お気に入り

Martin OM28Vです。2013年仕様
ところがですね、Mahogany材の伐採が進んでしまい、規制がかかったことで
昔の、ブラジリアンローズウッド、別名ハカランダ
ワシントン条約により、伐採禁止、輸出規制
ということは有名な話ですが、それが、良質なマホガニー材も同じ羽目になってしました。

木材は、黒檀にしろ、ローズウッドにしろマホガニーにしろ、高級木材です。
大手ギターメーカーにとっては、最悪な時代を迎えることになります。
今まで良質な、マホガニーやスプルースローズ・ウッド、エボニーという設定で
ギター作りをしてきた
高級木材を使用して高額なモデルを販売してきたので

マホガニー材に規制がかかり材料にできなくなると、代替材ということになります。
しかし、マホガニーよりも劣る木材ですと

商品の価格は下げなければなりません コストダウン、新しいラインナップで

毛材の代替え品ですと、材質のクォリティーを自信を持って謳えません
世界のMartin社も

2000年以降ネック材などのマホガニー材に代わるネック材に「セレクトハードウッド」
と表記をされたネック材が見られるようになりました。

「セレクトハードウッド」って、何の樹ですか?
ハードとは? 硬い ウッドは木 セレクトは、選択=最適なものとして選んだ硬い木
ということのようで
マホガニーという木材やローズウッドというわかりやすい材ではなく
その時ストックできた材でネックに使いますということらしい

実は現に、今回当方が購入したギターは、2013年製の個体ですがネック材はマホガニー
なのです。
しかし、同じ年代の同じ個体はセレクトハードウッドでした。
こういうことなのです

マーチン社の製造云々で、材に左右されないようにラインを稼働させるには
今ある材で製造する

ネック材は昔からマホガニーですが、これを基本として、マホガニーがあればマホガニーを使い
ない場合は、その代替材で、ネック材に的した木材を使用する、それは正確には何処で取れた
何という木なのかは非公開で、選択した木材を一色単にセレクトハードウッドと表記で取り決めしたようです
コストは下げてないという意志で定価も変わらず
ネック材は実際みれば、マホガニーだけは見てわかりますが、代替え材はわかりません

2013年製 OM28V ネック材マホガニーです。
ただし、1本もののネックではありませんネックの中央から接着したネックです。
マホガニーが規制がかかっていて希少な材ですので、理解できなくもありませんが
昔のハカランダ同様です。

ですから、マーチン社も低コストモデルを開発して行かねばならなかったわけです

つまり、従来のDシリーズ看板モデルなど材質がコストダウンし定価が変化しなければ
ユーザー離れが発生してゆくだろうと
発生しても、新しい低コストモデルで穴埋めしておけば、経営には響かないだろうと

マーティン社はやはりMartin看板モデルのD-28などのユーザー離れを食い止めるがごとく
ビンテージ仕様へとモデルチャンジをしました。
もはやスタンダードとは言えないD-28だが
マホガニー材の規制からセレクトハードでユーザー離れさせないための苦肉の対策ではないかと思う

かなり深刻な問題を、あえて「セレクトバードウッド」という昔でいうとシュールな
発想で丸め込もうと云う算段ではないかと思います。

目に馴染むマホガニー材

セレクトハードウッドは、マホのような胡麻のような点が見られなくて
量産の低コストギターで使われる、マホの代替材で、NATOという材がありますが
にてると思います。
これが実際NATOだったらもう質感もなく楽器の木材としても高級感がなく
そういうモデルに40万円も出せませんよね

樫の木とか言われた方もいましたが、樫の木は硬すぎて加工しにくいのです
せいぜい庭のウッドデッキが良いところです。
樫の木の板に普通の釘は打てないんですよ硬すぎて

当方昔、ウッドデッキ用の材で樫の木ですが、余ったものを貰って持ち帰りましたが
硬すぎて使い物にならなかったのを覚えております。

 

ネックの太さは、D35よりもしっかりしていて当方は
好きです。
しっかりしたネック

実は、当方はこの形式のペグは好きではないんですよ
普通のグローバーのほうが良いです。

高額なギターなので、チェンジという訳にはいかないし^^;

これ側板ですが、ローズウッドらしからぬ模様ですね

これが普通のローズウッドですよね

上部の側板のローズは産地が違うのだろうとおもう

 

 

ビンテージ仕様なので、普通のプラスチックではありません「アイボロイド」
といって、昔のセルロイドのような材ではないかと思うTUSQともいわれるようですが
プラスチックと違い硬いので割れやすい
戦前仕様ですからね

 

板の方のセンターラインはシールではなくて装飾で5mmくらい埋め込んであります。
定価40万円以上するモデルですので、シールはありえませんね

 

 

このインレイはドレッドノートのHD28Vと同じですが
この部分に限らずボディ形状以外はすべて同じ仕様です。

当方はドットのほうが好き!

