どっちがいい?

201Sの定価は5万円だったかな?
GD-20が8万円

製造国台湾

だからか、5弦の鳴りが同じなんだよね
やはり、工房の型が同じだとブレーシングの位置など同じだから
5弦の鳴り方 ボディやブレーシングに伝わる振動が材質を超えて同じ
なのだろうね

確かに、型は重要で少しでもズレると振動が変化するから
勘でやっている工房は個体差が激しい

ちゃんと機械や波形を使用して調整しているところは
当方の知る限り フォルヒなんかはハイテクですよ

5弦の鳴りがボンッ と言う鳴りなので 残念です

201Sはかなり弾きやすい
サドルで弦高を低くしても 弾きやすさはネックなんですよ

201Sは マホガニー単板なので、クラシック界ってわけではない
サウンドは明るく軽い感じで、伴奏とか弾き語りにも合う

ネックが薄いのでかなり弾きやすいし 軽いので取り回しが良い

GD-20は、普通に重く
鳴りは、クラシックギターの個性ある鳴りですね
表板の厚さが、かなり厚いです

ブリッジが普通の安価なクラギとは違って、サドルをギリギリ下げても
弦を止める部分が低いので角度が付いているから
弦高も思いのままって感じ

なので、仮にだが 一番低くしている

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)