献身的なケア

昨日から 用意している水を飲まなくなったのですが
今朝のヘルパーさんがお薬を飲ませるためにくず湯を利用します。

多分このくず湯のおかげでまだ手に力が入るんだと思う
コラーゲンが入っているので肌艶も良いし

エネルギーが171カロリー

そして炭水化物41.8g

これでお袋さんは生きているんですよ

このヘルパーさんだからこそ飲ませられるんです

他の若いヘルパーだったら 飲ませられなくて
とっくのとうに お亡くなりになっていたかと思う

コラーゲンくず湯 皆様もいかがですか(‘ω’)ノ

 

0

週4回の特別訪問看護で4回目

丸々1週間母親の付き添いにきて、すべてのケアを見ました。
母親のすべての関係者に会いました。

これが最後の形 風景なんだろうと思う

実に恵まれたいい環境だと思う

年季のあるヘルパーさんが、お母さん安定しているから
息子さん帰ってもいいですよ!
と言ってくれることに対して

本日来た看護師さん2名にそれを話したら

渋い顔をして首を横に擦りました
やはり違う 医療とヘルパーの違い

水王の破れ傷、これはもう治らないです
かさぶたはできないので、傷の表面が壊死して剝がれてくるそうです
手術で傷の表面を削いで移植などの方法があるが
何分もう寿命でやったとしてももっと苦しむこととなるので
それを避け、寿命まで看護師のケアで行きます。

介護5での割合もギリギリなので、特別看護の4日からを時間数を見て時間数を見て
2日にしたりすることとなる

1週間、配食の弁当は一切食べず 濾過した水道水のみ
たまにヘルパーさんたち2名、ヨーグルトを食べさせたり
味噌汁を飲ませたり 少量だが、食べさせてました。

二人とも献身的で素晴らしいです。

看護師さん2名で 全身の傷のメンテナンス
傷を保護するラッピングが足らないと当方が主治医のクリニックまで
取りに行きました。

クリニックまで歩いて1直線です 駅まで7分だから8分くらいかな?

 

 

 

 

今更なんだが 雑然としたところを片付けました。

 

ヨーカドーにある100均で

ほんと今更です
1週間寝泊まりしたから片付け方が浮いてきたというか
100円の入れ物4個買っただけ

今日は主治医が診察が終わってから
往診に来ます。

今日の往診によって 母親まだなだまだ生きているかどうか?
これは医者でもわからないですよ 神のみぞ知ること

看取りまでずっと付き添っています

途中で戻るのは愚かすぎですよ

来たからにゃ 最期まで見とどける

雨にメールをしているんだが

当方は、姉に切れて怒っても すぐに冷めます

しかし姉の方が完ぺきに精神が逝っちゃっている様子で

送信メールは既読になるが 一切返答はなし

そして、来るつもりがないような感じがする

弟の当方を無視してはこれないだろうに

それでも、当方は姉に 親と向き合うなら今しかないとよ

真夜中母親が寝ている顔を写してメール送信

泊まりに来なと、寝るなら母親の隣を推奨する と

来たらナナちゃんと戻るから

当方は姉を救いたいのです

生きている間に母親のそばに

15:25分今撮影 これを姉にメール送信

お袋さんは、当方を息子だと思ってないです
自分の両親の名前と兄弟の名前しか覚えていません
戦前の記憶ではないかと思う

当方は親の手を握ったのは記憶にないくらいだが

ま、いい思い出になるね

当方はいろいろとおふくろさんの面倒を見てきたので
この流れをアナログ式できているので、何の後悔もないです

親孝行の次元を超えてますよ

使命感で親を看ているので 姉のように自分はっていうのはないね

この後、味噌汁と 青りんごゼリー ヤクルト

味噌汁は具を残してずいぶん飲みました
青リングゼリー 完食

ヘルパーさん2人より 成績いいな~!(^^)!

息子さんだからって ことはないよ 息子の存在はないから

多分心霊パワーだろう\(◎o◎)/!

とうやら 姉が来るみたいだ

弟宛姉の名前で ゆうバケットが届いた

ユニクエスト

姉が来たらこの後は全部任せるよ!

