ワクチン接種後に死亡~の記事の感想

https://hicbc.com/news/article/?id=2021123005

昨年12月30日の記事から

ワクチン接種後の3日後に死亡

元々持病の肺炎があったそうで

死亡病名は「間質性肺炎急性増悪」

 

検索エンジンから 貼り付け

慢性経過を示す間質性肺炎が、急激に悪化する病態、これが急性増悪です。 特発肺線維症の患者さんの死亡原因の約40%を占めるといわれている、重篤な病態です。 病状の進行に伴って急性増悪の発症頻度も高くなることから、できるだけ進行させないことが急性増悪のリスク低下につながると考えられています。

間質性肺炎の急性増悪について

https://inzai-cl.com › 間質性肺炎の急性増悪について

 

貼り付けおしまい
・・・・・・・・・・・・・・・
ですから、コウモリ関係のワクチンは、持病持ちの人は
急性化し増悪
病原を
増殖して 致命傷をもたらすわけです
ワクチン接種は、世界にも習ってやっているだけの日本で
そのリスクすら知らないで
国民へ推奨してきたわけです
接種は強制ではなく、自己責任でと
接種後の諸症状を当たり前のように謳って慣らさせて
打たせるのが目的で
打つも打たないも 個人の自由ですとする
接種から1時間内に死んでしまえば
因果関係ありとするが
接種した次の日に死んでも ワクチンとの因果関係は認めず?
3日後 6日後に死亡とか
の方もいると思うが
因果関係は認めず
本当は解剖すればすぐわかることです
ワクチンの毒が作用して持病促進が起こると
ですから
やはり、ワクチンは受けてはいけない人がいるのですよ
国や医師は、どれもこれもワクチン接種をすすめているわけだが
やはり、もっとワクチンの事を理解してから人へすすめた方が良いと思う
人は、皆同じ体ではないのです
色んな病気を抱えている人が多いのです
家のおふくろ91歳のかかりつけの医師は、ワクチンをすすめてなく
むしろしない方が良いとおいう判断を頂きました。
ですから、持病持ちの人は、ワクチンを打つ前に、ワクチンに対応できる体か?
検査してからにした方がいいですよ当方は最初からワクチン否定はしてないです。
否定はしてないが
いつも引っかかるんですよ
おかしいって
世界が狂いだしたなと!
まぁ 当方の個人の見解なので(;^_^A
ワクチンで死にたくなかったら しっかり検査してからにした方が良い!
しかし、そこらの医師では 無理だろう
当方の見解では、これらのワクチンは物凄く安易に発生してきて
皆安易に受けているので
ワクチン依存症となる人々が作られたと見ます。
その依存度がなく未接種な者が世の中の落ちこぼれ化してゆく
のは仕方のない事です
未接種の方へ、当方の助言として、この際 皆さんと一緒に落ちこぼれましょうよ\(^o^)/
人生何度か落ちこぼれを経験して楽しみましょう\(^o^)/
当方は免疫が付いているから良いけどね
免疫がなかった人は メンタル的に大変だと思うが
心に免疫を付けてゆきましょう♡
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)