今日の愛犬ちゃん

朝11時頃にご飯を食べました。
順調です!

いつものスタイル
いつ見ても可愛い(*^-^*)

 

ずっと以前から頬に出来物が

 

なんにしても、高齢犬ゆへ麻酔とかして手術はできないので
寿命まで頑張って欲しい

ちなみに、手術をしないのは
麻酔など安易に打ってしまうと ショック死する確率は高齢になるほど
高いのです。
俗に、そんなこと言っていたら病気は治らない!と言われるかと思うが
大切な愛犬で、しかも高齢で麻酔を打ってショック死する可能性が
心配されるわけで、それでも賭けをするように、つまり
当たるも八卦、当たらぬも八卦 などと、やれる人は居るかと思うが

当方は、やりません それをやれるのは、動物病院へ入院させることのできる人
動物病院の医師に愛犬の命をお任せのできる人

当方の愛犬は、まず無理です
ケージにも入らないし 他所へ泊ることはない トリミングも
お任せで預けないです。

めったに愛犬の身体に医療の為の薬など入れてないので

麻酔のショックを起こす可能性は大きいです

それでも麻酔を愛犬に打てる人は、家庭もちで、子供も数人いて
愛犬の存在はその下 家族と言えどもペット

と言う認識のところだと思う

愛情には度合いがあるのですよ

当方は深すぎて 溺れそう(*’ω’*)

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)