愛犬のいる風景

 

最近は、こっちのベッドへは行かないんですよ
これは気まぐれです

ななちゃん なにか悲しい事があったのかい?

 

悩みがあるんなら 話してごらん(*^-^*)

 

以前、こんな状態で目から涙が零れて、お~可哀そうに
お母さんを思っているのかな~? なんて思ったりして
当方も切なかった(´;ω;`)ウゥゥ

 

ん? なんか変だぞ!
寝ているのか お前\(◎o◎)/!

思いっきり目開けて寝てら(;^_^A

エアコン点けて 室温は24℃ もう何処でもベッドです

 

これは、朝起きた時間
寒くてブルブル震えているので抱っこして
羽毛掛布団の中へ入れると、しばらく寝てますね
で、起き出してきた時に撮影

当方が朝食べている時かな?

 

食べ終わって、PCに向かって
当方はタイツ姿で愛犬を股に挟むと ホカホカです(*^-^*)


当方の足を越えてゆこうとした時に
体が伸びてストレッチが気持ち良くてそのまま寝てます 爪先は立ててます

 

当方が座る座椅子の隣

 

デスクの下の空間が丁度愛犬のスペース!

 

座椅子にして良かった!
なにしろ  段差がなくなったので
しかし まったくないわけではないです

当方の太ももとかを越える時、躊躇しているんですよ
跳び越える前

やはり目がどんど見えずらくなっている

片側は、もうセンターが真っ白で、もう片側は薄く白くなっているので
ゆくゆくは両目が見えなくなってしまいそうです

だから散歩の時は、必ず何回かコケます
路面の少しの凸凹でも前足を取られて顔が地面に磨ったりします
もちろん毛があるので擦り傷はないですが(;^_^A

後は、塀のコンクリン角とか、注意して見てないとぶつかってしまいます。
歩く速度が速いので 人間の早歩きの速度でぶつかるので衝撃度はかなりだと思う

コケたりするのは あっという間なので、なかなか回避はできないです。

いつも、コケてから あっと思うのだが、愛犬ちゃんはほとんど気にせず
歩いている

気になるのは、毎度、なかなか食べないのです
食は細いです。
でも食べる時は完食します。
ギリギリの体調で食べているのかな?
あと、好みもあるにはある

そして、気になるのは、お腹のしこりです
今年の5月にトリマーさん呼んで我が家でトリミングをしてもらったときにお腹のおっぱいが黒く乳首が少し腫れているので、注意した方が良いですよ
と言われている

その件は以前から当方は確認しているが
現在はそのしこりは、成長してちょっと小さなビー玉級に成長している

当然、腫瘍です。

悪性か? 良性か?

麻酔や手術は。するつもりはないので、どうにか天寿まで持ちこたえて欲しいと思う

ここで、むやみに医療に走ると、天寿を全うはおろか
医療行為で体調を崩して急死ということが超高齢犬では大いにあるので
当方は、大切な愛犬の命に冒険はできません

そして、そういう腫瘍でも無痛ではないかもしれなし
痛みがあって、それを我慢しているかもしれない
その為に寝ている時間が長く ごはんも食べられないでいるのかもしれません

食が細いが、食べる時はしっかり食べているおかげで、馬力はあります。
痩せているおかげで、身体が軽く今でも仔犬のようにはしゃぎますよ

それがなくなったら、いよいよ 介護の道という事となるのかな?

ちょうど、17歳と半年目にきたので

来年の5月の誕生日 18歳を難なく迎えたいと思う

今のところ 全然衰えはないですよ(*^-^*)/

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)