少し振り返ってみると

お袋さんが大往生を遂げた日
当方は完璧に冷静な行動をとっている

そして、大往生を遂げたおふくろさんの側に一人でいたのはほとんどないです。
悲しみに伏せるということはなかった

なにしろ朝8時に高齢のヘルパーの来訪と
その後9時50分に大往生 当方が医師のように聴診器を胸にあてて
鼓動が聞こえず 手を胸にあてて死亡時刻を確認

その前に主治医へメールで間もなくですと伝え、また変化がありましたら
メールしますと伝え

主治医はこれから伺いますと

事前に主治医から顎で呼吸をするようになれば数時間後..
と聞いていた

すぐに仏壇へ備える花とお供え物とを買いに行き、その間におふくろさんが
ご臨終を迎えてしまったら、それも運命と思いながら花を買いに行ったのだ

そして間に合って
仏壇に花を添え御供え物を添えてろうそく線香を焚き

霊界へ向けて、おふくろさんをよろしくお願いいたしますと唱え

お袋に向きあい
呼吸の仕方を確認していた
顎で呼吸をしていると、次に無呼吸症候群が続き、これは人生最期の呼吸の仕方だ

数えるくらい

そして、息を吐き 呼吸が止まり 息を吸い 呼吸が止まりを繰り返して

息を吐いて、息をすることはなかった

ふと聴診器を思い出し 胸にあてたが鼓動が聞こえない 手を胸にあてても鼓動が伝

わらない

そして電波時計の腕時計を見て 死亡時刻確認

主治医にメールで今大往生を遂げました。ありがとうござあいます。よろしくお願いいたします。と伝えた

木曜日なので外来は休みで、多分往診されていたと思うが
すぐに来てくださり

死亡診断書を書いていただきました。
ぐっと泣きをこらえていたんだが、まるで発作のように泣きが込み上げてくるところ
抑えて 先生も鼻をすすっていました。
私どもも情がうつるんですよと言っていた玄関ドア越しの時

遺体のお化粧などですぐに訪問看護師を呼んで
すぐに看護師2名が来ておふくろさんの亡骸をいつも通り話しかけながら
綺麗にしてくれました

綺麗な外出着を用意して下さいと言われて、これでいいかなと?出し
外出着に着かえさせて

手は当方がおふくろさんの死亡後すぐに指を組ませたんだが
これはダメらしく、正装してお辞儀をするときの手の組み方
に直されました。

指を組むのはアメリカでしたね(;^_^A

当方は死亡後の母親の口が開いていたので、閉じるように顎をてで抑えたりしました。
ほこりや虫が入らないように

足の膝は まっすぐにはならなかった。

おふくろさんが目の前で亡くなったんだが、悲しみを感じる暇もなく

遺体を綺麗にしてくれている看護師さんに、葬儀屋の話をしたら

すぐに連絡先を教えてくれ、今連絡した方がいいですよというアドバイスで

すぐに葬儀屋さんへ連絡し 1時間後に来られ

ですから、次から次へと連携のように ヘルパーは帰って 主治医が来て帰って
直ぐに看護師が来て 帰って 間もなく葬儀屋さんが来てという流れで

火葬までの流れで、自宅だとドライアイスでも持ちそうもないと するアドバイスで

冷暗所 モアサポート武蔵野へ夕方4時には搬送車が来て搬送

当日の流れだ

昨日 今日 おふくろさんの生前を思い出すと 発作のように涙がでてくる

これは言葉に言い表せない気持ち 悲しみではない

昨日まで生きていたんだよね

という感じ

昏睡の状態も、ほとんどわからない

しかし、前の晩からしっかりした呼吸をしていた

これは、大往生を遂げるプロセスだったのだろう 前の晩にいっぱい酸素を取り入れて
心臓停止に備えて細胞へ酸素を行き届かせて腐敗を遅らせる

葬儀屋担当も言われていたが、お袋さんの肌が綺麗でつやつや
90歳過ぎのおばあさんには見えない
綺麗な死に顔をしている

誰もがそう言っておられました。

いつもお世話してこられたヘルパーさんもやってきて 最後のあいさつに

こられました ヘルパー事業所の責任者も 駆け付けてきて

まだ生きているような顔をしていると

全部当方は見てきて、そして現在もおふくろさんの部屋にいて

この部屋3DKにあるすべての家財道具と遺品の片づけをしないと

ここから出られない(;^_^A

だから当方は、息子としての義務ではなく 親の看取りは使命だと感じて

それを意識して来たのだ!

まさしく使命

霊界からの係員です\(◎o◎)/!

