愛犬ちゃん動物病院へ行ってきました。

こればかりは計画性はないので、その時の思い付きで
動物病院へ連れてゆきました。

下痢です。
今回は真夜中の2時半頃に、寝ていると愛犬ちゃんが当方の寝ている周りを
くるくる徘徊してきて
もうお知らせですね
うんちしたい~~♪

窓を開けてあげるが、窓の位置がわからないので
抱っこして、ベランダへ出してあげました

クルクル回転木馬してサッとウンチングスタイルになって
すぐティッシュをお尻に差し出したところで、ブリッ
ドロドロの軟便

もう寝られたもんじゃないです

月曜日から3日間くらい軟便してて、始末に大変だったが
木曜は回復したんです
金曜日にホームセンターで

牛肉&軟骨の缶詰を1個試しに買って帰り与えたら、即完食したので
土曜日にまたホームセンターで何個か買って
買ってきた焼鳥の砂肝1粒と鶏皮少々若鶏肉少々と、いつもより少なめにして
この缶詰にみじん切りにカットした肉をパラパラ撒いて出したら
見てないうちに完食していたんですよ

その晩の深夜 2時半 腹下し

でこの缶詰の説明文や1日に与える量を確認したら

まず栄養補完食
栄養補完食とは、栄養を補助的に補う食品で
これ1缶 内容分85g と小さいんだが
体重3Kgの成犬に対して一日 0.5缶 と表記されてあった
うちのわんちゃんは3.4Kgなので0.5缶 ということは、1缶85gの半分
ということで
ドライフードと混ぜ合わせの専門食だったわけで
下痢しやすかったと思う

お腹壊して 徘徊しまわっているせいで元気がなく(;^_^A
9時半、急遽動物病院へ行ってきたというわけです

脱水症状防止に皮下点滴のおすすめで、していただきました。
ここの獣医師は注射器で点滴剤を注入するので
下手に刺したか? ワンワン吠えていました

普通の点滴は、ちゃんと上部に点滴用の液剤を吊るして
管の先端の針を首の後ろ、痛くない部分に刺してニュートンの法則で
注入するんだが
注射器での手動は早いんですよ 注入が だから、その違和感で
吠えたんだと思う

そうしたらすぐに愛犬ちゃんを片手で抱えて当方に渡してきました
ちょっと不安になる獣医師さんですね ここ読まれていたらごめんさいよ!

それか、手動で点滴してしまう獣医師さんは腕が良いんですかね?

ということで

日曜日の実家へ行くのは中止で

明日にしようと思う

今後毎週月曜日にした方がいかもね 近隣迷惑回避

しかし 下の階だと当方と同じフリーランスがいるね
なにしろビルなので(;^_^A

お手入れ3点セットもやってもらいました。
別口でお尻まわりもカットを頼んで、別料金支払いますからって言ったら
500円取られてた(;^_^A

3点セットは
爪切り 肛門絞り 肉球回りムダ毛カット1800円

今回思いっきり吠えていたのは
あの死にそうになった時以来です

針を刺した時にかなり痛みが走ったんだと思う
だから皮下下まで刺したんだろう

 

0

七夕の愛犬

七夕 今朝5時半の散歩

散歩は、その時のお愛犬が起きている時のタイミングです。
ですから、ずっと寝てれば 散歩はしません

 

やっと食べてくれた!
今日は往診なので安心して出かけられます。

今までは月曜からお腹下してしかも食べたものを嘔吐と
食べられなくて寝てばかりで散歩も元気がなかったが

いつもですが、当方が出かけないとならない前日は元気に食べてます
愛犬が体調不良の時に留守番はさせたことはないです 偶然ですが

 

久しぶりに体重測定 朝食べてます。トイレもまだです(;^_^A

当方の体重Maxは88Kg メタボ 身長175cm

ナナちゃん抱いて計測 引くと

3.4Kg ナナちゃんの体重Maxは4.3Kg

激やせですね

いつも抱っこしていると 軽いと感じます

長生きは 肥満も痩せも、関係ないです。

ただ、激やせで フラフラしているのは 栄養失調で
改善させないとまずいでしょう

ただ、高齢犬で活発に動いているわけではなく 寝ている時間が長いので
カロリー消費もセーブされているので、全く問題はないです。

嘔吐する原因もわかっているし 嘔吐した方がお腹スッキリします。
ですから、天寿の寿命までは繰り返します。

0

散歩は悪影響と判断!

