ピカピカ

ぴっかぴかですよ\(^o^)/
蜘蛛の糸 シルク糸、傷痕なら

車のバンパー用 極細 これで多少の傷は消えます。
当方は力を入れて磨いてます。

昨日、ベッドにOMを仰向けにおいてて
座卓の上に無水エタノールが蓋開きっぱなしで
お尻でテーブルから落としてしまって

落としたはずみで立っていたんですが
中のエタノールが飛び散って、ギターのトップやサイドに
掛かってしまいました(@_@;)

ラッカー溶かしますからね
飛び散った痕ができてしまいました。

OMだって40万円以上するギターですよ(T_T)

すごいショック!

コンパウンドで一生懸命に磨いて塗装が溶けた痕まで磨いて
きれいになりました

塗装の溶けが、あまり深いとアウトですね!
で、このコンパウンドの粗さが限界なので、これ以上目が粗いものを使うと
下地までいっちゃいますので注意

YD-304で経験済み

最初、弦を張ってチューニングしたら、ネックが弓反りしてしまい
驚きました

トラスロッドが完璧に緩んでいたようでし

ちょうど、

マーティン用のトラスドッド用6角レンチを台湾から注文して
1ヶ月かかって届いたところで使えました 170円です^^;
短いほうは比較です。

これでひとまず安定

初めて弾いた感想は

最初やはりバランスが悪くてロッド調整から
試奏

音出しするとどんどん安定してきました。

音色やサウンドは、感動するほどではないですね
以前のJ40の方が良い音していたようですが

構造的にHD-28Vと同じなんですが、同じような音は出てないです

D-42の音だと思います

これが不思議なのですよ、どうやって、らしいサウンドにするのか?

低音も利いてます、弦を弾くと、全部弾んでいるサウンド

そして明るい音色 弾んでいます

これが天下のマーティンの40番代の音かと、感心してしまいます。

サウンドと音色は、なんていうのかな? 秋の暖かな日差しの中で
のんびり、心は限りなく平穏で

野ばらに蝶々が飛んでいる

または、春先のキラキラ輝く川面の土手に座りギター鳴らしている

そういうイメージのギターです。

どんどん弾き込んでゆくにつれて、このギターの大きさを把握してきたような

どんどんいいサウンドに変化してきます

まるで当方に心をひらいたかの如くに

相性ってあるようで

しかし当方は、お仲間たちと並べて眺めても

キラキラした貝の装飾には感動はしないです

豪華さには感動はしないんです

やはり指先から奏でた時に素直にこころが伝わる相棒は

見ていて飽きないもんです…

製造から4年落ちなんだが、4年落ちってまるで中古車の言い方だが^^;

車は維持費にお金がかさむが

ギターは、高価なギターでも購入してしまうと、お金はかからない
むしろ、お金を生むアイテムとなる道も拓ける

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)