カーテンを閉めるよう

夕方ケアが終わって帰る前にカーテンを閉めて欲しい
という要望で、やっと聞き入れてくれて
カーテンを閉めてくれました

ケアマネが10時頃に実家へ行って張り紙をしました。

10時ですよ もっと早く行けよ!

今までは、この状態で
東窓に光が当たるのは、日光浴は良いねって時期では、ソファー全体に光が差します
太陽の向きはどんどんベットの真ん中へと移動して、多分5~6月で、おふくろさんの頭部に光が当たっていたと思います。
あまりにも熱いので、頭は右手へずらして寝ている様子でした
そして現在7月入ったばかりの日差しのあたり加減です

これが、分かったのは、見守りカメラを設置していて
24時間監視ができます。

しかし、まさか早朝おふくろさんの頭部に日差しが当たっていたとは
想像もしてないです

たまたま3日間くらい記録されたビデオの朝6時を見て、把握したことです。
これは誰の責任でもなく
見守りカメラを設置していたことで、初めて知った事です。

これが、現時点でも、気が付かなかった場合
これから7月~9月と暑さは、益々過酷となる恐れがある中で
おふくろさんの誕生日は9月2日ですが、もし放置してしまったなら
熱中症で92歳の誕生日は迎えられなかったという恐れもあるし
確率からも、高くなっていただろうyと思う

今朝の5時半の日差しがカーテンを通して襖に当たってます。

これもしかして、真夏になると東窓は窓のど真ん中になるんですよ
もしかしたら、これから頭部に当たってゆくんじゃないかな?

網戸があるんですが網戸がテレビ側に半分来ていて
窓の左半分がレースのカーテン1枚を素通しした日差しです

まだ夜は、こんな感じです

 

今日、完全遮光のカーテンが届いているので
明日、取り付けます。

取り付けると、こんな夜の状態となります。
多分これは、危険回避のお告げだったのかなと思えてならない

たまたま朝6時の見守りカメラの映像を見たら日差しが介護4の
おふくろさんの頭部に当たっていて、驚いた!

未来は今努力次第で変えることができます

ですから、当方はおふくろさんのすぐ未来の事象を変えたのかもしれません

他にできる人はいないですからね

 

ちなみに、当方は東向きの間取りに24年間住んでいたことがある
単身者用1Kのマンションで、日差しは良く知っています
真夏がど真ん中ですよ

冬季は左壁の方に日差しは射しているが
8月過ぎには同じく左壁に挿します

と言うことは、実家のソファーの日差しは冬季~春先に挿してポカポカ日光浴ができるんです

あ、違う 今書いている隙にわかりました!\(◎o◎)/!
今がど真ん中です

カーテンが開いている幅によって の日差しの当たり方なので
もうすでにベッドの全体が日差しに掛かっている状態

それでも太陽は右斜めに傾いているので
やはり、まだど真ん中ではなくて これからど真ん中へ移るみたいですね

やはり、目に見えないものに守られているんですよ

当方も霊界に近い人間なので

高貴な霊も付いているし  おふくろさんの最期まで看取るという使命
選ばれているんですよ

姉は実際 頭脳明細で優等生で来ていたが
当方のような精神世界を構築してこれなかったことで、高貴な霊が付いてないんです
だから、人生にと迷いだしているわけです

当方など何の迷いもないよ!
野垂れ死んでも良し

怖いものは無いんだけど 正直 極道の世界よりも

天使の世界の方が好きだし
それに使えられるなら本望だとも思っている

だから、先々の運命などどうでもお良いのです

今は明日死んでしまうのは嫌だけど

おふくろさんも無事に看取れて、そして小さな家族のななちゃんも
看取れて
また孤独になったら
いつでも人生終わっても良い 何の悔いもないし 神の側へいって
精霊となってだれかを保守したいです。

けして地獄の者にはなりたくないね(^。^)y-.。o○

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)