日曜日の件

現在月曜日の午前3時15分
なんでこんな時間に、といいますと
2時半ころに愛犬がザワザワ起き出して

実はずっと寝たきりで、抗てんかん剤を飲ませる機会がなく
愛犬ちゃんは嘔吐し ほとんど食べてない状態

当方も、愛犬が発作が起こらないか、心配で眠れない
ここ最近というか、ずっと熟睡ができていない

あまり寝てなく 眠いんだが 眠れない

ということで、日曜日の朝6時ころから自宅へ電動アシスト自転車で片道10Km

走り、月曜日が燃えないゴミ回収の日なので
燃えないゴミの袋をコンビニで買って、タイガーの炊飯器など捨てました
洗濯機置場など片付けを少々と

仏壇と先祖代々の位牌と親父の位牌とを、その為にアマゾンで買った
白い風呂敷に包み

実家に移動しました。

この買い物かごに入るだろう?と想像してて
実際ぴったり入った!

入らなければ徒歩と電車移動

白いのが位牌などだが、後でサドル側に移動した 落としたら大変だからね^^;

これで準備は整った!

納骨の日に母親の遺骨を背負い野川の川のほとりを40分走って
霊園へゆき 納骨式をするのだが
親父系の位牌3点を持参し合わせて魂抜きをするのです
ですから、この日は49日の法要と納骨と親父系の位牌の魂抜きを続けて
お坊さんに読経してもらうのです。

そして、納骨が済んで、次に仏壇をお袋さんのと当方のと
梱包しお寺に送りお焚き上げをしていただきます。

なぜそうするのかというと、おふくろさんと親父系の位牌などは
共存できないのです。

共存できるはずがない!

実際、親父が突然に亡くなって、葬式後、母親は我々子どもを連れて
親父系から逃げ出したわけなので
そういう当方としての母親への配慮心から

親父の位牌と先祖代々の位牌とをなくし
母親の位牌も戒名も作らず

仏壇というスタイルから、母親の霊に向き合うために
メモリアルステージにして、母親と親父の写真を飾るんです
そこには仏教や宗教などにとらわれることなく
当方のイメージの世界を構築する

観音様と入れ替わり、聖母マリア像を中心にした
メモリアルステージをイメージしています。

自宅の小さな仏壇を置いていた場所は、昔購入したオーディオのラックで
十分広いスペースがあり 実にメモリアルステージを構築するには
理想的なスペースであると思う

まだイメージの中だが

そして、納骨の日野天気の良い日に遺骨を移動と考えていたが
どうも天気が月曜日から雨が続きそうなので
そして、叔母から納骨前に実家に来てお線香をあげたいとリクエストが有ったが
そうしてくれるとありがたいとか、メールできたので

叔母さんの都合もあるかと思うが、こればかりは魂的に無理なんだと
返信したが

というのは、まず叔母などには当方の心の風景は理解出来ないと思う

霊園の見学の日に野川沿いを電動アシスト車で走り その道中がなんとも
心の環境を良くしてくれる 心の栄養となる気持
野川の自然 川の音 小鳥のさえずり
こんな道をおふくろさんの遺骨とともに納骨の日に最後の別れに
ふさわしいのだろうなと、思いながら走って

そして霊園を見学している時も、水の音がなんとも癒される思いで
石碑も和と記されていて、お袋さんの名前の和と同じで
見学したその時に担当者に、ほぼ決まると思いますと伝えました

即答です すべては川の流れの如く なんら迷うことなく
お袋さんの納骨まで

振り返っても、全てが川の流れのように流れていっている
しかもなんの躓きも障害もなく決め事としても迷うことなく来ている

納骨後 仏壇を発送した後は 洗濯機を土曜日に集荷してもらい
日曜日の午前中に自宅へ配達 受け取り

土曜日の午前中に連れ合いさんの団地へ送るために5点集荷してもらい

24日はお風呂の解体 エアコンはその前に取り外しに来てもらい
24日に集荷

25日の夜集荷5点を配達してもらい エアコン設置は28日の午前中

28日の午前中に25日に送った5点の中の照明器具を当方が行って取付をする

この28日までの間、当方は自宅へ戻っているかもしれない

現時点ではテレビと掃除機 サイドテーブル2点 カーペットは燃えないゴミ

28日金曜日粗大ゴミ回収日で この日にこたつとサイドテーブル2点掃除機と出して

テレビは0円掲載で

現在17日の時点では

予定したことが正常に流れるかを待つ

あ、忘れていた もうそろそろ 実家のすべての契約を解除申請をしようと思う

KDDI 電気 ガス 水道 au光ルーターも返却

拠点を自宅にして

電動アシスト車で実家にきて

粗大ごみを置き場へ運んで 燃えるゴミと 最後 燃えないごみ31日だから
31日の朝 鍋とか ジェイソンのハンディクリーナーとか
捨てて 3DKは完全に空っぽとなる

自分でいうけど ほんと お疲れさんです(^_^)v

後 2週間 トータルで母親が亡くなってから60日間

付き添い期間を合わせたら

80日間

ほんとご苦労さまでしたm(_ _)m

 

あ、まだ終わってないけど^^;

終わったら 熟睡したいね~

愛するおなごの膝枕なんかいいな~

 

0

お風呂撤去! 申込み

人に譲ったりとか・面倒!

