インフルエンザの感染潜伏期間は

A型またはB型インフルエンザウイルスの感染を受けてから1~3日間ほどの潜伏期間の後に、発熱(通常38℃以上の高熱)、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛・関節痛などが突然現われ、咳、鼻汁などの上気道炎症状がこれに続き、約1週間の経過で軽快するのが典型的なインフルエンザで、いわゆる「かぜ」に比べて全身症状が強い。

検索から転載

当方は過去に
朝、始発からバスに乗って後ろで重い咳をしていた女性から感染
朝7時台のバスだと思う
やばいと思いつつ、我慢して渋谷までおよそ20分間
渋谷からJRで品川乗り換え横浜までの仕事先へ

仕事をしていたお昼前、倦怠感に襲われて
仕事を続ける気力がなく 早退

し、およそ片道2時間かかる自宅へ戻り 寝込みました
夜40℃近く熱がでてを6日間繰り返し

ですから、感染して3~4時間です

インフルエンザとは、当方病院へ行ってないので確証はできないが
それ以外ない

だから、もろ咳き込む人のすぐ側では全身に

ウィルスを被るので、感染の潜伏期間なんてナシですよ!

だから、絶対 重い咳をする人の側にいたら、早く離れるべきです。
おもむろに避けるという行為は、気恥ずかしいけど
マジヤバいので、勇気を出してその場から離れるべきです

ですから、新型コロナでも、同じことです

人だかりは、避けた方が良い

公園とかワンコと散歩していると、ジョギングする人が通り越して行くけど
これも、気を付けた方が良いです

エアロゾル感染です

徒歩時の呼吸とは違って多く排気しているので
通りすがりでかぶってしまう恐れがある
その為には、しっかりマスクはしていた方が良いです。

バスの件は思い出すだけで悔しい気分ですよ
周りにいた人たちも感染したと思う

だから、バスは特に気を付けた方が良いです。
流行時は乗らない方が良いですよ

脚が悪くて自転車等乗れない人は
スクーターも良いけど 乗ったことがないと危ないので

これはどうかな?

これのが危ないか?(;^_^A

それより、駐輪ができない?

という事はまだ はじまったばかりで 実用ではないのかな?

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)