医者以上の目で愛犬を見守る

動画説明文
犬用総合フードを食べるのは久しぶりのことで
今朝はライ麦食パンの残りを食パンの袋をあさって食べました。
以前からライ麦食パンを食べさせてますが、まったく問題ないです
むしろ取りやすいウンチをしてくれます。

総合フードは子犬用を食べるので毎回トッピングして食べさせている
持病は慢性膵炎ですが、あまり気にしないように
自ずと食べるものを与えています。
ということは、他のフードも出してますが、ほとんど食べない
匂いを嗅いでスルーが多いです。

それが慢性膵炎のせいなのか? 飼い主の当方がいっぱい買って来て
おやつやフードを出しているから我がままになっているのか?
愛犬と会話ができないのでわかりません
食べない日が続くと心配でしかたがないですが
何食か抜いても散歩は元気に歩いているので、慢性膵炎といえども
まったく健康状態です。
また、喉のあたりとか、お腹など触るとしこりが感じられるが
基本的に高齢犬で注射までがせいぜいで、麻酔とかNGなので
兆候などあっても病気になる前を維持して寿命まで元気で過ごしてほしいと思う。
なので、動物病院は17歳になってから滅多に行きません
飼い主や医師などが過剰反応して、薬剤を愛犬に入れたり
とかして、むしろ負担となったりで
正規な寿命を迎えられないで虹の橋を渡ってしまわないように
医者以上の目で愛犬を見守りたいと思う。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)