普通は12フレットにもポジションマークがあるんだが

OMVはないので、ネーム入りにシールでも注文して貼り付けようかと思う

 

この縁は、ヘリンボーンといいます。
00028ECもヘリンボーンですがOM28Vの方がハッキリしていていいです
どちらが高いかは00028ECの方が定価価格3万円高いらしいです。

あのクラプトンのインレイが3万円でしょうかね(^^)

OM28Vのほうが落ち着いていて良い感じです サウンドはピカイチだし

すごく気に入ってしまいました(*^^)v

 

このモデルをいち早くゲットしていたら
もう天秤にかけなかったでしよう
でも、今まで色々なモデルをゲットして体感できたので良かったです。

品がありますよね!

こういう高価なギターを選ぶ人は、ギターもソロとかやられる方がほとんどなので
傷もつかないのだろうと思いますが
それだけではなく、日曜ドライバーと同じで、土日2時間程度で

5年間経過しているのだろうと思う

トップにいくつか打痕がみられるが、スチームかければ打痕も平らになりそうな
その程度のものです。

フレットもほとんど弦の痕がないし

全オーナーの癖もついてないし、綺麗な個体でした。

やはりOMは買って正解でした。 求めていたギターに入ります。

 

0

話題がない

話題がないので^^;

この動画は、この前のビデオカメラで撮影で、音声もビデオのです。
スマホ音源とは違います。

それで、もうこちらの個体は出品しています。

全体的に、かなりいいギターなんだが
当方がどうしても譲れない部分

5弦の開放弦の音、やや3弦 鳴りがボンッ! という鳴りなんですよ
小ぶりのギターが良くなる音 YAMAHAのFGの小さいのでもそう鳴りますよね

だから、他の人だったらこのギターは高音質ですごく弾きやすく取り回しが良い
ギターで欲しくなると思うけど

5弦の開放弦はビ~~ンと音が伸びたほうが良い この形ではあまりないと思うけど
だから、サイズは同じでもスケールの違うOMの方が良いのかなと
OMはドレッドノートとスケールが同じなので

ドレッドノートのような張りと伸びがでるので

それの方が惚れるだろうと思う

とにかく惚れるギターが欲しい

それがあれば、J40も手放して、D35と小ぶりのアコギとYD304と12弦と
ガットギター Dynamic

 

 

0

弾き語り 自撮りカメラ OLYMPUS LS-20M

ギターの話、続編ですね(^^)

当方のビデオカメラ、弾き語り用ですが、弾き語り用とは、開発者が微塵も考えてないので
レンズは標準レンズで、至近距離 ビケおカメラからギターまで80cm
もう~顔出しNGの人には好都合です^^;

だけど、新しくギター買ったんだよ~ 見て欲しいな~~

て、部屋が広ければ、後ろに下がって、はいこんにちは~はじめまして showで~~す

なんてできるんですが(p_-)

このビデオカメラは、レンズは広角ではないので、できないんですよ(ToT)!

購入当初でもレビューで、レンズが広角じゃないのがすごく使い勝手がわるいと
ありましたね

 

同じビデオカメラです!

そして、カメラの置いてある場所は同じです

基本的にノーマルだと、両手は絶対に映りません!

レンズの前に携帯用のレンズを取り付けての試し録画です。

 

 

これが魚眼レンズと言います。
お魚さんはこんな風に見えるんですね~~てほんとかよ?(p_-)

輪郭は屈折せずにハッキリきれいに見えると思うけどね
それは脳でレンズの特性を見やすく修正しているかもだよ

人間が単に魚眼レンズとみただけのネイミングだとおもう

すごいですね~~
携帯スマホのレンズに近づきました!

これはスマホ撮影です
やはりすごいね~~ 映像としては完璧です!

全部同じ位置ですよ

 

両面テープで貼っています。

 

 

しかし、スマホがこんなにも普及したおかげです

 

送料込み980円です\(◎o◎)/!

セルカレンズ iphone セルカレンズセット 望遠レンズ 高画質 魚眼レンズ 広角レンズ マクロレンズ 自撮り 9in1 ブラック

 

 

本日

0

ギターの話

今度はこちらの話

新品のように綺麗な個体です。
どうしようか悩んでいるんだが
普通の人なら、こちらを選んで使ってゆくと思う

前回の記事で、ずいぶん貶してしまったが、なかなか良いサウンドしてますよ
すごく弾きやすいし

ソロには抜群のギターだと思う
天秤にかけたのは、J40M

000は小ぶりなので、手を出しやすいし、サウンドも立ち上がりが良いので
指に弦が吸い付いて上手く弾けるような気分になるのです

いわゆる、スムーズに弾けるのです。

そうすると、天秤にかけて000を残してと、なると思うけど

この個体に惚れないんですよ!