 

0

介護5の母親のあれこれ~過去はもう語りたくない

水泡が破れた痕

看護師さん2名でケア

 

骨ばっている部分に大きな水泡ができ破れ
ものすごく痛いと思う

本人も、痛い痛いと向きを変えるたびに大変です

最初に尾てい骨にソフトボール大の水泡の破れがあったが
これを前のケアマネが放置したことで大掛かりなこととなった
と思えます。

放置といったが、まず頻繁にこられるヘルパーが問題視して
ヘルパー事業所連絡が入り訪問看護師が金曜日に入るのでその時に
ケアマネが同席し尾てい骨附近の水泡の破れ傷を確認

ここで止めていたんですケアマネは

そのあと、おむつカバーの件ですったもんだし
その時とのケアマネとのやり取りで
おむつカバーは拘束となるので禁止されているという話から
ついでのように、おかあさんのお尻に炎症がみられると
はじめて当方に言ってきたのです
そういうのもあるからおむつカバーはダメなんですと、ケアマネが言っていました
この尾てい骨の水泡の破れをおしっこでかぶれてしまっている
という解釈で、主治医に伝えてなかったのです。

過小評価です もしかして看護師から主治医に伝えたかもしれないが
過小評価でオムツかぶれ 軟膏でも塗るとか
当方の知らないところで会話をしていたかもしれないが

ずっと放置でした

当方は、このケアマネの動きが不透明なので
包括担当に言ってケアマネチェンジしていただきました。

お尻に炎症?もしくはかぶれ?というようなことを当方にそれとなく
話のついでで語っていたが 放置で

ケアマネがチェンジし7月30日付で今までのケアマネは終了というところで
新しいケアマネと7月28日木曜日往診の日におふくろさんの部屋で
契約書にサインしている時に、いつものヘルパーさんが
おふくろさんのお尻の傷跡を見せてくれました
ヘルパーさんが心配していたわけです ずっと放置しているので

ですから、当方が今までの女性のケアマネージにはには任せられまいと
それ以前に感じていて今回チェンジしたんです。

チェンジして大正解です

今の男性ケアマネの方が誠実でフットワークが軽いです。

前のケアマネは56歳あたりかなと思うが、性質が温厚そうに見えるが
温厚なだけではダメなんですよ

当方は、介護などわからないのでケアマネさんにすべてお任せします
と言っていたのが悪かったか!
なんでも何するでも、当方に報告がないので
動きや流れが不透明でした。

マスクなしでもケアの件も、ヘルパー事業所に厳重注意今後再発防止
するよう注意してください!
と言っても、当方に報告が1か月経過してもないから、こちらから
厳重注意言ってくれましたか? と聞くほどです

言っておきました。でおしまい

それが3か月後に 再発したので、このケアマネは温厚で
厳重注意はしてないなと
現にまた違うヘルパーがマスクなしでケアをしていた。

この件厚生労働省へ訴えたらマジやばいと思いうけどね

こういうことが積み重なって 包括の担当にも相談したり
再発防止に実家の部屋でヘルパー事業所とケアマネと包括担当と
協議をしたが、

そして今度はケアのやり方を統一するための協議をしたり

そしておむつカバーの件

当方が前のケアマネを切りたがっていたのは

これまでに書いた事柄の他 何かと施設に入れた方がいいというのです。
つまり、返し言葉で言ってくる

爪が真っ黒で便が付いて固くなっていてその手でおかゆを手づかみで
食べたりして衛生上悪すぎで感染症を起こしかねないので
爪をきるように言うと、

施設に入れた方がいい 返し言葉です

施設入りをもうすでに1年前に話し合って経済的にも入所できる施設を
市の担当に探してもらっているわけです それを手配したのはケアマネ自身です
それを、当方にいちいち施設に入れた方がいいと言ってくるのは
もはや認知症入ったケアマネではないかと思う

実際 おふくろさんが入れる施設はないのですよ だから市の担当から
連絡が1年もなく放置、当方になんの連絡もない!

もう過ぎ去ったことを書いても、仕方がないが
ケアマネージャー 動きの遅いケアマネージャーはダメです
常に報告してこないケアマネは、やはり仕事がのろくて頭の中いろんな雑念が
あるから、忘れるのだろうと思うし 担当の居宅が多すぎるのではないか?
確かケアマネ1名につき15件?

