強いめまいで起き上がれない!

今テレビの話題で、放送していたが
朝起きたら突然に激しいめまいで、布団から起き上がれない
目で見ているものが全部ぐるぐる回転して気持ちが悪い

このめまいはほとんど心配無用です(^^)v

めまいの場合ほとんど耳です
めまいの原因は耳の中の三半規管にある耳石が剥がれて落ちたことが原因
で激しいめまいが起こっている

凄い気持ちが悪いんだが、必要以上不安になることはない
むしろ不安神経症となって自律神経失調症を起こすと
このめまいは耳が治っても継続してしまう恐れがあるので

めまいの原因など知識を入れれば、めまいは必然的に治ります。

まずこのめまいの病名は「良性発作性頭位めまい症」と言います。

もう一回 「良性発作性頭位めまい症」

当方は、人生上で2回経験している(p_-)

1回目が26歳の頃で、この昔は、まだまだ研究が進歩してなくて
「良性発作性頭位めまい症」なんていう病名はなかったおかげで

原因不明のめまい として、当方は苦労しました

おかげで、薬中毒です

人生棒に振ってますよ

その当時、激しいめまいの原因を調べるために片手ほどの大学病院へ行って検査したりしたが、どの大学病院もめまいの原因がわかりませんでした

本当に具合が悪い時は、家から出られずですが、検査の為に病院へ行って

検査して自律神経が乱れているという判定が出たが

外へ出られない場合の自律神経はもっと崩れているわけです。

それは、自覚症状としては、どのくらい調子が悪いのか?

言葉に表せないくらい マジで具合が悪いんですよ 寝ていてじっとしているとよけい 不安になって苦しくなるんです。

当方の場合、性格的に陰に籠るタイプだったので

病気発症が、たまたま耳石が剥がれ落ちただけの自覚症状の激しいめまい

それを、非常に不安になったことで不安神経症及び自律神経失調症となったわけです
悪い霊に憑りつかれたとも思ったのです。

対応する病院をみつけて処方箋と注射と4年近くやって薬漬けの人生を余儀なくした

悪循環への道に落ち込んだわけです

当時から孤独な若者だったので、相談する人もいなかったので
どんどん悪循環へと落ち込んでいってしまったわけです。

激しいめまいから、大きな船に乗っているような揺れ方が常に続き

病院へいって注射をすると、クスリが血管に注入した瞬間から

頭の毛が逆立つように、具合の悪さが徐々に取れてきて気分は爽快に
なってゆくのです。

それを数年続けるうちに

その効き目の持続が短くなってしまい

しまいには、命を懸けて 薬から一気に断った! ほんと地獄ものでしたよ\(◎o◎)/!

現代になって 病名は「良性発作性頭位めまい症」 自覚症状は強いが
なんてことない一過性の耳の症状です

そこへ 不安神経症とか自律神経失調症とか体の不調が広がって
その為の薬を飲むという 悪循環です。

神経症を患うと、神経が敏感になる癖が付くので、完治とかってないんですよ

現在でも、具合が悪い時は、自ずと精神で改善させようとしたりしてますよ

だから、苦手な部分を克服しようとしたりしていたが
別に克服にとらわれることなく、今では、めんどくないことは回避しても良いかなと思うよいうになった

例えば、もう葬式とかでない
昔から冠婚葬祭はでてません

昔30の頃親友と言える友人の結婚披露宴に薬から離脱した週に
無理に出席して、最後まで居られなかったのです
途中で逃げ出してしまったという嫌な経験をしています
その頃から友人という友人と縁を切ってます。

人がいる 多い空間とかとてもいられなく、電車の中でもパニック障害が
起きるので

例えば特急電車に乗ると

次の駅まで10分間隔だが、ドアが閉まった瞬間から暗示にかかり
心臓が破裂するばかりの鼓動が1分間で100以上 具合の悪さの頂点を耐えているんですよ

海老名駅で救急車を呼んで 入院したことがある 1泊2日級
救急搬送された時 発作性だと思われてその発作を止める為
眼球をいきなり強い力で押すんですよ
その痛みでよけい血圧が上がってしまったり

もう各駅電車しか乗れなかったです

今でも、少しでも体調が悪いと 特急電車とか 人混みと苦手です。

体調が良い時は、ほとんど何でもないのです。

だから 人生上で強く辛い期間を過ごしてしまうと記憶の海馬にインプット
されてしまうので

その自覚症状はかなり小さくなるが 一生ものとなってしまうのですよ
人生のお供です(;^_^A

なので、魂を磨く!
強くなる必要があるのです。

精神鍛錬 神経病は まさしく神の道です!

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)