東名夫婦死亡事故で 追突したトラック運転手>不起訴処分?

石橋のあおり運転から高速道路で無理に停車させたところ
大型トラックに激突され

2名の命が奪われた!

この判決に対して当方はモノを言います。

狂っている 世の中の人間も

まずですね、高速道路での3車線、3車線のうち一番右の車線は、中央車線でのろい車を追い越しを掛ける時に加速して走行する車線です。
巡行車線ではない!

これは常識で運転するものは誰でも知っている事です。

石橋被告は、追い越し車線で停車せててイチャモン付けていた

後ろから追い越し車線を走行する車は、みな走行車線へ避けて走行していたが

大型トラックの後ろを100m以上の車間距離を取らず

前のトラックが前方に停車する車などを目撃し走行車線へと危険回避したが

車間を取っていなかった、トラックは危険を回避できずに、そのまま衝突し

おとな2名を即死させました。

これで衝突したトラック運転手は不起訴処分となっているが

このトラック運転手は過失がないのか?

おかしな裁判です

石橋被告のあおり運転イチャモン付け高速道路での停車があまりにも社会的に問題が多くく

その谷間で実際はねたトラック運転手は不起訴処分とは、

このトラック運転手は、前のトラックに車間を取らずぴったりついて、半分居眠り走行をしていたのです。

トラック運転手が楽するためによくやる走行です。

職業病でもある

当方は昔、仕事の関係で、機材搬入に4t車10t車を使うことが良くあったが
地方からの帰り、運送会社の社長のトラックに乗せてもらい東京へ戻ったことがあったが

豪雨の夜
4t車で視界は良く見えるんだが、夜の暗がりと豪雨の為に走行する前が全く見えないで走っていて

当方は驚きました
どうやって走っているのと聞くと、白線を頼りに走っていますと言っていました。

当方も運転歴は長いが、職業運転手ではないので
良く走れるなと、感心したほどです

しかし、前方にバッテリー切れの車が停止していたらアウトです。

そしてまた違う運転手は高速道路で居眠りしながら運転をしています

それも白線を頼りに走行し、蛇行しだすと正気に戻りを繰り返していました。

白線がそのうち×点になるので、やばいと正気を取り戻すのです。

大型トレーラーの後ろで半部に眠りして走行しています。

もしも、追い越し車線に故障車が停止していて、側に人がいて衝突したらどうなっていましたか?

不起訴処分になりましたか?

因果関係がまったくなかったことにはなりません

そのトラック運転手の因果関係は白ではありません

線路の上を走る列車とは違うのです!

何しても人2名をしなせているのだから

それなりの社会的な責任は負わなければなりません

それを不起訴にした最高裁など 頭のネジがいかれて居るとしか言いようがない!

そういう者たちの過ちはだれが責任を取るのでしょうか?

この前の大津の時の幼稚園児の被害も

右折車が罪を問われた形になったが

実際軽自動車で跳ねた方は釈放となっているようだが

因果関係上白ではありません

この型が以外の運転だったら、回避できた事故でもあったと思う

どちらにしても、法的な処罰を社会的に受けた方が楽な場合があるが

いわゆる 実行犯となるのです 鉄砲玉です。

因果関係のないものなら

事故は回避できます。

事故が回避できないのは、因果関係が強い力で引き寄せられているからです。

その関係者が白ってことはない!

 

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)