 

父33歳では事故で死亡
当方が生まれたのは
父が傷害致傷罪で1年服役していた頃の親父の自問自答する細胞などのDNA
を受け継いで出所した頃の種付けで生まれてきた息子なので
当方の人生は自問自答する潜在的なものが備わっている

つまりそういう畑を選んで生まれてきたのです
とにかく、何が来ても 前へ前へ進んでゆかなくてはならない

前進あるのみだ!

 

今姉からメールが来て
…………………………………………………………………………

無理 遺品整理は母も業者さんを頼めば良いと言っていたし
showが遺品を整理して供養をしたいと思うのだったら
してあげることは、とっても良いと思います。

…………………………………………………………………………

これは妄想だね!
もう他人事になっているようだし
ダメだこりゃ!
49日や納骨はどうするのと? メール打ってみた

火葬の時姉に会ったが全く普通に見えるんだが
西宮に戻ってメールのみの意思の疎通だと やはり病気だなと思うんだが
姉とはメール限定の会話なのです それこそ病気だね

遺品整理を業者任せにとか

昨日、当たな納骨の場所をここ良いかな? と姉に教えて
一緒に見に行かない?と聞くと 決めちゃった方が良いとかいうし
決めるのは見学に行ってからだよ!と 当方は当たり前のことを言うんだが

姉はこんな面倒なことさっさと決めて終わらせてといわんばかり

ありえないよ

姉と二人で母親が入る霊園を見学して納得したうえで納骨って
まったく普通の事なんだが

それを望んでない姉ですね 坐骨神経痛のせいにして

この人は最初から最後まで自分の為に動いてるんだな~

しかたないね 病気だから

で、少しでも諭すような言葉を送ると もう返信なし

ほんと空しくて仕方がないよ!

当方も早く この期間を通り過ぎたい!

でも、当方は母親の為に最後までしっかり送りますよ 天国へ

それが使命なんだよ

もう 姉とメールしあっていると 溜息何度も出てくるよ

まるでAIプログラム

0

大変っていうレベルではない!

本類は少なくて古布、と一緒に水曜日当日団地の1階で回収されるので
前の晩から搬送ができる

搬送ができれば、アッという間に片付かる

第一回目の粗大ごみ 10点 すでに予約をして粗大ごみ券を貼ってある。

 

 

ブルーの燃えないゴミは全部茶箪笥の器

 

第一回目の粗大ごみ10点 16日

 

 

第2回目の粗大ごみ 1軒につき10点まで
まだ3点ネットで予約を取っている 23日

 

 

鍋類は燃えないゴミ

 

キッチンの納戸 手つかず

このタンスは第2回目の粗大ごみ 中身はカーテンや衣類品で
衣類品は今週はじめて半透明の袋にいれて水曜日に出す予定
1袋45リッター100枚 本日配達

衣類は常用していた衣類から遠いものから処分してゆこうと思う
常用に近い母親の遺品は姉が来てからご供養してからの処分を考えている

 

テレビ台の中身 整理済み

 

 

チェストというか? 小物入れ 整理済み

ソファーはジモティで今夜3千円で販売 引き取りの予定

 

 

6畳間の押入れ 天袋の中 手つかず

 

3畳間の押入れ 天袋 手つかず

 

 

システムキッチン 整理済み

 

 

少し残っている

 

洋服箪笥 手つかず

 

 

桐のハンガーラック 手つかず

 

 

4畳半 全部手つかず

全部処分

 

 

 

四畳半 箪笥 手つかず

箪笥は粗大ごみ 衣類は水曜日に搬出

記事のタイトル通りでしょう(;^_^A

これ当方、ほとんど一人で処分する

姉が、今頃のなって 実は坐骨神経痛だという

自分のさやに戻って もう遠い過去になってるのかな?

当方も腰やひざが痛いが おふくろさんも全身の痛みを超えての大往生

実は坐骨神経痛で痛くて..

姉は 自分をもう80歳代のおばあさん だという

一番大切な時にしり込みは情けないね 自分を20歳も年取らせてどうする?

