掌蹠膿疱症~発症なし8ヵ月目! (まとめ)

5月29日 掌蹠膿疱症の症状は最悪です。
https://www.hassyi.com/2014/05/29/%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%84%E3%82%8D/
この症状が最後です。
上記記事を読んでから下の記事を読んでください。
掌蹠膿疱症のカテゴリーに入れるの忘れていました。すまんm(__)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらのブログの始まり2011年11月から自分の身体からの言葉を頼りに掌蹠膿疱症という原因不明な手足の膿疱性湿疹を改善させるために試行錯誤とやってまいりました。膿を持つ湿疹が出なくなって8ヶ月目に入りました。これは掌蹠膿疱症を患ってから長い年月に初めてのことです。今回湿疹が止まったきっかけがあります。まず4月から止めたこと!

1、水道水飲用禁止 アルカリイオン水を飲む。
2、40年間吸い続けてきたヘビースモーカーを4月から止めました。
この二項目を同時にやっています。

そこで、なぜ掌蹠膿疱症が発生していたのかを完璧に理解いたしました。

1、長年の喫煙による平均的健康が喫煙によるニコチンタールで衰えさせていた事
2、基本的に喫煙の害による慢性的な腸内環境悪化による水道水に含まれるトリハロメタン、塩素などの分解による臓器負荷
3、調理器具のアルミ鍋など1、2、によりアルミ成分体内吸収率高、持病を促進した。 簡単に書きますとこんな感じです。

やはり長年のタバコの害によって健康を損ねていて腸内環境を慢性的に悪化させているところにアルミ鍋のアルミ成分溶解と体内摂取し丈夫な臓器なら難なく体外へ排出されますがされにくく血液に乗り足の裏まで到達していたことで、足裏が赤黒く変色されていた。(掲載写真が証拠)アルミ鍋やステンレス鍋を辞めても、一時は持病も改善されるが、金属の吸収率が下がっただけで腸内環境悪化は改善されていなかったと思います。

ですから、腸内が調子のいい時や悪い時とあり、これは毎日の食生活で変動してゆき持病の発疹が出たり、治まったりを繰り返す。原因の基盤を改善されない間は何十年でも掌蹠膿疱症の膿疱は治まったり悪化したりを繰り返します。掌蹠膿疱症を根治するにはマイナス因子をすべて改善してゆきます。当方の場合は、当方と言う人間の潜在的な健康のバロメーターはタバコです。40年間喫煙してきたタバコを吸わなくなった事  これは人生をひっくり返すほどの2014年最大の好運かもしれません

喫煙はビタミンCを破壊するとか?肌に悪い  ビオチン欠乏症の大きな要因です。そして水道水を長年常飲していたところ、アルカリイオン水を常飲と変わりました。当方としましてはこの2014年4月から人生上身の上の大きな転換期です。そして8ヶ月後、現在11月、煙草の煙は全く体に入っていません
水道水は飲料水としては固定概念から外れてしまいました。掌蹠膿疱症の発疹 膿疱 プチっと小さな湿疹もまったくないです。そして驚くことに激痒みで苦労した貨幣状湿疹も11月にもなって発症していません、全く自然治癒です。しかし完治とはまだまだ書きませんが・・・

掌蹠膿疱症は、当方のこれまでの経験で最長4か月間も綺麗に治った、と思ったらまた再発します。根本の原因が分からない間は再発を繰り返してしまいます。ブログに完治とタイトルを表記してしまうと読む側を惑わせてしまいます。現に完治として更新のないブログなど結構あるようですが、そんな簡単には完治しませんビオチン療法とかもありますが、ビオチン飲んで治るなら近所の皮膚科で処方されるはずです対処療法は改善しているようにみえるが、根本の原因が理解できない間は完治は望めませんなぜビオチンが欠乏するのか?

