アライグマだって生きる為に食べなければならないんだ!

「アライグマ、自分で殺して」害獣の殺処分、当事者任せの自治体も

。。。。。。。。。。。。

だれか、アライグマの命の尊厳を考えてください!
殺して解決では脳がなさすぎる。

アライグマを増やしたのは、人間ですよ

自治体が勝手に殺して燃えるごみに捨ててくれって

そこの自治体地域、そんなことをすれば、見返りは必ず来ますよ!
自然の冒涜ですから 大雨大洪水 鉄砲水に注意した方が良い

https://nordot.app/832000034757689344

当方は最近、母親のところからゴキブリを連れてきてしまい
4階のわが部屋にはゴキブリ1匹いついてなかったのだが
いついてしまい

バルサンも何度か焚いたが、完全駆除ができず

小さなゴキブリがあちこち現れるようになった、1匹ずつ掃除機で吸ったりしていたが

キリがないのです。

カップの中の水にこの小さなゴキブリが溺れていて
ストローの袋で吸い付かせて救助してみた

こんな小さな虫でもしっかり足を動かして生きる為に食べ物を探し回っている

気まぐれだが
救助しきれなかった時もある

みな生きている 生きているから 食べなければならない
食べていけないはずずはない

人間にとって邪魔な動物なら
人間知恵で動物たちと共存のできる環境を作るべきです

殺してしまうのは、自然に生かされている生命を人間が整理してしまうのは

いつか天罰は覚悟した方が良い

アライグマは元々繁殖性の良い動物で

それを増やしたのは人間です

動物園などを廃止するなりして、外来種などが動物園から逃げ出して繁殖しないようにすると良いのです。

それには、見世物園を無くすことです。

アライグマの繁殖は人間の責任なので、殺さずに捕獲して飼育するとよい

確保したアライグマを避妊処理をして数を自然に任せる

殺して数の削減は、己たちもいずれか、外来者に殺されるときが来る

それを回避するには、今から動物を殺さずに解決することです。

フランスでは動物愛護の観点で素晴らしいことをしているではないか!

そういう優しい心を見習って真似した方が良い

仏、ペット店で犬猫販売禁止へ 動物愛護で24年から

https://news.yahoo.co.jp/articles/1da57c013c2a22bd94833ac972aa05e7b8973913

 

日本もフランスの真似をしましょう!
ホームセンターへゆけば、ペットコーナーがあってワンちゃんねこちゃんが
透明のケースに入って売られています。

これを、良くない売り方だと、日本人は誰も思わないのです
だから、動物は影で殺されてしまっているのです

売れ残りの子犬や子猫 買い手がないと 不要となるので せっかく生まれてきた命を

金の為に殺されているのですよ

人間が商売の為に犬猫を人工的に交配させて増やせて

生まれた犬猫を売買  その売れ残りは殺してしまう

それが、今の犬猫の販売方法です。

これらを悪と思わないと、良い世の中にはなりませんよ!

法律で禁止にした方が良いのです。

フランスを見習いましょう 日本人はバカが多いので フランス人のセンスを学びましょう!

あ、バカと言って失礼しましたm(__)m

日本人はセンスが悪すぎるのです

イモばっかり!

あ、イモと言ってしまってどうもすみませんm(__)m

でも イモだと思う(p_-)

命の尊厳 一番大切な事を知らないのでは イモですよ!

当方のおふくろさんに言わせると

畜生です

畜生道に陥る

因果応報の道を辿ることなかれ…

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)