タクシーと衝突してしまいました…

マジ、左から来たタクシーに撥ねられました!
交通事故です。

昨日の朝からどうも危ないなと思っていた矢先
危険が何個も迫ってくる

昨日の夕方愛犬のフードを買いに片道15分先の島忠へ
行った時も、横断歩道で四方八方から自転車とぶつかりそうになる
とか、交差点前の1車線から大きな街道を通る時
黒のワンボックス車が交差点を突っ切り1車線の道路に入る所
無理やり後ろから黒のワンボックスが当方ギリギリに追い越して
行って、かなり危ない運転手だなと、どうも危険が当方に
向かっているなど思っていたんです

そして、今日、実家へ行く時間に
いつも通らない道を通っていた時

 

当方は線路沿いの道路を走っていて
この交差点の手前は、停止線がある、タクシーが左から来る通りは
優先道路で、ガードの手前にも停止線は無いです

両方ともミラーは設置されています。
当方は自転車なので、常識で停止線があるからと、1タン停止はしません
減速して車がきているか確認して通ります

当然左は死角となっているので、減速して車が来てないと
思って交差点のど真ん中まで来ているわけで

ところが、いきなり猛スピードでタクシーが迫ってきて
あ~避けられない 衝突と思った瞬間に

自転車から降りたんです 降りた瞬間に激突です。

自転車は倒されて、タクシーの運転手に言いました
随分スピード出てたねと!

あれでは避けられない!
幾ら優先道路とはいえ、ガードをくぐった左右の死角
があるので、普通は減速するよ!と

取り合えず、自転車にダメージが起きているかわからないので
警察へ通報
110番スマホで掛けると、自動案内のアナウンスが流れるんですよ
警察ですか? 消防ですか?
警察なら1 消防なら2を押してください!

こういうの辞めて欲しいよ!
当方スマホで電話してから、ダイヤルボタンの表示を出すのわかんなくて(;^_^A
タクシーの運転手さんに110番掛けてと頼んだくらいです(;^_^A

とにかく現場検証をしないと、当方も物損をけっこう何度もやっているので
こういうのは慣れてます。

タクシーの運転手の対応とか、とても素晴らしい
まずは、お体当たりましたか? 大丈夫ですか? と
いの一番に心配されてきて、当方も凄く対応の良いタクシードライバーなので
怒らずに済みました(^^)v
まず警察へ通報して、警察が来る前にタクシー営業所の所長さんが
駆けつけてくれたのです。
まず、身体の事を心配してくれました お怪我はありませんでしたか?と
凄いな~ こんな律儀なタクシー会社があるのかと、関心しました。
運転手さんも自慢の所長さんのようでした。

確かに、出会いがしらの衝突で、ブレーキシステムのABSが利いたと言っておられました

ABSがないと、急ブレーキでタイヤがロックするので制動が伸びるんですよ
この状況でタイヤがロックで滑っていたら当方までやられていたと思う
運転手さんもミラー見てなかったと言っていて、お客さんを乗せてて
急いていたわけです。

当方もまったく怪我がなく、運転手さんも命拾いしたと思ってます
怪我したら人身事故となるので
当方にはまったく当たっていないです 当たったのは

アシスト車のペダルの付け根のモーター軸のカバーで
うまく当たったので、自転車のフレームなどには損害は無い?
ように見えました。

 

タクシーのバンパーに小擦り傷があるが
モーターカバーよりもバンパーの方が上なんだが

ABSがかかるほどのブレーキで車体の先方は下がるんですよ
丁度モーターカバーに当たって止まっているので
自転車は右へ倒れただけで、引きずられてないです。

 

バンパーに白い小擦り傷2か所


現場 事故徴取でおよそ1時間
おふくろさんを11時に病院へ連れてゆかなくてはならないので
その旨伝えて
午前中の病院受付は12時頃までなので、なんとか間に合うかなと
思っていたが

現場事故徴取が終わって、タクシーの運転手さんが
実家まで送りますよ と言ってくれたんだが、いや良いですよ
何度も遠慮したんだが
送らせてくださいと、言ってきたので、じゃお願いします と
自転車は、戻ってきてから自転車屋へ持ってゆきますということで
現場にある自転車を無料の駐輪場へ停めて

お言葉に甘えて、タクシーに乗せて頂き、実家までおよそ11Km
乗せてもらいました。

その道中ずっと会話していて
タクシーの運転手さんは、当方の事を本当に良い人に出会いました
と言ってくれているところ、いや、お互い様ですよ
運転手さんもタクシー会社の責任者さんも 最高の対応で素晴らしいと思います

