18歳の愛犬の今朝の事

6時06分

 

 

 

暫く こんな態勢で止まっているところ 撮影

 

この後

のこのことベッドから下半身が出てきたところで
下半身が動けなくて

愛犬は暴れ出しました\(◎o◎)/!

起き上がれないんですよ 前の緊急事態のように 仰向けで足をバタバタさせて

当方は、また来たかな? と思い

愛犬を抱き上げて

宥めるしかありません

赤ちゃんをあやすように 重心を上下に揺らして

すると、おとなしくなってきました じっとしています。

これは発作ですかね? (p_-)

 

当方が思うには 下半身が寝方によってうっ血し痺れて一時的に
感覚を失っていることに

愛犬自身が恐怖を覚えて、パニック化したのではないか?

身体が硬直していた時には 愛犬の顔は恐怖心で目をまん丸にしていたので

その後、抱いたりして 刺激を与え 徐々に感覚が戻ってきた!

というような感じが見受けられる

その後すぐに 朝散歩したが 異状は見られなかった。

18歳にもなると色々でてくるが

 

実は、以前からも 兆候はあったのです。

後ろ足が突っ張った状態となってしまったとき  ヘルニアでは?という見解

レントゲンで 腰の椎間板に打撲の痕

多分だが これは郵便配達員を追いかけて通路に出てしまい
階段から転げ落ちた時の腰の損傷だろうと思う

これが原因なら やはり 打撲した椎間板の神経が下半身が痺れて後ろ足の両足が
突っ張った状態となったのだろうと 推測できる。

そして今回 今朝の件は やはり 寝方で寝返りが長時間しなかったことで

傷んでいる椎間板の神経が圧迫され

一時的に 足が麻痺してしまったことで パニック化したのではないか?

と見ます。

これはですね、動物病院へ行っても わかりません 下手に病気など勘で見られてしまうと

対処療法も 方向性が違ってくるので危険だと思う

これで、点滴をうちましょうとか 鎮静剤を打ちましょうとか?

レントゲン検査をしましょうで

検査料2万円飛びますからね

愛犬がパニック化したら 抱っこして落ち着かせることです。

よく テンカンの発作は放置して様子を見るとかになっているけど

抱っこして様子を伺うべきですよ

それと Youtube動画サイトを見ていると

18歳の超高齢犬が神経の病気で病巣があり外科手術をしないと治らないということで
外科手術をして病巣を切開したんですよ それは大変な手術です

で、18歳の高齢犬なのによく手術ができたなと?

当方は絶対に愛犬の為にはできません

なぜなら 麻酔でショック死する高齢犬が多いので、賭けや勝負はできないんですよ!
きっと高齢犬を抱えている飼い主は当方と同じ共通する気持ちがあると思うが

18歳で大きな手術をしてしまう飼い主さんの考えは? 人間性は?
と不信感が湧いてきたんだが

この話で、あ~そうか! なるほどな  ならできるだろう! と思いました

それは、18歳の高齢犬は3か月前に保護犬として里親になった? 犬だったという事です

手術費用など組織が一部負担するから やれるのだろうと思う

腫瘍摘出手術で 幾らかかるか? この前愛犬が救命センターで見てもらって8万円かかってます。

最初jは10万円と言われていたが、2万円安かったのは、MRI検査をしなかったからです

もしMRI検査から病巣を発見し 手術となると

内容にもよるが、30万円は軽く行くようです。

ということで 18歳の超高齢犬を保護犬として預かり 後に病気が発症し
手術をされるのは

一般的な飼い主の心持以外だからできたことだと思います。

実際 死ぬかもしれないわけで、その時は仕方がないです と手術を受け入れるわけですからね

しかし当方などは
仕方がないという事が当方の辞書には無いです

手術で死なせるわけにはゆかない というのが前提です。

 

記事を書いている時

 

 

0

show について

写真撮影 ギター弾語りとPCで少々の制作事をやります。 PC初心者時代からCGI掲示板などの改造をやったり、早くに独自ドメインを取得しHP制作などのはまったり、SNSサイトXOOPS Cubeなどを構築したり、ブログではppblogをはじめ、今回WordPressを扱ってみました。本格的にはなかなかできないが、ぼちぼち稼働させてゆきたいと思います。
カテゴリー: 愛犬ナナちゃん散歩日記2 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)