抱えすぎで、フットワークがのろいのは当たり前だろう

このようねケアマネに任せてしまうと、寝たきり介護人の寿命は

短くなるかと思う
ある意味では長引くよりいいのかもしれないが

もう50歳代後半になる女性にはケアマネージャーは向かないのかな?
と思います。

男性の場合は、また女性とは違って痛みを知っているので
利用者の立場になって考えて動いてくれます。

当方、ちなみに女嫌いではないんですが

性質って 頂けない部分の性質って女性の場合共通するのです

今の男性のケアマネは、息子さんも体に気を付けて下さいと
言ってくれます。
確かに、今当方が故障してしまうと先々大変なこととなるので
言われたことを感じました

そして、利用者側を考えて言ってくれる人は
その人も健康の面で苦労した経験があるからこそなんですよね

動脈瘤で過去に手術をしたことがあるといいます
この病気は動脈瘤が破裂したら死亡に繋がる病気です。

人生順風満帆だととんとん拍子にヘルパーの経験を積んでから介護福祉士の国家試験をパスしてケアマネとなるわけだが
とにかく金が良いのです 女性が多いのは ケアに向いているのと
ヘルパー止まりではなくてもっと高収入への道へ進んで
生活に余裕を持ちたいって願望のある人が目指すんですよ

その思想が女性のケアマネには多く似たような女性ケアマネばかりが
集まっていると思うのです。

以前の件で当方懲りているので
この期に及んで、男性ケアマネージャーが速攻で決まったのには
驚きとともに成るようになるケセラセラ

かな?

今のヘルパーさん 高齢の方2名 とても優しいベテランのヘルパーさんです
ほんと人間性の優しさがあふれている方たちですよ
実際そばでケアをしているのを見ても、このヘルパーさん2名もソウルメイトです

こんな素晴らしいヘルパーさんは他にいないですよ!
だから、おふくろさんは甘えているし 信頼しているようです

30年の経験を持つヘルパーさんには おかぁちゃんというし
当方より10歳上のヘルパーさんはすごい献身的で
妹のように面倒みられている

だから、本当の兄弟や子供などよりも、毎日ケアをしてくれる
ヘルパーさんの方が本当の家族のようだと 当方は感じました

主治医が家族がいるところで行けるのは幸せなこと
と言われていたけど

家族はいちお形式的で

おふくろさんにとっては、優しいヘルパーさん2名が本当の家族
本当に人間味あふれる心の優しいヘルパーさんに遭遇出来て

本当に良かったと思う

介護申請への道 自宅で介護 どこも間違ったことはないです
むしろ おふくろさんの人生の順路です。

それを補佐したの出来の悪い不肖の息子です

ちなみに魂的には 当方が親ですよ(‘ω’)ノ

 

 

 

0

付き添い5日目

水曜日のヘルパーさんは、一番年季のある年配の方で、何度か会って会話をしています。

このヘルパーさんが言うには、もう配食止めたら良いですよ もう食べないでしょう 勿体ないからお弁当止めるといいですよ!

と、いわれていました。

水は自力で飲んでいるので まだまだ

大丈夫 いきなりは逝かなくて 徐々に弱まってゆくので 息子さんはいつまで居られるの?

の返答で

来ちゃったからには帰るわけには行かないでしょう

もし帰った先で死に目に合えなかったら

来た意味がないし、

ヘルパーさんのお姉さんで看取られた時は

水も飲まなくなり眠るように逝ったというので

水を飲んでいるうちは まだまだ大丈夫ですよ

もしかしたら、付き添いで側にいても

気が付かないうちに逝ってしまっているかもしれないですね

高齢のヘルパーさん二人には心を開いている様子で
会話が成立しています

看護師さんや若いヘルパーさんだと、痛いとか、やめてとか
いうだけ

ちなみに当方息子の場合は、あんちゃん これは母親の弟で長男

息子という認識はまったくない様子

おふくろさんの人生は、子供が二人いた時代が一番苦労した

時代だったので、その記憶が全部消滅されていうようです

つまり現実に辿ってきた記憶の領域にリミットを付けているのだろうと思う

姉にはメールで短く流れを送っているが返信は一切ない

上京してもホテルに泊まって2~3日 PCR検査をしてから

訪問するとぃつていたところから

当方は関知しません

来るか来ないか いつ来るのか 姉の判断に任せます。

 

0

死を待つばかり

息子が泊まり付き添いに来て4日が過ぎようとしている 配食の日に2回の唯一の弁当を一切食べられなくなりました。 水だけ自力で飲んでいる ヘルパーさんが味噌汁を吸わせて2口程度 でも他のヘルパーさんや看護師さんには 心を開いてないようすで、無言 言葉を言えば やめて~ 本人は痛くて仕方がない オムツ交換もやめて~ ヘルパーさんに当方がいるからか? 見知らぬ男がいるからだろうと 席を外す

 

0

スマホからログイン

今ノートはせせらぎ鳥のさえずりをながしているので

今ソファーに座ってスマホで日記ってるが、目だけをスマホから

寝ているおふくろさんへやると

当方を見ている

今日はお昼から看護師さん2名でケア

しに来ました。足の踵とか 膝 両側の腰何か所か水疱の破れた状態で

その面をみずであらってから消毒をし

半透明なシールで保護

体が固まっているため

向きを帰るのも一苦労だが 看護師さん2名手際よくやっていました

破れた水疱がかなりあるので見るの苦手でしたら見なくてもいいですよ!