実家団地なんで、着いたらそこで良いですよ! と言うんだが
病院へ乗せてゆきますというんだが
そこまでしてもらっては悪すぎるので良いですと断るんだが(;^_^A
やらせてください!とまでいうので

実家団地へ到着して、駆け足で実家9階まで行って
寝ているおふくろを、もう土足のまま車いすをおふくろのベッドまで
持って行き、下穿いてなかったので、パジャマを穿かせて
すぐタクシーへ乗せました。

駅前スーパーの入る2階に内科病院が入っていて、通りに止めてもらって
タクシーは待機してもらいました
時間ギリギリ12時お昼

小1時間かかってまた実家の団地まで乗せてもらって
もう良いですよ!
と何度も言うんだが
いえ、お待ちしてますと言うんですよ(;^_^A

当方も高齢犬を置いてきていて長い時間は居られないので
3時前には帰ります
というと、自転車を置いた場所まで送りますので
時間何時頃にしますかと?

2時15分頃にではお待ちしております。
ということで

2時15分まで、実家であれこれやって
送ってもらいました

往復8千円超えで
運転手さんは、タクシーに乗る前に当方へ5千円札2枚を渡してくれました
無料で送迎しては会社的にまずいので
到着したら お支払いください と事前打ち合わせして

帰りの道中も色々話をして なんと、運転手さん 当方と同じ歳
早生まれで8か月違いで

またまた、AB型と同じ
やはり何かあるな~?と言う 矢先で

当方の30歳の頃の病気の苦労話をして
クスリを断ったのは、29歳の8月31日なんですよ
その日から3日目で禁断症状に苦しんで戦ってきたのです
と、言うと 驚き まったく気が付かなかった

今日は8月31日でした\(◎o◎)/!

なんかすごく不思議過ぎる今日の出来事

もう把握して、現場にいた時から言ってます
良い人と遭遇して、厄落としができたと

本当にそう思うんですよ
それまで危険がいっぱい寄って来ていたので

結構奇跡が起こっていたかもです

ほんと、当方が怪我をして入院とか1日でもできないので

昨日愛犬との散歩の帰りに そう思いながら帰っていたんですよ

なんかミラクルなパワーがまた働いたなと感じます(*^-^*)

運転手さんも 一言で言うとラッキーなんですよ
で、当方が普通に誠意ある対応をしているので
すごく感謝している様子でした

当方の方でも、凄く対応の良いタクシー会社と運転手さんだなと思う
今の世の中

ブレーキ踏まないですよ! ミラー見てないんならブレーキは踏まないはずです
だから、昔当方がしたように神がかりなブレーキをされたんだと思う
当方は魂の修行者です!
この話もしましたよ

運転手さんは一人っ子で、30代の頃に両親を失っているそうでした

 

ちなみにですね
無線タクシーで お客さんを乗せていたわけで
あれだけ急ブレーキをしたら、後ろに乗っているお客さんは
確実に前へツンのめります!
大丈夫でしたか?と聞くと
シートベルトをしてもらっえいるんですって

当方が乗った時も、シートベルトを締めてくださいとは言わなくて
なんていっていたか?
シートベルトを安全の為に利用してください?と言ってたのかな?
シートベルトをお客さんに自然に使用させる言い方でした

偉いよここのタクシー会社は 三和交通です
当方も良くタクシーを利用するが、後ろでシートベルトはしたことがない!

した方が絶対に安全です。

自転車も本当に危ない乗り物なので、教訓として、今後
気を付けようと思う

当ブログの常連読者の方は読まれていて良く知っていると思うが

実際当方は、当方の前を走る 40歳代の男が坂下のT字路で
黒の経ワゴンが出てきて回避する為にバランスを崩し転倒
頭部を打ったと思う
即死していました
現場は関係者たちがそろっていたので
当方は、死亡している自転車の男のすぐ近くを通り
しっかり顔を見て通り過ぎました
目が真っ黒 瞳孔が開きっぱなし
すぐ即死だったなと把握しました。

走る当方の前だったかは分からないが
事故発生から10分も経過してない様子でした。

これが、当方だったかもしれないんですよ
その日から、下り坂は、必ず減速しながら走っています
その現場を通るたびに、事故を思い出します
まじに、自分だったかもしれないのですよ

みなさん 気を付けましょう!
車の運転も 自転車に乗る時も 気を引き締めて!

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)