○○がもしも日本の総理で
侵攻に、男子が国外批難禁止にして強制的に残って
侵攻に対して守りなさい!という命令が下されたら?

国を守るために残って兵隊にならなければならない
国民が犠牲になっても最後まで戦う!

と言うけど 何処までが最後なのかな?
日本兵が全滅した時初めて最後まで来たという事か
いったい何のために戦っているの?

国を守る為!
その国とは命を懸けて守らなければならないの?
国民を犠牲にして
そして男は残って兵隊となったがそれらが全部戦死して
まで、何を守りたいのか?

自由か?
しかし 多くの国民が死んでしまい
国外へ避難できた者たちは、戦火から離れて自由を手にできたが
生きていて初めて自由を手に入れられるわけですよ

国は確実に滅んだあと
最後まで戦う意味はなんなんだ?

領土か? しかし最後の最期で全滅されればすべてが無くなる

誰も住まなくなる 住めないし 元通りになるのは不可能

それでも何を守りたいのか?

ひょっとして 御国魂を守りたいのか?

多くの国民を犠牲にして

当方は、どんどん受け取り方が変化してきました 御国魂というか 意地じゃないのかな?

これでは、精霊たちは動けないよね

誇り高きなんとかというかんじで陥落してもなお抵抗して没する

そんな美学と言うか 感じてしまいます。

そんなの美学でも何でもない 単なる意地っ張りじゃん

多くの血を流させて ただ血を流しただけではなくて

拷問されて殺されているのですよ 女は強姦後 幼女も強姦され
腸が飛び出して死亡していたと記事を読みました

それを許しているのが何処からくる思考なのか?

お子様たちが戦争ごっこをしているような気がしてきました

戦争をする次元は穢れた次元です

それを、文字通り行っている世界なのです

これは 霊的見解でも 許されませんよ

必ず浄化が起こります

 

戦争を止めず罪もない多くに人々を死なせた責任は

全世界にあります

 

そして

 

https://www.youtube.com/watch?v=-3UHOv8duzA

可愛そう過ぎだよね

皆普通に生きているんですよ

人間のこんな営みは 大自然界では許されませんよ

生きとし生けるものをなんと心得ているのだ!

穢れです

罪もない動物をまとめて殺すとは

必ず因果応報として

人類を懲らしめる為に この動物たちの怨霊が

人類へ生まれ変わって

罪もない人間たちを 同じように処分してしまうときが来るでしょう

最初の記事は イノシシの生まれ変わりですよ

 

当方、こういう書き方で
2011年3月11日が発生してます。

書いてから2か月後です。

6月大丈夫かな?

何処かで浄化がはじまるよ

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)