 

また、納骨の 樹木葬 仙川へ見に行ったが 嘘だらけ

普通の小さなスペースのないお寺さんの墓地の隙間を埋めるように
一画を設けて狭しと樹木葬と謳っているだけ

がっかりしました。
あんなところに92歳まで生きたおふくろの骨壺を入れられないよ
しかも一人用はほねを粉にしないと入らない

13年後に 共同納骨というか 骨の粉を集める場所に入れるだけ
境内に埋葬って イメージ良いが まったくそういうイメージではない
土に撒いてはいけない地域だとか 説明を受けたが、

それでは自然に返らんだろう  うそばっか NPOのやること魂がないね

そもそも樹木葬って新しい墓のビジネスなのですよ
NPOが普通のお寺に絡んでビジネスを起こしているってわけです

スペースの足りない墓地の植え込みとかのスペースを利用して樹木葬と謳っているのです。

樹木葬っていうのは、昔あるお寺の住職がスペースがない墓地に樹木を墓石に見立てて
埋葬したのが始まりだとか
そこをビジネス化したのが樹木葬、永代供養込みで100万円以内で納骨が済む
13年後のは他の人の骨と混ぜて遺族が放置しても無縁仏とならない仕組み
いわゆる共同埋葬でお寺が管理

人間死んだら 骨になるけど 骨には魂は宿りませんよ!
おふくろさんはもう速攻で霊界へ逝ってます

遺骨の側で寝ているけど まったく霊を感じないですよ

 

一人でやるには大変だが
体力的に無理しないように 処分してゆけば大変なことはない

なにしろ回収日が決まっているので、それまで袋に詰めたり粗大ごみ券を
買いに行ったり

と、余裕で処分ができます。

強制退去にはならないので 3DKを空っぽにできたら鍵の返却でその日が退去日です。

お風呂も13万円で出品しているが、買い手が決まらなかったら 4万円で処分
すでにJKK関連のお風呂屋さんと話が付いている

家財道具処分について まったく障害はないです。

納骨場所も、明日当たり葬祭場附近のところがあるので
見学の予約と取ります。

そこだと当方の部屋からは散歩コースなので、おふくろさんに会いたいときは
いつでも行けます。

薔薇園のような場所

ハイカラなのはお袋さん向きです。

 

0

10日目

お袋さんが亡くなって10日目です!
お袋さんが亡くなってから、少しづつ変化してます
当方、お袋さんの部屋に居ながらにして、変化させている

お酒は、やはり飲みたいです
このグラス2杯 2合 にしてますが
翌朝、体が重いというか? 毎度3時半に起こされて
5時には顔を洗います

愛犬ちゃんが起きておしっこするので、キッチンへ連れてゆきます
そして、床の水たまりを拭いたり 愛犬のお尻ティッシュで拭いてあげて
いつも、よしよしよし ルンルン♪と軽やかに拭いてあげて
よし~OKと放して上げると ご機嫌で微妙にしっぽ振るんですよ(*^▽^*)

いつも ルンルン気分で拭いてあげているので、ルンルンが伝わっている
んだろうね(*^-^*)

足も拭いてあげるので

ほとんど子供ですよ

ちょっとスーパーへ買い物行くと 子犬のように くぅ~ん くぅ~んと泣くし(;^_^A

でもね、全然うるさくないよ
こうしてPCに向かっていると
お尻附近に顎を床につけて鼻がギリギリ触れるか?の位置です

もう、いつもてんかんの発作がでないように神頼みしています
もう絶対に! そんな可哀そうな状態にしないでください

お袋さんが亡くなった1日から

なんか守られているような気がします。

お袋さんが最後まで使用していたダウンケット2枚を愛犬ちゃんのベッドにしています
お袋さんが寝ていた場所当方も愛犬ちゃんに寄り添って寝ています

当方はカーペット直寝だが(;^_^A

おふくろさんの写真を加工したり
遺影つくり

明日11日は樹木葬のお寺を見学に行ってきます
良ければ、申し込みます

良いも悪いも すでに決まってますよ当方が決めることではない

仙川の商店街1本道の先

愛犬ちゃんのお墓も確保します。

時々今までの風景が蘇ってくると うっと泣けてくるんだが
都営団地に住んでいると お袋さんの遺品のすべてを 処理しないとならない
3DKを空っぽにしてカギを返却したらもう実家は消滅です

心の実家は、お袋さんの遺影となります。

明日、住職に 位牌なし 今まである親父の位牌など弔い収めをして
位牌のないスタイルにしたい 遺影を飾るメモリアルステージで
親父の写真とおふくろさんの写真とマリア様とというスタイルとしたい

聖母マリア像は当方死ぬまで所有したい

マリア様に手を合わせるのがごく自然なのです

やっぱり女神さまっていうか、その美しさに惚れますね~(^。^)y-.。o○

どうせ手を合わせるなら マリア様~~♡

当方のツインソウルに似ているんですよ

髪の長さも同じだし

マリア様は多分恋人目線です\(◎o◎)/!

冗談はさておいて

本当に愛犬ちゃんを守ってもらっているような気がします。

公園へ連れて行っても もう 前のように駆けられないけど

部屋でまったりしているから、なんか年相応となったのかな?

