ブリッジピンをエボニーに交換

さてお待たせいたしました^^ ギターの話題です♪
ギターの話題好きですか?

今までブリッジピンをTUSQ☆タスクPP2000ブリッジピン★人工象牙にしていました。
やはり普通のプラスチックのブリッジピンよりは弦の振動が伝わるようで、良いと思います。
そこで、人口象牙からエボニー(黒檀)製に変えてみました。
なぜ変えたか?どう違うかは、弦の金属音を和らげると聞いているので
いわゆる高音弦がセーブされるそうです。

で、当方が想像したのは、シャリシャリ音をセーブし1~2弦が太く強調された音に変化するのではないか?
井上陽水の名盤もどり道1973年アルバムに収録されているYD304 Syairiシリーズはみなブリッジピンにエボニー材を使われて、その為かどうかは知らないが
Syairiのギターは1弦2弦が太く鳴ります。

こういう想像があって当方もエボニー製を試してみました。
視聴 ↓ 名盤もどり道 中国サイト 最初は聞けますがIPではじかれますが
なんとDLで来てしまいます。 これ書いちゃまずいかな?
http://mp3.zing.vn/playlist/Y-sui-Live-Modori-Michi-CD1-/ZWZ97BAB.html

P1019293
こちらが今まで使っていた人口象牙です かなり硬質で手のひらで揺らすとカチカチと陶器の音がします。 これサウンド的にベストなのでお勧めいたします。

 

P1019300
そして、今回購入したエボニー製ブリッジピンです。かなり細く弦のテンションがなければ抜けてしまいます。
これにしての、音の第一印象は

かなり変化します かなり音がセーブされるようです。
1~2弦の伸びがイマイチかなと思うくらいにサスティーンがない!
サドルをプラスチックから人口象牙に交換すれば直良いかもしれません 人口象牙のサドルは持っています 削るのが面倒でfinaに付いていたサドルを付けています。

エボニー製ブリッジピンに交換して思ったことは、弦の音の全体的に角が取れたという表現があたりでしょうか?

鳴れると悪くはないです むしろ繊細な音色が出ているような気がしてきました。
これは録音しても聞き比べは難しいかもわかりません
このエボニー製ブリッジピンでしばらく使ってみようと思います。
ベストコンディションにする為に、やはりサドルを人口象牙にと弦の止めるピースが浅いので
ピースリングを入れてできる限りサスティーンをセーブされないようにしてみようと思います。

確かにアコースティックな音色がします Yamahaや モーリスにない 繊細な音色です。
週末に録音してみようと思います。

※ このギターで陽水の名盤もどり道のギターサウンドは出せません
当たり前です^^; やはりあの当時の304は名器なんですよ 他のギターでは真似できません
これが本音です^^

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)