11日祝日

実は、親父の日の命日 2月11日未明なんですよ
なので、おふくろさんも11日に逝くかな? とは思っている
当方は予定変更したので、もしも明日逝ったとしたら 運命

薄々感じて来たんだが、伯母さんのように誰にも会わず一人で逝ってしまうかも
そう思うようになった

それはもう祖母からだろうと思う
そういう家系なのかもしれない

姉が病気になったのは、薬に頼ったからです
当方は薬を断って 神にすがって立ち直ったんです

しかも病気と真っ向から戦うには良い年の30歳

これは60過ぎでは無理

当方の過去の壮絶な自覚症状はもし60才だったら、克服できなかったと思う
神にすがってというパワーは持てないだろう

なので当方は選ばれているし 恵まれていると思う

おかげで本当に自分の神の存在 精霊を感じてこれているし 本当に恵まれていると思う

姉の諸々の病気は、当方が若い頃にすべて経験している

しかし当方は孤独の内で心の中に住む神を信じて その壮絶な自覚症状を抑える為に
薬に逃げなかったのです。

どうせ死ぬんなら 絶対に薬は飲まない! という強い信念

宗教はまったく関係ない

当方を救えるのは真理だけ

ほんと仕事もできなくなってお金も無くなってきて絶望を感じて泣きながら庭の草をむしっていたのです。

壮絶な自覚症状 普通の人なら絶対病院へ行っているだろう薬物治療をしているはずだ

しかし当方は、4年の歳月に病院通いして薬物依存症となって自律神経が
おかしくなりっぱなしで処方箋や注射がきかなくなってしまったのです

このまま薬物を続けていると廃人になると自覚
つまり血液の中に薬物が相当入っていて廃人となるか変死するかと言う道だった
このまま薬を続けていても病気は治らない 途方に暮れ

高島易段で鑑定してもらって
薬を断つことを決心したのです それが7月30日 (3の付く日は神かがっている)

正に魂の修行僧

そこらの坊主の行水とはわけが違う

当方の30代は全部具合の悪さばかり 一生懸命に我慢

一度物凄く辛い目を見ると、海馬にインプットされてしまうので 時々

何でもないのにふと、恐怖心にかられるときがあるのです

ずずずずって感じ 首が緊張してくる じっと静かになんてできなくて

とにかく動いて気を散らすしかないので

その具合悪さが午前3時だったら、午前3時にジョギングをやったりします

午前4時にジョギングをしたことがある

具合悪さの気を散らす為です

感覚的に、ふっと襲ってくるんですよ 自分の中にインプットされた具合悪さの記憶の断片に

無意識に集中してしまう時があって、その海馬へ集中してしまうと

恐怖心が紐解かれる

と言うようなしめーじ

同じ経験をする人は、多分理解できると思う

現在は、海馬へ意識が行かないのでほとんど普通の人間です 疲労している時などは
自律神経が弱いので すぐ崩れたりするが
今の住まいで鍛えられているせいで自律神経はほとんど崩れないです。

ですから、生活の環境はかなり重要ですよ

ストレスのある場所がある人は、思い切って引っ越してしまった方が良いです
ストレスを溜めていると、本格的な病気となるから

でまた引っ越しも注意しないとなりません
当方前に大失敗しています オール電化のビルの6畳1Kに引っ越しした時は
エレベーターの真ん前が部屋
これは風水でも大凶なんですよ

そしてオール電化 給湯 お湯を電気料の安い深夜に沸かしてタンクにためて
その分量でお風呂のお湯を使う
お風呂2回分 シャワーを使いすぎるとお湯がなくなる
と言うシステムで 真冬でも暖房なしで 給湯のタンクにお湯があるので
室温20℃なんですよ

暖房しなくて良いね ではなくて、寒暖差かなんかで自律神経失調症になるんです
歩いていて 平衡感覚 バランスが悪くなるのです。

オーナーと口論しあって1か月で引っ越し

何か思い出すと あの時期はどうやら冥途と現世との境目にいたような気がする

心霊写真も撮影してしまったし  心霊写真も本物とわかると
ネット公開できないもんです

良くないんですよ 不幸にして死んだ人の霊は

ストレスが積み重なって 当方の魂が違う世界の間に位置していたのだと思う
ですから、実家に御厄介になっていた時は、眠れず朝方まだ暗い4時頃に非常階段へ行ったんです

土間になってスペースのある場所だが
すると下の階から駆け上ってくる青年と遭遇したんです
足あったかどうか?

9階から10階へ駆けてゆきました

そんな偶然あるかね?

