アミロイドベータ

現代は、がん発症が2人に1人だと言います。コロナなんか比ではないですよ
そして、同じように認知症になる人も

引用 NHKニュース
認知症 脳の炎症の仕組み マウス実験で解明 東京医科歯科大
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211116/k10013348871000.html

アルツハイマーになる原因は 昔はアルミ成分が蓄積することでアルツハイマーとなる
とういうふうに言われていたが、
医学界では、それは違うんだ 最近では脳にタンパク質が溜まって
アルツハイマーになる原因のひとつだとしています。

アルツハイマー患者の脳を調べると脳の中に「アミロイドベータ」や「タウ」と呼ばれる2種類のたんぱく質が蓄積して、「タウ」が脳の炎症を起こす
というのが、マウス実験でわかったということです。
実験は人にはできないので、いまだにマウスです

脳に蓄積は、アルミ二ウム アルミ成分 水道水や 点滴の中の薬物
腎不全 透析患者などが透析によってアルミ成分が脳へ蓄積してアルツハイマーとなる
という話は有名ですが
それが、いつしか医学界でアルツハイマーとアルミとを切り離してしまおうという動きが見られました。

アルツハイマーになる原因はアルミ成分ではないんだよと!
そして現在の見解は、脳に蓄積するのは、アミロイドベータ タウ というたんぱく質だと言います
それが脳を炎症させてアルツハイマーとなる

というマウス実験でわかったとしています。

アミロイドベータってなんだろう?

 

検索しての引用
アルミが蓄積されると特殊な蛋白質異常が起こります。
この異常蛋白質アミロイドβの毒性は周囲の神経細胞を懐死させ脳を萎縮、空洞化させます。

健康の知識 – HIRYU
https://hiryu.biz ? kenko ? kenko-005
鉄とは違いアルミが蓄積されると特殊な蛋白質異常が起こります。 この異常蛋白質アミロイドβの毒性は周囲の神経細胞を懐死させ脳を萎縮、空洞化させます。
https://hiryu.biz/kenko/kenko-005.html

 

要するにアルミだろ!

アミロイドベータに似たとか表現している その似たものを医学会ではアルミ言えないのかな?

昔、確立されていた
アルツハイマーはアルミ成分が脳に蓄積するのが原因と言われていたが
事実、アルツハイマー患者の死亡後、脳を調べてみたら アルミが蓄積されていたわけです。どの患者も
それは、透析患者の透析からアルミ成分を吸収していた。
という事実があったのだが

やはり、大きな何かの組織などが医学界を牛耳ってて

アルミ成分の因果関係をすり替えようとしてきた

 

一言で、認知症やアルツハイマーの原因 因子はアルミ成分だろう!と
当方は言いたい

アルミ鍋とかも、結局溶解して体に取り込められるが、自然に排出するので
健康には至って何の問題もない 害がない
という見解がマウス実験でわかったとして、今まったくアルミ鍋とかもまったく問題視されなくなりました。

当方の見解は、弊害はあるんだよ
身をもって 多くのブログ記事を書いて訴えたが 理解できた人は
利巧な人だけです。
心に柔軟性のある人だけです。

一度摂りこんだアルミ成分は、100%は体外へ排出はされないんですよ!
排出されるが、残るのです その残ったアルミ成分は体全体を何年も回り続けて
やがては脳に溜まってしまうわけです。
この流れは、医学では絶対にわからない事です。
調べられるほど医学は進歩してないのです。

医学界の治療薬をもう一度詳しく成分を調べるべきです。
アルミ成分が使われる薬剤は必ずあるはずです。
うちのおふくろさん
昨年病院への入退院 手術などもやり輸血もしていて 今年の1月4日に退院し
5月に認知症が急激に進行

病院での治療のすべてに脳に蓄積する成分を使う薬剤がほとんどなので
解決がないのだろうと思う
アルミニウム原因説を続けると
医学界が大改革しないとならなくなる、、、からではないだろうか?

 

 

追伸
この記事ができたきっかけは
スマホのNHKアプリをインストールしていてのお知らせ記事
から、のj情報を元に瞬間的に 即興で書きました。

自然から摂れてしまうアルミ成分などは自然に体外排出はして残らないが
人工的なものは、排出しきれないのです。

 

想像ですが
現代は特に医療界で脳に蓄積する成分のある薬剤を使用してないですか?
高齢者の考えられない交通事故などが多いが
ブレーキとアクセルを間違える事故は減らないで増えてます
それはもしかして、医療による脳に蓄積する成分から脳に炎症が起こる原因ではないか?

真実は疑いから始まる

もう一度、最後に言うが
現代医療~薬剤の中にアルミ成分は入っていますか?
もし入っていたら
アルツハイマーの原因説であった アルミ成分が脳へ蓄積する事での炎症で
アルツハイマーとなる という報告を退けた訳は
現代医療界を守る為ではないでしょうか?

薬はアルミ成分で作られているから

毎日 3回処方箋を入れていたら…

腎臓で分解しきれないので 腎不全になりやすく 認知症になりやすい…

 

主観
今回初めて 医療界全体が浮いてきました
認知症は避けられないということを

行く末は 認知症になってゆく 世の中の構造なのかな?

 

余談 メモ

うちのおふくろさんを例に

腎不全 血液を作る時に腎臓の分泌物が足らないせいで極度な貧血が起きている

対処療法は、腎臓で血液を作る時に分泌物を正常に機能させる薬剤を投与

 

貧血は鉄分が足らなくなる
脳は鉄分が必要
腎臓機能が良くない人に薬剤投与は余計腎臓機能の低下を余儀なくさせている
腎臓機能の低下は、毒物の排出が弱まる
尿が作られず 尿となる前の分泌物が体外へ排出されず体内を回り続ける、尿毒症
身体のむくみ

重度の認知症

 

引用

1992年、透析患者へのアルミ製剤投与は禁止されました。
日本でも、和歌山県立医科大学、東大医学部、東大原子力研究総合センターなどなどがアルミの有毒性を証明。

アルツハイマー病の治療や予防に鉄分の投与が有効であることは挙げられています。

引用終わり

貧血は脳に鉄分が極度に足らなくなることでも 認知症が進む
という事も考えられる。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)