川は置き配はしてません
と融通が利かないので、電話でそれではいつまで経っても
配達はできないですよ!と 当方は言うんだが

配達先の佐川は、集荷先の営業所へ問い合わせて
集荷営業所がアマゾンへ問い合わせ、置き配ができるかどうか
問い合わせ中だとか!

で、当方はアマゾン出品元へ電話して置き配を申請した
置き配はしてませんが
そういう依頼でしたら、当店は破損・紛失の保証は致しませんが
配送業者へ置き配の依頼は致します。

って、めんどくさいね!

ヤマト優性

なんでかと言うと

ヤマトは地域に貢献する運送会社だが
佐川は、法人相手なので
発送元の法人が置き配はNGとなれば
注文者が置き配を求めても相手にしないってわけです

そうなると今後
佐川を使うショップは注意しないとならない!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)