実は、この前送料込み5千円で購入したYAMAHA ダイナミックギターの方が、ナイロン弦だが

良いボディ構成をしていて、高音から低音まで、かなりいい音だしていて
弾きやすいし
惚れてます。

 

当方の心に触れるギターです。 前のハシモトギターも低音が重低音をだしていたけど

YAMAHAの方は、ボディー内の響きが素晴らしいです。
この響きに魅了されるのですよ

00028ecはEmの弾きおろし、凄いサスティーンが利いているけど
ハイの方の響きがチープな音がでているので、抜けは良いんだけどね

YAMAHAの Dynamicは これクラシックギターではなくて、ナイロン弦仕様のアコギですからね

やはり鉄弦でも、これほどのクォリティーでないと所有してても詰まらないですよ

惚れるギターって、何十年過ぎても飽きないんですよ

いつも手にとって、その響きに触れていると癒やされるのです

当方など、たいして演奏できないけど、もうCmaj7だとな鳴らしてその和音のバランスのいい響きだけでいいんです 満足です。

あれは、多分 人が演奏しているCmaj7の音を聞いても癒やされるけど響きに惚れやしないけど

それは、ギターを抱いて右手でアルペジオサウンドホールから耳まで
体全体で響きを感じているから陶酔するんですよ

もう無心 無我の境地

よく自分のギターを弾く動画を見ていると、左指を力強く握ってるんですよ
これは不思議

必ず左手に力が入ってます
潜在意識ですね

今00028ecとかあるけど、OMのほうが良い鳴りしてると思う
Martinに拘らなければ、他のメーカーでもMartinを超えるモデルもあると思う

でもあまり高いと買えないし^^;

Martinでも40番代まだ未開だけど、Jはまた別ものですからね、またそこまでお金ないからね~
しかしそんな高級なギターを所有したって弾けないし 自分の腕と釣り合わない
からね
単なる所有欲や優越感の自己満足は、つまんないよね

YAMAHAのダイナミックギターで十分だね 似合う^^;

 

0

ストローク試奏

まぁまぁかと思ったが、やはりイマイチかな?

スマホ動画加工なしなんだが、少しフェイザーがかかってますね
なんでかな?

検索すると、同じ現象の方がいました。
当方の憶測だけど、原因は、いろんなアプリをDLして使用していると
アプリで共通のプログラムによってご動作してしまう、つまり干渉してしまい
ビデオ撮影音声に音声エフェクトが掛かってしまうのだろうと思う

それを改善するには、手作業で、インストールしたアプリを1個づつ削除して、確認しないとダメだと思う

なので、新しいビデオアプリをインストールしてみた!

 

これは当方が演奏しているものです。
以前、入手しての試奏動画です。

0028ecよりTaylorの方が良いサウンド出してますよね
0028ecは

あまりにも一般ユーザー目当てで大量生産していて
よく見ると、マホガニーのネックは1本ものではないのですよ
2本の棒を張り合わせて加工したネックです。

これで新品40万円以上するなんて

 

 

 

これ見てわかりますよね! 個体によっては割れが生じてきますよ
これだから、イマイチ鳴りのバランスがイマイチなんだよね

2013年製なんで、スタンダードはマホガニーの代替え材を使用していると思うけど
いろいろとサドルとか何度も交換していい音出そうと思ったけど、やる気なくしたな^^;

それと、00028ecはボディー内側板に割れ止の板が縦に貼ってないですね
ドレッドノートよりボディー厚が薄いからかな?

ということで、所有意欲がなくなってしまいましたね^^;

あまりこういう記事は書いちゃいけないんだが^^;

Taylorの114ceなんて7~8万円で買えるんですよ 0028ecなんて中古で安くても20万円以上します

Martinの2000年代はどうもいかんな~ でも中には個体差でいいギターはあるけど

ネットで遭遇は難しいです。

 

定価 4,799.00ドル

https://www.martinguitar.com/guitars/custom-signature-editions/000-28ec/

価格は412,493.86 

高すぎですよ

ネックの件、
本物のマホガニーとしか情報書いてないようです。
本物って強調しているということは(p_-)

そもそも、クラプトンのビンテージの000-42から、最初は限定で000-42ecを
製造販売したらしい461台のみの製造で、新品の入手は不可能
驚くほど人気があったので、一般向けに00028ecを代わりに第2弾として1996年に発表
それから現在でも製造販売している
クラプトン好きのユーザーの為のギターなのだろうね
そもそもは00042のビンテージですよね