と、言ってくれて、当方は、苦手です!

と言ったものの 息子だから見なくちゃだめですよねと、言ったが

しっかり見ました

お袋さんが今命をかけて頑張ってるのに

見ないわけにはゆかないです!

身体が悲鳴をあげているようでした

しっかり撮影しました

姉が来るはずなので 見せないとです。

今日も何も食べられない

食べたいらしいが 受け付けないようだ

弱っているだろうと思いきや!

ヘルパーさんの腕を捕まえる力が凄い

これ見てくださいすごい力

ケアで痛くて もうやめてー とヘルパーさんの腕を掴んだときです。

今夜も熱帯夜で愛犬の散歩はすぐひきかえしてきた

 

0

15日月曜日~実家にて

土曜日のお昼に、いつものように実家へ行き、ケアマネと
実家で会話をし、その夜に愛犬とタクシーに乗り実家へ
付き添い兼看取りに入った!
土曜の夜は台風の影響で大雨の中18時05分に乗って
実家まで25分~30分で到着した。

実家に近いところに住んでいていいね!
と思われるが
当方は長男なので、どこに住もうが実家まで自転車で行ける距離
以外、は住む場所は選んでこなかったので、タクシーで30分で
駆け付けられるわけです。

愛犬もおとなしかったです。

毎週実家へ愛犬を連れて来ていたので
環境が変わっても慣れた場所です 実際目が見えないが
匂いと感覚でわかると思う

癒し音楽

この為にノートを買って置いたので
これから活躍できます
て、今ノートで日記をつけているので Wi-Fiです。
見守りカメラがWi-Fiできるはずなんだが繋がらなくて
ランケーブル繋ぎです。

も~IH イライラする~~(´;ω;`)ウゥゥ なかなか沸騰しない
1200wとか使うと エアコンやらなにやらでブレーカー30w
飛びそうなので(;^_^A

これらは昨日の撮影ですよ

日曜日に主治医から直に電話がきて
これから診察に入りたいといわれるので、お願いしました。

急遽先生一人で来られて、もうお盆休み入っていた為
多分、普段の往診から外しておふくろさんの慢性腎不全の進行度
の記録として再診察されたのだろうと思う。

 

もうこの態勢で関節が固まってしまって
動けません
ケアでどうしても動かさないとならない時は、もうやめてと!
神頼みするように言います。
左側が新たに水泡が多くでき割れて、かなり痛いようです
動けないのは痛いのもあると思う。

先生が言うには、病院へ入院させて本格的な治療があるんだが
痛みが継続するために痛み止めを処方すると
余計に臓器に影響が出てさらに苦しむこととなるので…

当方が土曜日にきてから食事は一切していません
水をの自力で飲んでいるだけです

今本当に看取りの段階で、いつ息を引き取るか?
わからない状態です
ご飯も食べられなくなったら、もう数日の命ですよ!

餓死 でも死因は餓死にはならないです
慢性腎不全の枠内ですから

先生が、多分苦しまずに逝けると思いますと言ってくれているので
そればかりは本当にありがたいことです。

もし、痛くて苦しいようだったら、連絡してください
麻薬を打ちますので モルヒネ?

日曜日限定のヘルパーさん
お薬飲ませられなかった

なんか見ていると 普段も飲ませてなかったような感じ
飲ませ方を知らないみたいで

当方がくず湯で飲ませてますよと言ってあげて
くず湯を作ってきたけど分量がわからなかったようでした。

くず湯で飲ませるやり方は一番ケアしに来ているおなじみヘルパーさんの技量です。

土曜と日曜4食食べてない

 

水だけで命を繋いでいる状態だ

 

 

愛犬ちゃんスヤスヤ

土曜日焼き鳥買っていて
日曜日の分

当方の目線に 親父の仏壇

 

このコップで3杯 ^^) _旦~~

 

連日お酒を飲んでいるので
寝覚めが悪い

なにしろ、愛犬ちゃんがおしっこに起きるのは真夜中とか

ヨガマット マット厚さ1.5mm

今日 月曜 朝5時45分頃

 

愛犬ちゃんもどんどんよぼついてきた

 

当方の朝飯

 

0