皮下注射 点滴

当方も、少年が抜けきれないのか?(;^_^A

野生のネズミを保護して、動物病院へ連れれ行きました!

 

だって、知ってて放置ができないよね
道路の左側で車が通る左のタイヤのライン付近です

車はあまり頻繁には通らない道路だが
朝7時に愛犬ちゃんと自転車で駅付近へゆき
そこから散歩スタート

朝7時でも、日陰を選んで散歩していて、道路の左側、影になるラインを
歩いていて

このネズちゃんが、うずくまっていて
死んでいるのかと思い、そっとつま先で触れてみたら、動いたので

保護と言う流れです。

病院では、最初砂糖水を飲むかとやったら、舐めている様子で
皮下点滴を打ってもらいました。

先生は、野生は病原菌がいるからと、慎重に取り扱うようにと
先生に聞いても、どのネズミかわからないという?

まったく知識がないような振りだったが、まじか?

ペット専用の動物病院に拾ってきた野生のネズミを持って行って
どうもすみませんm(__)m

おまけに 診察料折半してくれてありがとさんです(^^)v

おまけに、動物愛護協会の連絡先までメモしてくれて

ありがとうございます。

元気になって、放すとしたら、多摩川河川敷の野原でも良いの?
と聞くと

捕獲した場所が良いと言われていました。

多分、駅のホームの下あたりが縄張りかもね~

でなぜ、道路でうずくまっていたか?

瞼がくっついて開かないようで、フラフラしていて暑さに
弱っていた可能性がある

見る限り、体系からしても今まで活動してきた体系なので

瞼が乾燥してしまい、開けなくなって夜の間にさまよって

道路で、体力が消耗していたのではないか?

点滴血注射をする時、一苦労で 助手の方に手伝ってもらい
首に注射針を刺すんだが、3回目くらいでやっと適量を打てました。

ケージも3500円位のものを購入したが

元気になったら、放しに行きます。

ケージはフリマで売りますよ(*^-^*)

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)