おじさんの豆知識

いつもの晩酌が終わり、歯を磨いての投稿です。
晩酌のお供に今夜はタコ
タコをスライスしてワサビ醤油で食べました。

タコの頭の部分、正確には胴体で内蔵部分ですが
スライスして、食べると ジャリジャリしているわけで
砂だか、なんだかだと思うが
気にせず、ジャリジャリしながら噛んで食べた後

噛んだ奥歯の表面がザラザラしてしまいました。

もしかしって、タコって歯のカルシウムを溶かす成分があるのかなと?
ネット検索したが、出てこなかったです。

奥歯の角が欠けたようにザラザラ

ネット検索で出てこないので
タコの成分が歯を溶かすような成分はないのだろうと、把握し

ではと、多分、タコの腹に残る貝などのシャリ感

タコの刺身パックですと、洗わないで食べるので、ジャリ感は必然的に有ります。

しかし、貝を噛み砕いてしまうと、人間の歯と、貝 と戦うと
貝の粒子とカルシウムでできている歯と交わっていると、貝の粒子が良い潤滑剤、つまり
良い研磨剤になって、噛んでいる自分の歯を研磨していることになxcつている。

ですから、いとも簡単に、奥歯の表面が研磨されてザラザラしてしまうのです。

同じようなことを何度もやってますと、想定ですが、総入れ歯までの道のりは限りなく短縮されるのではないだろうか?

「貝の粒子は研磨剤になる」 ← 調べてないですが、多分なるんじゃないでしょうか?

ですから、噛んでジャリジャリやってると、歯が研磨される

ネットで調べても出てこないのですが  その真相は?

 

0