薬から離脱の日

1988年7月30日
三年間続けてきた
薬を 本日より
やめました

これ、当時買わされた小さな仏壇の引き出しの中の封筒に入っていました。
当時からまったく開いていません
本日偶然に発見です。

凄い日ですよ 運命の分かれ道の日です。

最近、この話をなぜかしているので、そして今日こんなのが出てきて
何か意味があるかもしれない(p_-)

処方箋は、何の薬かわからないが、夜飲む精神安定剤が処方
薬はそれだけではなく
薬が飲んでいても効かなくなって、出先で具合が悪くなった時
注射を打ちに行っていたのです。
血管注射で点滴代わりだと思うがかなり太い大きな注射と
筋肉注射の2本セット
具合が悪くなったら駈け込んでいたので、ほとんど効かなくなっていたのです

薬をやっても効かなくて、グラグラめまいが取れなくて
まともに歩けなくなる

薬をこのままやっていたら、確実に廃人になると確信

悩みに悩んで、近くの高島易段断に鑑定してもらいに行って
鑑定士のお爺さんに鑑定してもらった90分間2万円

あなたの血はどろどろで行く末廃人になる

あなたがここに来たのは導きです 7月30日という3の付く日はとても縁起がいい数字
このままでは未来はない!
と鑑定してもらって
恐ろしくなって、この日から薬から断とうと決意

この日の数日前に町で偶然に新興宗教に出会ったのです

御浄霊という手かざしをし、かざした相手の病気が治るように祈る
額に右手をかざして 明主様 ありがとうございます、とだけ祈る
この新興宗教は入会したら薬を断たないとならない決まりなのです。
偶然にもです…

だから、当方が薬から離脱をする為の環境が偶然に目の前に現れたわけです。

この環境がなかったらたった独り部屋で苦しさにのたうち回っていた事だろう

幻聴まで聞こえてきて
怖くなって、教会へ駈け込んで覚えた祝詞を唱えたり
奉仕活動をしたりで、苦しさと並行して気を散らすために動けていたのでした

その新興宗教は病気治しの宗教なんですよ基本的に
組織化されているからおかしくなるんです

献金献金ばかりで、執着心を払う為に献金するとか
うまいこといいやがって\(◎o◎)/!

でもやっている信者さんは奥様が多くて、みなさん生真面目な人ばかりでした
そういう人がまんまと入会させられちゃうんですよ(;^_^A

入会して活動しているとどんどん洗脳が入ります

当方のように病気を抱えている者は特に洗脳されて、辞めるのが怖くなるわけです

当方も入会から8か月間お世話になったが、当方人の多い場所では溶け込めないのと
布教とか実践で御浄霊を通りで遭遇した方に会話して手かざしをやるんだが
これが苦手なんですよ
当方の性質ではとてもできない そして当方を最初に浄霊した世話人さん
2歳上の奥さんなんだが、悪魔みたいにしつこい奴で
拒否を続けて脱会という形です。

最初は釣られて入会までしたんだが
でも、そういう言い方をしたら失礼に当たる
特に当方は、新興宗教の教会に日参といって毎日通って献金と祝詞を
ご奉仕と活動する場所と時間を神から与えられたと思っている
新興宗教なら何でもいいとは限らず

当時、近くにオーム真理教も存在していたのです
良く遭遇しなかったと思います
当時当方には、新興宗教の区別は付かなかったので、
だって三軒茶屋の町で初めて浄霊する宗教にであったが、そこは
桜新町を言った深沢にあるんだが、オーム真理教は世田谷という世田谷線の世田谷に本部があったのです

当方がオーム真理教に遭遇しなかったのは奇跡でも何でもない
当方の守護霊指導霊が邪悪な組織に遭遇させなかったのです。

しかし、いずれにしても当方は特殊で宗教組織は基本的に無用なのです

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)