これには人それぞれの原因因子があるはずで当方の場合は40年間吸い続けてきたタバコが潜在的な土台因子です 自然治癒へ向けてここまでやっと到達できた生活環境上体に良くないものを省いてゆく、消去法、これがあって現在があると思います。アルミ鍋が原因ではなさそうだからと、当方の書いた記事のタイトル「アルミ鍋を使っていたことによって原因不明の病気になりました。」
これを変更しろとコメントがありましたが、アルミ鍋を使っていたために知らぬ間に慢性病を起こしているかもわからないのです実際そうだと思いますが医学的には解明はできないだけです。喫煙とアルミ鍋 アルミ成分吸収~排出 、健康で強い体であれば問題ないのですが人生も疲れてきますと必然的に臓器の働きも弱くなるんです!

当方はこれまで記事に書いてきた記録は、すべてハッとするような思いで偶然に心に思ったことです。外部からアルミ鍋が良くないとか、水道水を飲むなとか、アルカリイオン水が良いとか、タバコをやめろとかまったく言われたり、本を読んだ情報で動いていません。不思議に自然に誘導されてやってる事ばかりなのです。やはり、目に見えない自分を守ってくれているものなどが教えてくれているのだなと本当に実感します。 本当に感謝しております、ありがとうございました。

自然治癒完治を書くまでは3年を見ます。それまで月1回にでも状態を報告してゆこうかと思います。
ちなみに再発の場合は正直にすぐに記録します。
それと、こちらも大きなニュースです  老人性乾皮症による貨幣状湿疹 季節の発症ですが11月現在発症していません免疫系等、水道水からアルカリイオン水に変えてからとタバコをやめたことで免疫機能が戻ったのかもしれません 今思うと健康上喫煙歴40年のタバコはきっとギリギリだったのかもしれないですね 腸の環境どころではなく煙草を吸い続けていれば肺の壊死は免れなかっただろうと思えてきました。

今やめないと 未来が無かったかもしれないです。
今年は持病の夜明けの年? 来年か? 2015年は光輝きの年ですね。

新しく生まれ変わるぞ!

※こちらの記事は
http://hassyi-show.at.webry.info/ からコピーしました。

 
…………………………………………………………………………………………………………………….

拍手から

【記事名】THE 晩酌!
【名前】さのこ
【定型文】
【メッセージ】掌蹠膿疱症 お茶 で検索し、こちらにたどり着きました。
韃靼そば茶早速飲んでみます。
私は2012年に掌蹠膿疱症を発症した、現在40才子持ち主婦です。発症は子供を産む前で、結婚して1年くらいたってからでした。
中医学の方に診てもらい漢方を煎じて飲むことで、2ヶ月くらいでよくなりましたが、高額なため継続できなかったので、しばらくして再発して、少し良くなっての繰り返しでした。
漢方に行き着くまではビオチン、ミヤサリンなど、本当に色々試しました。
最近、また悪化してしまい、とても辛いです。
私はお酒が大好きでほぼ毎日飲んでいます。
タバコは吸わないです(一度も吸ったことないです)しかし、父がヘビースモーカー(ハイライト愛煙家)のため、当時空気清浄機などないアパートで、副流煙をバンバン体内には吸い込んでいたと思われます
家を出るまでの32年間ずっとです。
幸い主人は非喫煙者なので、今はタバコからは離れています。

ケミカルなものにはずっと頼れないので自己免疫力を高め、治していきたいのですが、やはり生活習慣から見直さなければだめですよね?
小麦製品は良く食べています。どこからはじめていいのやら迷走中です。

さのこ様
よくこちらへ到達されました おめでとうございます(^ν^)
掌蹠膿疱症は、当方完治しています。

まず、原因はタバコでした。
いわゆる、ニコチンタールが体内に入り、腸内ビオチンを減少させることで善玉菌は死滅し
悪玉菌が腸内に繁殖しているせいで、掌蹠膿疱症となります。
いわゆる、細胞が死滅して血中に乗り手足の末端に集まり膿となって排出というプロセスです
非喫煙者でも受動喫煙の煙を長い間吸っているので
喫煙者と同じです。
また、腸内環境を荒らす元は小麦粉類ですから、控えて、胃腸を整えるために、毎日のように
ヨーグルトなど食べる習慣をつけると、治ってゆきますよ
とにかく、腸内ビオチン現象がもとなので、ビオチンに良い食べ物を摂るとようにしてください

もう治ったようなもんです(^^

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)