原発事故後の放射能汚染地帯は動物たちのパラダイス

人間も適応しているんですよ

福島県もいつかはそうなるでしょう

当方は当時から語っているが
細胞の突然変異が起こって新しい人類が誕生しその細胞は
世界へ広がる

と予見してブログに書いてます。
スタップ細胞ですよ

ちなみにコロナの世界に生きるための人工的なワクチンとかではなくて
細胞自体が強化してゆくという
いわゆる進化です。

進化するものだけが未来を生き抜いて行ける
という構造となっている

この動画を見ると確かに 人類という文化は自然動物にとっては害でしかないのが良くわかる

自然動物の命の尊厳弦を重んじ共存するどころか支配し
不要になると始末する人類は
いつかは滅ばざる負えないだろう

自然動物の方がはるかに地球にとって有益な存在で
人類は?

さて、どう思いますか?

当方は個人的には
人類の行く末は、多分 綺麗な地球 宇宙の遺産を守るために
エイリアンが人類を管理してゆくだろうと思う
不要となれば処分(*^-^*)

自然動物の方がはるかに美しい 地球の子供たち
人類は創造主の失敗作なのかな?

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)