そして、向かいの団地へ行って実家と同じ9階へエレベーターで行って
実家の周りを撮影したのです

11階窓全部ビニールシートが張られ目張りされているようなベランダに
10歳くらいな男の子が写っていたのです

窓は目張りされているのになぜベランダに男に子がうつむき加減で写っていたの?

そのお宅へ恐る恐る確認しに行ったら キッチン窓もビニールシートで目張りされていた

うわぁ~~~怖い~~

撮影した写真は削除しました。

団地で全面目張りするのは 中で死亡して長い期間発見されないと、匂いが酷いので
目張りするんですよ

しかし

低迷してしまうと 嫌な経験をしますな!

現在はかなり快適ですよ やはり何でも克服に福が訪れるって感じですね
ていうか、今住んでいるところは精霊に導かれたのかもね

愛犬ナナちゃんが当方の所に来たのは姉のおかげではなくて
やはり目に見えない者たちが最善を働きかけたと思うよ

愛犬にも当方にも良い そして実家へも連れて行っているから

姉のような病気持ちが高齢犬など面倒見れないって!

ということで

おふくろさんは、92まで 後22日間だが 到達できないようです

今命がギリギリでこのまま誕生日を迎えても意味ないね

主治医は来週って言っていたけど来週には泊まり込み

認知症なので、痛いのも 苦しいのも 感じてもすぐ忘れるから

もがき苦しむことはないようです

実際、身体を動かしたりすると 痛そうな顔をするが 痛いの?
と聞くと首を振るのです。

最後のご挨拶いらないから 眠るように逝って欲しいね

運命の日は

8月21日か 月末の30か31日

いや そこまで無理だろう 先生は来週を見ているようだからね

0

臨時往診の立ち合いに行ってきた!

朝のお弁当は10時半ごろ
お昼に当方が味付けをして食事介助をしようとしたが
いらない 拒否

今日の往診は臨時ですよ 普段は2週に1回病院が休みの時の木曜日が往診で
今回の臨時は、母親の容態が皮膚上的にも悪化しているので
臨時に看護師さんが訪問し手当をした時の状態を主治医に報告され
これはただ事ではないと判断され
当方の携帯へ連絡が来ました。

今の状態を把握すると、呼吸も脈拍も普通の人の倍はあります。
血液の流れが良くないために呼吸や脈拍が増えている状態で
朝訪問した時に心肺停止も考えられます。

と言われて、もう泊で母親を看取る時だなと把握しました。
実家へ泊まり込みの段取りを経て

本日往診の立ち合いをし、直に主治医から話しができました。
先生に聞きました。

今夜から愛犬を連れて泊って母親の様子を伺うつもりなのですが
今の状態からして、どうでしょうか?
これから泊まって付きっ切りで見る段階でしょうか?
夜は愛犬が高齢で留守にすると不安で泣いてしまうので近隣迷惑となるので
夜は出られません

と伝えました。

そうすると先生は、今の状態をみますと 血圧を見る時でも、拒否をする時に
手をしっかり出されていたので、まだ大丈夫でしょう
もうダメな時は、拒否もできなくなり手などだす力がありませんからね
と言われます。

では、泊まり込みをスタートするには、何か兆候とかありますかと聞くと
爪が薄い紫色に変化すると言います 看護師さんもうなずいていました。
そして、もう本日って時には、息を顎でする時、もう危篤状態で数時間後のご臨終

だと聞きました。

正確には言えませんがと、確かにそれは運命ですからね~ と言う会話をしました。

ちなみに主治医に 姉も来るようですが、もしも病院に姉から電話が来たら
と、実は姉はちょっとおかしいのです、認知症もでているので
もし電話来たら、そのつもりでお願い致します。

とちゃんと伝えました。

ということで、お泊りは中止し様子を伺います。

ここから姉の話に入りますが
今朝、早朝に姉からメールが来ました
いきなり、お風呂に入れているのかと?

当方は、今ごろ何言ってんの?
まじそう思いましたよ
だって今の状態はほぼ腰回り背中など水泡が破れてばんそうこ貼っている状態
そのシップ交換などで看護師が週4日入ることとなったのです。

それを、お風呂に入れているのか?
ケア計画書に入れてないのか?とメールが来た

頭おかしいんじゃないの? と当方

当方の返信は
お風呂介助は高血圧と言う事もありヘルパー事業所とケアマネと協議し
安全を取ってナシとしている

と言う返信をすると
シャワーでもできるよね と言ってきます

当方は、今頃なんでそんなこと言うの?
と、呆れる

友だちに介護福祉士が居て、お風呂ケアはやりますよと言っている
と言うので

シャワーは拒否するんだよ
ぷち介護士のようだけど 生の現場を見に来いよ!
と言うメールを朝しました

 

