いろいろ悩むんですよ!

当方でも、色々悩んでますよ!
気安く相談する相手もいないし

隣人の意見とか 私はこう思うよ!とか ないので

一度決めたことでも、本当にそれでいいのかな?とか 悩んでます

率直に ヘルパー事業所チェンジの件

当方の目で、今のヘルパー年代もシルバーですよ70歳超えてます
そういう人たちに任せられない!

という判断を下したのです
前から、そう思ったりして、しかしこういう年代もおくろさん90代には良いのじゃなと!

ヘルパーの年代的に唯一の妹が18歳下と離れているので
妹の年代の人に面倒見てもらって、面倒見られやすいのかなと?

40歳代だと、孫の年代、30代だが
気兼ねしないのはやはり70歳代なのかな?
と思ったりして

ケアの仕方 おふくろさんの接し方

若い人だと、遠慮しがちで、認知症の当事者の我儘通り流されてゆくのかな?
いい例が、訪問看護師で、おふうろさんの爪は異常に伸び放題
しかも伸びた爪垢が真っ黒

これを、ずっと放置していました。

いえ、爪が伸びているので切りましょうか?

と聞いて、おふうろさんが、切るほど伸びてないから良いですと断った
そのまま放置

認知症の利用者が何と言おうと、爪を伸ばしたままでは衛生上かなり悪いのです

それを放置してしまうのは、やはり年季がないからではないかと思う

訪問看護師日誌に爪を切りましょうというが、爪は伸びてないので良いです
と拒否された」と書いてあるが
その後、その手でお粥を手で食べていたって何のための訪問看護師なの?
感染症確実に発症してしまいます

お漏らししたオムツとか、手に付いたまま洗ってもらえず、長い期間
爪の垢が真っ黒になっていたわけです。

それを踏まえても、今の訪問介護ヘルパーには任せられないですよね

掛布団は汚れが付着したまま乾かして使用しているなんて

そこで、当方は色々考えているわけですよ

おふくろさんのケアとしては良いのかなとか?
他は洗濯は適当でもいいのかな~ 当方がうるさいだけなのかな?
とか

相談相手が居ないので、よくよっ考えているんです

確かに、言っちゃ悪いけど おふくろに相応しいケアかも知れない

しかし、ウンチの汚れの付いた布団をそのまま使っているって異常ですよね?

衛生上悪すぎ、感染症が起こっても不思議ではない!
しかし、おふくろさんの宿命なのかなと

おふくろさんのこれまでの人生のすべての清算が今来ているのかな?

しかし、当方は息子として最期は、良い感じで極楽へ送ってあげたいのです

だけど、人間関係で居心地のいい相手が今のヘルパーだったとしたら
今のおフウロには汚さ不衛生など感知できないし
少々汚くても今のヘルパーとの交流がいいのかな~?と
思うわけです

もう本当にわからないので、暫くの期間、黙ってみていようと思う

施設があったとなったら入所してみるかも知れないが

今のままを継続しながら ある日突然極楽へと旅立っても良いと思う

それが理想なのです。

とにかく 都営団地の部屋、もう40数年住んできておふくろさんの城

となっている

そこで人生を全うしてもらえばめでたしめでたしですよ

そこまで考えているのは息子の当方だけです

姉はとか、もう姉の話はしません

ショートメールは4月から当方が一方的に送って18回 数えました(;^_^A
一切返信はありません

姉はもう全部捨てた模様です

それは、普通ではない証拠です

己のプライドが母親よりも大切だったと

それは、実は心因性の病気からくるもの

心身ともに健康な人なら、そんな選択はしませんよ

何が彼女の心の中世界を狭めているのか?

被害妄想です。

彼女は福島県出身で

関西へ行って病んでしまったのです

関西人のようなさばけた性質ではない陰湿な性質の女が

病んでしまうのは仕方がないと思うよ

居場所が苦しめているのだ!

この病んでいる女を救うには、今いる場所から離れなくては
病気は治らん

心因的病気を治すには、今生活している場所をたたんで

希望を胸に新天地へ脱出するしかない!

それを行う勇気と実行力を身に着けてほしい

それ以外ない

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)