東名あおり運転死傷事故で懲役18年実刑~について

当ブログで再度書くんだが

石橋のあおり運転で懲役18年の実刑は重すぎです!
煽り運転をし、高速道路の追い越し車線で被害者の車を止めて外へ出る
かなり危険な行為で

追突され死亡事故が発生する確率は高いです!
しかし、この被害者たちの車を追突させ死亡させたのは
大型トレーラーに車間距離もとらず張り付いて半分寝て運転していたトラック運転手です

因果関係としては事故を起こして死なせたという直接的な因果関係があります。
その運転手を咎められないのは、おかしな事件です。

しっかり車間距離100m以上を取って走行していたら
前方の停止する障害物は避けられます!
道交法はそういうルールとなっているのです。

確かに、高速道路で煽り、相手の車を追い越し車線で無理に止めた石橋の罪は
一番大きい、死亡事故のきっかけを作った総責任者です。

しかし、追突して殺したのはトラック運転手です。
車間距離を取っていたなら避けられた事故です。

石橋の懲役18年の実刑を、実際追突したトラック運転手と分ける判定を取った方が

本当の因果関係では正しい事です。

横浜地裁も、完全なるものではないので

人間のただ学んできただけの頭脳での裁判の結果なので

同じ環境(人員)で裁判せず、再度編成した者たちの中で再度裁判をやり直した方が良い!

石橋は、人を殺すような人間ではなく ただのバカなのです。

そういう人はいっぱいいます

たまたま石橋だったということです。

それなのに、死亡させた実行犯が前科が付かないのはおかしいです

もう少し広い視点で物事の事象を理解して

見ると良いですよ

もう一度言うけど

追い越し車線を走行車線として前に大型トレーラーがいて、そのすぐ後ろにいついて
走行するのは危険な走り方です それを承知し楽して走る行為 トラック運転手が良くやる半分寝ながらの走行なのです!

ここに大きな社会的な責任はあるのですよ!

ここを法律で裁かない限り 同じようなことがまた発生します。

煽りの石橋を置いて、単なる故障者だったとしても 車間を取らないで走る運転手は
衝突は避けられません

だから、誘発した石橋と同じような罪 実際死亡させた罪が課せられて当然です。

 

東名夫婦死亡事故で 追突したトラック運転手>不起訴処分?

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)