JKK管轄の業者のお風呂屋さんにお風呂の撤去を申し込みました。

ホールインワンのお風呂を2019年にバランス釜風呂と入れ替えして
総額33万円くらいしたと思うんだが

そのお風呂の撤去に32450円 \(◎o◎)/!

この金額は多分業界最安値だろうと思う なにしろJKK紹介業者なので

当方の計画通り24日以降月末以内に撤去工事開始となる

納骨後の次の週には全部空っぽとなる

なので30日には自宅へ戻れる

鍵の返却は11月に入って 再度実家へ来て

45年間住んできた3DKの部屋とおふくろさんと
実家というものと

最後のお別れをします

クリーニングして引き渡しをします(^o^)v

この台車は置いていっちゃいます

この台車 1977年こちらに入居した時に使った台車です。
おふくろさんの所有物

2019年に ボタンひとつでお湯はりのできる
ホールインワン風呂を姉とお金を出してバランス釜風呂と
入れ替えリフォームをして
姉が1ヶ月間毎日お風呂に入り
お袋さんは、入らなかったのです

その訳は、お風呂に入るのが怖い

その原因は、当方の連れ合いさんが過去に田舎に1人住む
母親の面倒を見に東京から夜行バスで毎週末のように
新潟の母親のところへ行っていて

行った先で母親がお風呂の中で亡くなったのです
湯船に浸かったまま
連れ合いさんは、湯船に浸かって意識がない母親を
抱きかかえてお風呂から引き上げて
人工呼吸をしたそうだが

その話をおふくろさんにしてから
他人事ではないと思ったようで
お風呂に1人で入れなくなってしまったのです
冬季はナンシーズンも入らないでいました。

そんなお袋さんの為に、バランス釜の四角いバスタブの立ち上がり
が高いのでと、バスタブの低いホールインワンへすれば
入りやすいだろうなと、リフォームしたんだが

お風呂介助で、シャワーだけだったそうです。

そして、当方がこの8月13日の母親の付添から
10月すぎまで、好き放題オフロに入っている

まるで、リフォームは姉や当方のためだったようです^^;

そのお風呂も解体工賃32450円で撤去となる。

0

付添からずっと流してた曲と映像

 

この音楽を聴くと
なんか、もう 死んでゆくんだよ
と言う観念で寝ているお袋さんの為に流していたんだが
なんかすごく虚しく寂しい音楽で すごく湿った音楽だなと思えてくる

もう 後戻りはできない 死へ進むしかない

そんな風景に流した音楽でした

当方選んだ音楽なので 当方の心の風景の音楽なんですよ

8月13日の夜から
母親が寝る介護ベッドの隣で愛犬ちゃんと雑魚寝して
夜通し鳴らしていた音楽

あれから2ヶ月になろうとしているが 死んだ人は、そこで永遠に止まってしまうが
まだ心臓を元気に動かされている人は、これからもどんどん前へと進んでいって
この今がいつか遠い過去へと変化してゆく

生きていれば、それからどんどんいまだ経験したこともないような事も
経験し 人生の侘び寂びと憂いと歓喜に満ち溢れたり

それが人生 それも人生 自分の人生に 花飾って

目には見えない 花を飾ってゆこう!

 

0

納骨~

遺骨の移動

実家の団地からおよそ6Km
野川の川のほとりをおふくろさんの遺骨を背負って
電動アシスト車で走ります。

 

遺骨用のショルダーバッグが有るが
かなりチャチでショルダーだとずれたりして 直したり
とにかく奥行きがあるので
愛犬用のスリングキャリーバッグのようにはいかないなと
遺骨の入るバッグを探してみた

 

中にケースを重ねて重さも加えてみた

 

 

これはやはり 前に来るようにしては安全運転ができなくなるので
必然的に背負う

実際、遺骨をいれて見た!
試さないと 当日アタフタと困るからね^^;

全然大丈夫でした!

納骨の日の前日、天気の良い日に遺骨を移動します。
当日だと雨降りの場合、まずいので
やはり、一生に一度の事なので天気の良い日に野川の川のほとりを
お袋さんの遺骨をおんぶして
それが最後のお袋さんとの別れとなります

今まで2度ほど霊園へ行っていて30分はかかるんです
遺骨の移動の場合は、慎重に時間をかけてのんびり散歩がてらに走ろうと思う

準備は万端

 

0