散歩は悪影響と判断!

18歳のミニチュアダックスフンド
どんどん変化してきます。

もう以前から、散歩すると興奮するようで、真っ直ぐは歩てくれません
四方八方リードを引っ張ります。

普段のように歩道などは歩けたもんではない!

そして今回、6月下旬で酷暑となっていて
朝参しなかったり 夕方散歩は 暑さで無理

夜10時近くに散歩してみようかと やはり体力が衰えて来るので
と言う考えで、無理に散歩にでましたが

もう興奮状態
これは嬉しがっているわけではなくて、今置かれている状況を把握できなくて
興奮している状態だなと、今夜確信しました。

むしろ、無理に散歩に出さない方が良いのかもしれない!
散歩前では、のんびり寛いでいたところ
戻ってきても、興奮が収まらず、あっち行ったりこっち行ったり
落ち着きがありません

これは、マイナス効果ですね!

以前、友人に高齢犬を飼っている方がいて、散歩が嫌いなワンちゃんで
散歩はあえてしなかったと言っていたが
やはり、無理やり散歩に出さない方が生理的に良いのかもしれません

運動量といっても、部屋で徘徊のトレーニングをしていれば、もう18歳なので
他の犬並みな散歩はしなくても良いのかなと
飼い主の当方本人が、考え方を切り替えなくてはならない時期に来た!

興奮していると言うか、テンションが上がったままなので
例えば、人間で高血圧症など、血圧が上がると苦しいよね~
じっとしていられない

具合が悪いんです

ベータ波がもんもん出ている状態だと思う

ということで、散歩は控えようと思う。

目が見えないし 部屋でくるくる歩いてりゃ良いでしょ(*^-^*)

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)