そして往診の前に
時間があったので、スマホを見ると 姉から電話の着信履歴

携帯へ電話するとでない!
固定電話に電話すると 出ました

着信履歴があったんだけどと言うと
間違いと姉は言いました

ついでに、母親の状況を細かく伝えて話をしていると
当方を指摘してきます 怒らせるような事を言ってくるんですよ

今普通に会話をしているところなのになぜ人を怒らせるような事を言うの?
と当方は、怒りました。

もう単刀直入にいってお姉ちゃん 病院通ってない? 頭おかし過ぎると

昔から馬が合わなかったねと姉が言ってきたので
何言っているの 昔は仲の良い姉弟で3時間も4時間も長電話していたじゃない
というと、showから電話かかってきたことはないし私は掛けてないよ
こう言います

ほとんど間違い

当方からは電話しない 向こうは家庭があるし
当方は昔からの性質で自分から電話して気軽に話をするような人間ではない
いつも、受け身で姉から気まぐれに電話がくるのを良い聞き手役で
必ず長電話となっていたのですよ

それをまったく記憶してなくて
当方が昔、一度姉に切れて二度と電話して来るな!で切ってから電話したことがない
というのです

その時当方が切れた原因は
今まで義理兄の浮気で姉が壊れそうに当方に愚痴をこぼしに電話来てて
良き聞き手として話を聞いて上げていたんですよ 姉の味方となって

その後に、当方は生活が破綻してしまい世田谷から維持費を下げる為に23区外へ
引っ越しをしたときの引っ越し費用を親から借りたのです

それを姉に言うと、怒りだしたんですよ
うちの主人は一生懸命に働いて生活費を入れてくれるよと 比較されて
切れるの当然ですよ

今までその亭主の8年越しの浮気で精神的にもおかしくなっていた姉を支えてやって
きたのに、裏を返され気分

姉はその時の当方の怒りを、しっかり今でも覚えていて、その中間と後の記憶が失われているんです

そして、こんなこと言いだしてきて、今回ばかりは怒るではなくて
切れました!

こう言ってきたのです
showは母親の通帳を握ってから人が変わったね!

それはどういうことなの?
母親の通帳を握って偉ぶっているとか?かな
姉を上回った態度をしているとでも思っているの?

おねえちゃんは、そんなこと考えて生きているの?
僕は母親の代理としてすべて管理しているんだよ

と言い返して、頭いかれている その後荒っぽい言葉を使って当方から
電話を切ったが

姉は本当に頭いかれているし 頭だけではなく
心もねじ曲がっている

過去をさかのぼって姉を見ると
もう昔からおかしい言動と思考能力がぽつぽつ出てました

まだ介護申請前に 姉が実家へ単独で言っている時は

弟の当方には知らせないで来ているのです

一人で実家へ来て片づけをする

当方も単独で、単独でって当たり前だが

姉に電話で行ったのです、実家を片付けるなら一緒にやろうよと
当方は友好的にかつ合理的に考えて姉に伝えたんだが

姉にこう言われたのです showはshowで母親と向き合って
私は私で母親に向き合うから

こう言われて、どう思ったか?
姉が言うのは、まるでまだ女子学生で母親に甘えるか、母親の為に
親孝行をして、自分の気持ちを整理してスッキリして帰る
つまり自己主体性

当方が見る姉への視点は、ズバリなんですよ
しかし もう介護の段階の母親で、母親に向き合うなんて年齢でもないし
と思うのです

後で聞いたら、母親を乗り越えられないというのです
それとか、異常なメール

当方が実家で掃除に通っていた頃 電話での会話に 当方に
良い事をやったね! て言って来たんで え?
と思ったのです

実家へ行って掃除をして 良い事をしたねって
確かに悪い事をしに行っているわけではないが 50過ぎの弟に言う事かね?

もうその頃から思考が歪んで来ていたんだろうと思う

多分旦那の浮気から精神がおかしくなっていったのだろうと思える

しかし 親の通帳を握ってから人が変わったって、思う心理は

すべてが負の作用で姉の心を蝕んでいるんだろうと思う

もう66歳になるので、救えないだろう

なので、もう姉とは接触を控えたい まず修復は土台無理だと思う
健全なる心を宿してないから

だから、姉が来るって言っていたが、姉が来て 今のケアの輪を壊される
心配がでてきたわけです

姉が出てくるとプライド噛ますだろうから しゃしゃり出てかき混ぜられる
ような気がするな~

当方はもう姉には会いたくないね

電話で当方が切れて、姉に怒っている時に

姉はこうです 良く母親のいる側で大声出して怒れるね~

姉から電話を切ろうとしないのは、攻撃性が出てきたという事です。

こういうのほんとヤバいんですよ

怨念が残って悪霊化しますよ

 

