日本製座椅子の件~続編

最初、この動画をショップへ見せて納得されたうえで検品して
送って頂き、この動画の個体とチェンジして返送しました。

一件落着

と思いきや\(◎o◎)/!

新しく来た座椅子も全く同じ現象なのです。
右側が

後ろから見たところです。
3段リクライニングの部分で、片側が浮いている為自重がかかるとこの金具が左右運動をしてしまいます。

これは、取り付けが悪い為で、座面のボルトとナットの位置がずれて居るから
歪んでしまっているわけです。
最初、交換すればと、交換したが同じ現象という事は

そもそも図面の寸法自体が誤っているから、製造する座椅子全部が歪んでしまっているわけです。

これは粗悪品としか言いようがありません

ちなみにと、

座面の中の板が指で押すと潰れるのです。
まるで段ボールを入れているような感触なので

ボルト4点外して この安っぽい茶色のプラスチックカバーを
外してみました。

え?て驚く映像\(◎o◎)/!

これはまじ 日本製 日本人が日本で作っている 昔から作っている座椅子です。

8千円

昔の座椅子の方が3千円あたりでもっとしっかり作られていたような記憶があるが

近年では

日本製の座椅子は、日本家屋がマンションなどが多くまた様式仕様がほとんど
なので ほとんど需要がない為
昔ながらの大手の会社は現在まではみんな操業停止 廃業を余儀なくされているのかな?と

この作りは、町場の小さな工場でおじいさんが段ボール入れて作ってたところが通販として採用されて作らせているというような
従業員もなく、年金のみで生活ができるおじいさんの趣味の域なので
何の経済にも負担がかからない為、生き残っていたという

座面が段ボールは製品としては考えられない仕様です。

これがネットショップの怖さでもある。

返品申請しているが 無理かもね!

座椅子に座る時に 座面を登ったりしたんだが

段ボールなので、潰れますよね(;^_^A

それとも、当方だけが知らなかったのかな?

え? 昔ながらの座椅子は座面の中は段ボールを入れてましたよ! て
歴史ですよ

なんて 言う人いるのかな?
当方がその歴史を知らなかったとか?\(◎o◎)/!

 

まとめ

 

これまでにいろいろネットで購入して返品したりしたが

現代は、もうほとんどが中国製の製品で日本で生活する日本人が
中国製品に溢れていることに慣れ切っていて
中国製品は日本の商社が輸入して販売されているんだが
粗悪品は多いです。

日本人は誇り高い人種でもあってメイドインジャパンが世界一だと思っています。

確かにバブルの頃までは日本の製品の技術力は世界に誇れる製品力でした。
これは確かな事です!

1990年以降から家電製品を長持ちさせない という世の中へ突入
使い捨て時代がはじまりました。
いわゆる、コスト削減した製品作りです。

部品のコストを下げて、耐久性を落とす製品作りに走ったわけです歴史は

どんどん中国製品が国内に流れ
輸入する商社が増え

日本の製品という製品は中国産に溢れてしまいました。

安さが勝つ!時代で 元々品質の良い 日本製メーカーが中国産よりも製品が高い為

売れず、そのうち製造元は潰れ
という世の中となってしまい
製造ができない日本国となってしまいました。

製造は世界の製造中国 日本製で中国の現地人に作らせて日本で検品をすれば日本製と表記ができる

日本製 中国産

こういう世の中で、日本製の座椅子などなぜ存在するのか?

考えさせられますね(;^_^A

大昔の日本の製品と違うと感じるのは当方だけでしょうか?

 

追伸

ショップの輸入家具屋さんの対応は良く
製造元に報告して商品回収後返金処理をするとのことでした。
大変ご迷惑をおかけいたしました。

ということで、回収待ちです。

当然と言えば当然ですけどね(;^_^A

段ボール2枚の座面って ありえないよね

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)