ケアマネに電話して聞いていたんだが

前に、おふくろさんに相応しそうな施設がみつかりましたって
言っていて
その時は、今施設よりも、今のヘルパーとのやり取りが良いので
施設入りは、保留にしてほしいと、言ったわけです

そして今回、やはり、という感じで、施設の方向を考えているんですが
前に、施設があったというのを話を聞いてみたいと言うと

ケアマネは? え?
有ったわけではないというのですよ
ということは、だれでもできる、おふくろさんの状況、腎臓疾患でも
受け入れのできる施設を検索して、適合してそう? という施設を発見しただけの話、だったようでした!

よく考えると、ケアマネの仕事の間、ギリギリの当方の要求なんですよ
おふくろさんのような後期高齢者が入れる施設は、金を出せばいっぱいあります、、が
腎臓病、を兼ねると、医療施設しかないとか?
腎臓病、腎臓病といったって、息子の当方は昨年把握したわけです
昔から腎臓がわるかったおふくろではない!
しかし、検査をしないとわからないことで

結局は。腎臓病は音もなく確実に成長、進行してたまたま検査をしたときに
堂々と腎臓病だぞ~てな数値が、いぇ~イ(^^)v
我々子供は

え? 腎臓病~お? と、初めて把握するわけです
でもね、確かに、若い頃から処方箋ばかりが頼りで人生行路を生きてきたわけで
クスリは、腎臓に負担がかかるって、誰でも知っている

結局、クスリ薬で歩いてきた人生に、内臓の腎臓はもうあんたの薬は分解しきれないよ
もう疲れ果てたよ!
て、言っているんです。

ほとんど侵されてきて、やがて透析をしないと生きていけない
しかし、透析なんか91歳のタンシャン生活者にできるわけがないし
延命といったって91さいですから
大変な延命の生活をしても、もう寿命がすぐやってくるんです!

さて、おふくろさんは、頭パッパラパーとなってしまい 楽々
91歳の人格は消失で
人間の年齢に無理やりあてると、2歳くらい

人類が逆行した2歳だから、真正2歳ではない 91年間人生を辿ってきた人間である

認知症 脳疾患 精神疾患 91歳の単身住まい

そういえば、今日のニュースで

90代の足の不住な昔ながらの良い所に住む方が
仏壇に線香を点けようと、やっていて自分の衣服に引火して家まで燃えて
焼身したというニュースが流れました 本日

当方のお袋より年上で、足が不自由で独り暮らし

多分、先祖代々の仏壇にお線香お供え物は日常だったとおも
それがある日

お線香、ろうそくを灯そうと、ライターで、多分先端の長いライターだと思うが
それが何かの拍子に、自分が着ている衣類に引火は、完璧に霊が働いていますよ
霊火です
衣服に引火させている(p_-)

それが、この方の最期、宿命だったのです。

燃やされて、死ぬまでその熱さを体感しながら絶命する

なんの因縁、因果も無ければ 一般的な死に方をするが

90過ぎまで過去の因果因縁を背負って宿命の日まで一人で生活を余儀なくしてきた

これは、悪いとか、良いとかのレベルではなくて
全うされたと当方は理解できます。

先祖代々、その全部を最後に自分が背負って浄化させたとうことです。

はた目で見ると、不幸な事と思うが 90歳過ぎまで足が悪く車イス生活でも
単身生活を余儀なくされていたってだけで
そこら辺のご家庭の後期高齢者とは一線を置くよね

当方は、おふくろさんの晩年に、ガスコンロを無理やり撤去して
IHクッキングヒーターにしました。
そのころから、それを使ったことが無い
使い方を教えても 覚えない

ガス火からのおふくろさんの衣類への引火はもう絶対ないです!

というのは、数年前の大みそかに買って持って行った半纏
その半纏を着込みながら、調理をしていた頃があったのです
袖が手首まであって、もしも袖に引火したら
真綿なので、引火はどうなのかわからないが?

ヤバいですよね

ガス警報器も付けました
こうして働きかける隙に、おふくろさんはキッチンから遠ざかるのでした

どんどん当方が考えて働きかける方向性は、無駄になっている?

おふくろさんの、有様は、ただ自然な進行で、今があるわけではない
そこの当方も絡んできての結果なのです

トイレにゆかなくなったのは、実は当方が絡んでいる結果でもある
ぜんぶわかってます。

おふくろさんの今の現状やこれまでの流れは

実はおふくろさんに息子の当方が絡んでいるが為の結果なんだと思う

結局、因果応報

当方の人間性と気質などは、実は代々からのDNAの流れなんです

世の中には、親を殺してしまった若者などがテレビのニュースで
報道されるが
その連鎖のように、あちこちと同じようなニュースが流れてくる現在

当方はテレビのニュースにこそ出ないが

そして、犯罪も侵さないが

今まで親と付き合って来て、何度も殺してきていたかもしれない!
その数が今のおふくろさんなのだろう

これが業、因果だったのかなと? 秋の夜長にこれから
自問自答しながら 過ごしてゆこうと思う

当方は、なんか囚人で、独房に居て夜月を眺めながら自問自答する
孤独な旅人

なのかもしれない

前世で、相当な罪人だったのかもしれない

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)