と、負の作用の話で終わるのやめて

往診後、主治医と看護師さんが帰る時 玄関ドア越しで挨拶して
先生が、こう言われました
お母さんも住み慣れた場所でご家族もいるし良いじゃないですかと微笑まれました
お盆休みに入るのでと、いつもなんだが、何かあったら病院へ連絡してください
が、今日は先生の携番を教えてくれました。
いつでも直接連絡してくださいと

ほんと良い人で、当方はソウルメイトだと実感しています。
ソウルメイト、会うべくして会っている

魂の家族です

これで、当方の日記の〆も 気持ちいいでしょう(*^▽^*)

 

0

世間に謝りたい?

母親が記者会見を開こうとしているが
元総理の安倍晋三暗殺者の母

安倍を通しての政治と宗教問題!

世間の流れは、安倍晋三元総理の暗殺よりも大きな要因

世間の風向きが変化してきて
この暗殺者は確かに歴史に残るようなことを2件もしてしまったという
安倍を暗殺したことで、政権内部が一斉清掃をされた

事実、暗殺者はただの殺し屋ではなく
とんでもない運命を背負って生まれてきた者であって

母親も最初は、投げていたと思うが
今では堂々と記者会見を開いて、世の中へ顔を出す 暗殺者の母親として
堂々と世間へ詫びる形を取る

この母親の息子は、人殺し野郎なんだが!
これまでの歴史的な政治と宗教の密接なつながりを分離させる為に
暗殺者として目に見えない世界から選ばれたような者と解釈もできる

だから、母親も世間へ顔を出せるんだろうと思う

歴史的な息子だからね
宗教的に考えれば、誰にも成し遂げられなかった正しい事をしたことにもなる

暗殺とか 人殺しとか やってはならないが、戦争になると多くの敵を
殺してしまうと 過去では勲章がもらえる

この母親の息子が日本の敵国の兵隊で戦時中の元総理を暗殺したら
勲章がもらえたのかもね

この元総理を倒せば、政治がクリーンとなるって
大きな功績であるとも思えるのは、しかし複雑な心境だけが残るが

歴史を紐解いて行くと

 

いつの時代でも 暗殺者はいる

世直しの為に国の頭の首を取って時代を変える

同じことが現代でも起こっているわけです。

だから 宗教的に言うと この母親の息子は時代の暗殺者の生まれ代わりなのかもしれない

その真実は誰にもわかりません

0

昨日~実家 様子見

愛犬とお泊りセット!

自宅から自転車で駅まで、実家最寄りの駅から スーパーで買いものして
徒歩7分位

肩にめり込む重さ!

今までお寿司だったが、ご飯を食べないので
刺身に切り替えたのです。

 

親の食事介助ははじめてです。
身体が横向きから仰向けにできない為
これ以上ベッドは起こせないのです。

歯がないので
途中で切り身を三等分にした。

一昨日の夕方にヘルパーさんと電話で会話したが
足がむくんでいると言われていた。

慢性腎不全のステージ5ですね
実際、おふくろさんの顔が普段よりも穏やかな顔をしている
それはむくんでぽっちゃりしてきたからだろう

ここの寝泊りは大変だが(;^_^A

往診の看護師さんから連絡が入り
明日、つまり本日午後1時から2時の間に特別に往診に伺うと連絡が入ったが
当方は愛犬と夜泊で行こうと思っていますと伝えた

往診は当方が立ち会わなくとも、するので問題はないが
やはり立ち会って、先生と直に話をした方が良いので、本日往診の立ち合いをします。

それで、今晩愛犬と実家へ泊りに来るか? 又は11日からにするか? 判断したいと思う

先生は今日状態を確認して正確に判断されると思うので
当方の行動もそれに従います。

今までは訪問看護師の報告から想定して息をしてないかもしれないとか言われていたので

血液の流れが悪いなどは、木曜の採血から見ているので
今日は、やはり先生に会わないとならないと思う

今日の診察で、まだ大丈夫でしょう!と言われれば 今から泊まる必要はないからね
泊まってしまったらおふくろさんの息が止まるまで泊ってないとならないし(;^_^A

これからが本当に本番で大変な時です。

泊りがけや 葬儀 おふくろさんの家財道具すべてを処分 3DKの部屋を空っぽにして
都営のJKKへ引き渡し

これを当方独りでやらないとならない
姉はもう期待しない

もちろん全部一人ではできないので、業者を頼んだり バイトを使ったり

おふくろさんが他界したからと悲しんでいる暇はない!

愛犬もいるし

0