まったりした時間で過ごせるのは感謝です💖

0

燃えないゴミ

見えるのはシーツに隠れているのは陶器類です 10袋
愛犬が怪我をしないように

まだまだ序の口

大変だね~と見えるけど
さして大変ではない

みな軽い物でごみ袋も大き目LサイズとLLサイズ に収納するだけ

搬出は、

本日配達

これに入れて、エレベーターでゴミ置き場まで搬送できます。

手運びだったら骨折れますよ~~(*^^*)

遺品の衣類関係も楽勝 1Fフロアーは古布 古紙など水曜日回収で火曜日に集められるようになっているので
ほとんど楽です。
産廃業者任せにしたら数十万円かかるところ 粗大ごみ券で3万円超えるかな?

もうすでに、ダイニングテーブルは無料で引き取りに来たし
玄関の靴箱の中の靴は本日全部燃えないゴミに出しました

ただゴミ袋に詰めたのではなくお線香を、焚きながらですよ
それしないと供養にならないからね(*^▽^*)

お線香1本 靴箱の棚に置いて ゴミ袋に収納しました。

2足だけを残して
その2足は、当方がアマゾンで買ってあげた靴でそれを履いて
車いすで病院へ連れてったりした

思い入れのある靴2足

姉が来てから最後に処分します。

やはり思い入れのある遺物はそう簡単には捨てられないね

衣類とかも、姉が来てからお線香を焚いてからスタートします。

0

整理開始

家具の搬出用台車2台

これがないと、何もできない!

 

ブルーが燃えないゴミ 下が燃えるゴミ

燃えないゴミは 茶箪笥の中の陶器ガラス類

まずキッチンから空っぽにします。
ダイニングテーブルは、ジモティーで無料掲載 商談中

少しでも売却と言いたいが、時間がかかるので 0円だと飛びついてくるからね(*^-^*)

このゴミ袋にしてっも結構な出費です

しかし、遺品整理に業者は使わず、当方1名ですべてご供養させてもらいます。

道具さえあれば わけない(^^)v

当方、若いころから50歳あたりまで重労働 高所作業員で
現場監督も経験しているし

解体業も経験している
そして、こんな感じで 遺品ではないが あるマンションの建て替えで

立ち退きがあっ、立ち退かなかった住人は 強制退去勧告を受けて
当方派遣で そこへ行って家財道具のすべて作業員2名で全部産廃として

出したことがある

2階の冊子窓を外して ベランダから下へ投げるんですよ

分別してないんで、お金も 未使用の品物もっすべて破棄

4畳半の部屋が物置小屋になっていて蛍光灯の天井まで物が積みあがっていた
しかも家電も購入して開封しない放置といのがほとんど
産廃業のトラックの運転手は積み込まれたものから宝探し

仕事が終わって その家の奥さんからご褒美として日本酒 八海山や高級なお酒3升
頂いたんだが

よく見ると5年前のお酒
お酢になってんじゃない?
当時、世田谷の大工道具センターの産廃用コンテナに全部破棄

無断で破棄(;^_^A

そういう経験があるので、確かに一人は大変だが、ノウハウもっていっるので
納骨の日までには3DKは空っぽにできます

面倒なのは親父の位牌関係 当方の部屋からも親父の先祖代々から親父の位牌
実家のと合わせて3位牌あるので
納骨までにはお寺さんで魂を抜いてご供養させていただきます。

いわゆるお袋さんと親父のお先祖代々は共存出来ないので

両親とも位牌を作らず 仏壇は処分して メモリアルステージに写真を飾って
マリア様と共に飾ろうと考えている

日本のしきたりでは、何かしら仏教国なので宗派とかで位牌とかあるかと思うが
位牌に魂が入るわけがない(;^_^A

遺族の思い入れのある所に魂はくるんですよ!
ですから遺影でいいのです。

名前書いた位牌なんて、だれのための位牌なの? いつまでも
嫁ぎ先の苗字を背負わせていいのかな?

てことです セカンドネームのみで良いのです

それを標記する意味は? あんまり無意味ですよ

その遺影は誰なの? って名前がないと分からないとか  おかしいでしょう
名前は拝むときにこころの中で言えばいいし 子供が母親の名前を
言うはずないし(;^_^A

お母さん とか ですよね

ですから位牌は無用なのです。

とにかくおふくろさんんの人生劇場は完結したので 整理をして

軽くしてあげなくてはなりません

 

 

0

お見事

晩酌時間に、酒を砂肝の既製品とで飲んでいたら

ついつい飲みすぎてしまったようで

多分 もうやめなさいと

下唇を思いっきり噛んでしまいましたm(__)m

切れてはいないんだが、横一文字に内出血

 

0