本日朝一ケアマネに伝えたこと

1、敷布団をお漏らしして濡れた状態で、2枚目の敷布団を敷いていた。
衛生上非常に悪いです。
2.掛布団の夏用肌がけダウンケット、排せつで各所汚れたまま使用をしていた。

3,網戸が開いていて外れていた、窓は50cmは開けっ放し午前10時の段階で

4,エアコンは点けっぱなしを指定していたが、日曜日10時に確認すると室温設定が29℃となっていた。

5,洗濯されて畳んであるダウンケットに排泄時の汚れが各所付着したままだった。

エアコンの温度設定で、夏場で室温29℃設定にしてしまうと
冷房ではなく送風となり脱水症状を起こしかねません
事故死が予測されます。

また、ケアの在り方に異論あり
不衛生極まりないケアの仕方です 俗に手抜きケアという判断で良いと思います。

これらをケアマネに伝えて、ヘルパー事業所をチェンジ申請をしました。
遅くなっても良いので、間を開けないようにうまく調整してください
と伝え、了承されました。

訪問ヘルパーの年代的には良かったと思うが
長年やってきた資格のある介護ヘルパーは
確かに年季こそあると思うが
下手に仕事に慣れてしまって、一般的な常識を失う

布団に付いている汚物の洗い残しなどに神経が届かず不衛生にも利用してしまうのは
職業病と言えるかもしれません

自分はゴム手袋をしているので、全く影響はないが
相手は認知症の利用者なので、布団が汚れていてもまったくわからないので
良しとしてしまう 普段のケアセンスとなっている
時間内でケアの仕事を終わらせないと、次への利用者お宅へ回る為
手を抜くこととなる

ということは、何処のお宅でも、こんな手抜きをされているという事となる

ケアマネに前回聞いた話は
排泄のコントロールのできない利用者は、介護保険に該当から外れ
普通は施設へ入れているとか言われていました。

自宅で介護とはいかないようです。

しかも、利用者91歳で単身生活者

この視点を踏まえても 訪問介護は限界にきているのか?

当方にはわかりません

お漏らししたら、お風呂に入れて 着替えさせて
汚れた寝具は洗濯すればいいわけで
それが、確実に毎日です

ヘルパー事業所のケアの日程が決まっています
月曜日はシャワーとかなので

お漏らしをしたからと、毎回腰回りを清潔にとはしてくれません
簡易的に、対処です

ですから、感染症が心配されます。

さて、どうしたらいいもんですかね(-。-)y-゜゜゜

年内は継続でおふうろさんの認知症の進行度をみながら

来年には入れる施設へ入所をさせようかと思う

お金がないので、簡単には決められないのです

財が無くなったら生活保護へとか、確証がないので 冒険しないと
近場の施設には入所できないだろうと思う

入所してしまうと、40数年暮らしてきた都営の部屋は明け渡しをしないとならない

もうベットから自力で動かないので
衛生面でも医療ケア病院へ入れるなら入れようかと思う

夜の一人の時間が長いので

緊急対応ができない状態 見守りカメラを設置しても

真夜中まで監視してないですからね

確かに小まめにチェックをしているが、実の親ですから

あまり見たくないもんです。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)