18歳のミニチュアダックスフンド
どんどん変化してきます。

もう以前から、散歩すると興奮するようで、真っ直ぐは歩てくれません
四方八方リードを引っ張ります。

普段のように歩道などは歩けたもんではない!

そして今回、6月下旬で酷暑となっていて
朝参しなかったり 夕方散歩は 暑さで無理

夜10時近くに散歩してみようかと やはり体力が衰えて来るので
と言う考えで、無理に散歩にでましたが

もう興奮状態
これは嬉しがっているわけではなくて、今置かれている状況を把握できなくて
興奮している状態だなと、今夜確信しました。

むしろ、無理に散歩に出さない方が良いのかもしれない!
散歩前では、のんびり寛いでいたところ
戻ってきても、興奮が収まらず、あっち行ったりこっち行ったり
落ち着きがありません

これは、マイナス効果ですね!

以前、友人に高齢犬を飼っている方がいて、散歩が嫌いなワンちゃんで
散歩はあえてしなかったと言っていたが
やはり、無理やり散歩に出さない方が生理的に良いのかもしれません

運動量といっても、部屋で徘徊のトレーニングをしていれば、もう18歳なので
他の犬並みな散歩はしなくても良いのかなと
飼い主の当方本人が、考え方を切り替えなくてはならない時期に来た!

興奮していると言うか、テンションが上がったままなので
例えば、人間で高血圧症など、血圧が上がると苦しいよね~
じっとしていられない

具合が悪いんです

ベータ波がもんもん出ている状態だと思う

ということで、散歩は控えようと思う。

目が見えないし 部屋でくるくる歩いてりゃ良いでしょ(*^-^*)

 

0

熱中症対策と西日対策 エアコン 室温

一般の人って 27℃設定がほとんどのようだが
当方は、無理 愛犬も無理

 

24℃設定です
ギターの方の温時計の室温26℃を下げる場合は 風速を高めにすれば
下がってきます
一番低くしているのは、この位置で ちょうどいい具合に

これでも、爪先など冷えてます。

扇風機も止めてます

愛犬の体勢を見ると ちょうど良いんですよ
これより冷えが強かったりすると 猫のように丸くなるんで(;^_^A

 

西窓だから 午後15時以降が直射日光が当たります。
毎年、西日対策はやっているんだが
窓にフィルター貼ったり

一番良いのは、今までは何年も西日対策で使用してきた布団干しカバー
黒で真ん中にファスナーが走っていて掛布団など入るようになっている
熱を封じ込めてダニ駆除とかの布団干しカバーなので
紫外線は吸収しますが 2重となっていて、直射日光は遮光98%
ってところかな? 太陽光の輪郭は通していたので

エアコンの利きも良くなるので良かったが、破れてきたので
新しく、テント用の紫外線カットシートを購入した

裏がアルミコーティング

かなり薄いんだが
紫外線カットだから、布団干しカバーより完全遮光です。
遮熱はどうだったかな?

 

物干し竿に取り付けているだけです

太陽が沈んだら 巻き上げてます。

 

シャワーカーテンを利用
これだけでも エアコンの利きが良くなる

 

窓はブラインドとレースのカーテンだけだが
真夏には遮光カーテンを取り付ける

これからは、留守の注意です

つまり停電

真夏で停電したら 毛皮動物の愛犬ちゃんは1発で伸びてしまうからね

ワンルームのような部屋なので 逃げ場所がない

充電式扇風機の充電量を確認して留守にしないとダメ

あそうそう 冷感ケットを敷いて置くと逃げ場になるかもね

それと、キッチンへ行けるようにして置く

もし停電したら 部屋より玄関の方が良い 通気口もあるから

しかし、玄関の方は段差がなっていて、段差に降りると戻れなくなる
多分認知症で目の前の障害物の手前で止まってしまうのです

下を向きながら歩いていて頭が障害物に「ぶつかると
戻る習性を繰り返す

ロボット掃除機のルンバ

まったく同じです

 

0