ソファー買ってから変化した!

当方は、腰痛もちです
まさか当方が腰痛持ちになるとは\(◎o◎)/!

椎間板ヘルニアから~現在は、腰椎すべり症
整形外科の医師に言わせると、もうそれは治らないと言われている

確かに、その通り それは生まれつきの体系や癖
生活習慣などと絡んでいるものなので

治し様がありません

例えば、意識して背筋を伸ばしたりはできるが
起きている間、出来ないですよね

体形や姿形など自分の人生の前からのDNAを引き継いでのことなので

治し様がないのです。

しかし今回、全く偶然、ローの一人用ソファーを買って
使用しているが

正直、想像と、実際使用の使い心地は、本当にわからないです。
実際使用しないとわからないということです。

まぁこういうものですが(;^_^A
今は右の背もたれを愛犬側にして使用している
左手が何もない方が、席から立ちやすい
この写真の状態だと
席から立って移動がしにくいのです
なぜかというと、この状態で垂直に立つのは難しい
左側に移って席を立つにしても左端に自重を掛けると反対側が浮いて
バタンとなってしまう
この写真のソファーの状態で端に体重を掛けても反対側が
浮き上がらないようにするには
脚を横に2本ソファーの端まで敷いて固定しないとダメです
なので、常に席を立つ時に気を付けないとバタンとなってしまうので

それは余計な神経を使わせるソファーということで
やはり製品としてイマイチなんですよ

脚を背もたれに裏すべてに取り付けができれなOKです。

PCをやるなら やはり回転リクライニングチェアーです
それが一番合っているし楽です。

で、この記事のタイトルは?

ソファーを買って使用してからの変化?

ソファーに座ってテレビを見ている分にはリラックスできるが

PC画面をみてキーボードを打つには前屈みです
胡坐をかいたり

考える人のような態勢を取ったり

腰が前屈みとなっている為、常に張っています

それが良いみたいで

寝起きの腰痛が軽減してきました

これはマジ不思議で、今の今まで、寝て起きる前とか
腰が痛くて、寝ながらストレッチをするんですよ
両足を天井へ上げて柔軟運動をしたりします。

もう毎朝、腰が痛く辛くて

朝起きて洗面台で歯磨きの時、前かがみで腰を深く伸ばすんですよ
伸ばすと良いのです

その時間は一日の始まりで貴重な時間、段取りです。

それが、このどうも使いずらいと思うソファーを使っていて
腰が伸びていることで
腰椎すべり症 つまり椎間板がズレてしまっているわけです
脊髄に通る神経に触って足先まで痺れてきてしまうわけです

それが、この座りにくい前屈みとなってしまう低すぎるソファー
のおかげで、座っている時間腰が伸びているのですよ
いわゆる、腰椎すべり症の日々の治療になっているようなのです

そうすると、腰椎すべり症は、胡坐をかいた方が良いのです
胡坐をかいて背筋を伸ばさないで

やや前かがみが腰を張れるので 腰が伸ばせるわけです

それで、今までのPC用の回転チェアーはどうだったか?
前屈みにならないです

一切経験で、腰の痛みを取る方法が分かったので言いますと
前屈みで腰を伸ばしたままの時間を取れば治療となって
どんどん治癒してゆくと思います。

それで、普通に布団で寝ていると患部が痛くなるのはどうしてなのか?

まずは寝返りを頻繁にしない性質なんだろうと思う
そして、腰椎、つまり骨盤の1番目の脊髄が体系的に負荷が掛かっていて
ズレてしまった為に脊髄を通る神経が圧迫されて
右足の先が痺れっぱなしとなっているわけです。

ですから敷布団の上で寝るにも、腰が伸びるような態勢で寝ないと
痛みは取れないのです
腰を張る為に腿の裏に座布団を丸めて入れたりするわけです。

コルセットは腰を伸ばしたまま固定ができる唯一の治療具です

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)