00028にクラプトンのネーミングを貝の装飾で20フレット目に入れた
ecモデルということで、
こてはマジにプロのシンガーソングライターは使わないでしょう

何故かっていると、シンガーソングライターの人は、自分がブランドだからね(^^)

そうすると、自分用のギターを制作しないとです
YAMAHAでもやってるけど 高い
K.Yairiもやってますよね
フォルヒもやってますよ

この3社のサウンドの癖は似たような音出しますね
シャカシャカ ドンシャリ系

フォルヒやティラーはネックをボルトでジョイントしているので
振動伝達は抜群なんだが高音の音色が金属的なんですよやっぱ
ボルトを振動成分が通るのでどうしても弦の金属とボルトの金属とが増幅
されてしまうのだろうと思う

ボルトを樫の木で作れば良いんですよ
日本の宮大工にお任せしましょう

 

今の00028ecは1996年に発表だから
最初のモデルはネックも1本ものだったと思う
そうすると、こういう個体は実際に手にとって見定めないとダメだね

外見上同じに見えても、材質の内容が変化していてカタログにも情報は
ないわけで
1本ものか貼り合わせものか、の情報は公開しなくとも良いわけだ!

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t616898505

2000年以前に製造されたモデルです。
繋ぎ線が見えないので1本ものだと思われます。

時代の内容によって同じモデルでも内容が違ってきます。

 

 

どう違うかと言うと
明らかに振動伝達は変化すると思う
6弦の開放弦のサスティーンは抜群だが
振動を狭くした時に振動伝達の違いを波形で見たとしたら
驚くほど伝達力は接着部分で抑制されるのではないか

音悪すぎ
当方の良い歌声に合わないじゃん\(◎o◎)/!

ちょっと声若すぎですね^^; 還暦ですよ♪

これね、朝歌ってるので、声がかすれてないのです

何度か歌ってると、そのうち気管に触って咳き込んでカスレ声完了

 

D35の音聞いて分かつた
スマホの録音が悪いようですね

響きが抑制されてるから もそっとした音になってるようです

0

目覚め

目覚めると、こんな感じで当方の宝物が見れます(^^)/

まだ判断つかない

28ecとJ40
今天秤にかけています
ここまで来ると、自分に合うギター 必然性を求める(p_-)
弾きやすいと、アドリブで盛り上がるんですよ

J40の方は音に厚みがあって、立ち上がりはもそっとした感じだけど
音の広がりはドレッドノートを上回る

しかしよく好まれるのは、29ecのような音の粒が凝縮され輪郭のあると
バランスもよくコードストロークのカッティングも良い
ただMartinだとテンションが緩いので歯切れ良いカッティング奏法には向かない?
ギブソンの方が抜群にいかもしれない マホガニーサウンドが良いですね

28ecは、やはりフィンガータッチオンリーだろうね
現時点でサドルが低いのでMartin用のサドルを注文しようかと思う

今の状態では、サドルにかかる弦のテンションが少ないので低音部がでないし
ストローク向きではない

以前、Martin用のTUSQサドルを注文して取り付けたら加工無しでぴったりでした。

上の2枚、上が長年使用していたD35純正サドルで牛骨です。
この幅で弦高が低いのでMartin用のTUSQサドルを取り寄せて使っています。
下が、今回入手した28ecの純正
当方牛骨はあんまリ好きじゃないのでTUSQに交換したりしますが
相性があるんですよ

Martinなど高音質なギターに使うとしっとり感が損なわれてキンキンし過ぎてしまったりします。

黒檀のブリッジにTUSQのサドルだと、どちらの硬いのでTUSQの特性が出すぎてしまう傾向にある
ローズウッドブリッジだとTUSQは合いますね

YD-304にはTUSQは合わない というのは、TUSQにしていつの間にか少女はので出しのGの音がそっくりにでないのですよ!
ブリッジピンが黒檀でブリッジはローズウッド、これにサドルをTUSQにするとダメ
むしろ牛骨の方が良いかもしれない

注文しました。

 

 

0

ナットマウント式のオープンバックペグの失敗

SXN510V-06M-L3+R3 X-Gold

このオープンバックギアぺぐは、打ち込み式ではなくマウント式
マウント式っていうのは、ナットがねじになっていて、ねじで締めることで
よりヘッドにペグが固定されるので、音質もバージョンアップされます。

ゴールドなんですが、金ぴかのゴールドかと思いきゃ
まるで真鍮のような質感 Xゴールドってなかなか渋いです
以前、フォルヒD34を所有していて、これがMartin D28

の当時のビンテージ仕様だったので、ペグがこれに似ていて真鍮のような色していました。

少し表面がごつごつ感のあるオープンバックビンテージペグで、多分フォルヒのGOTOH製の特注だったと思います。

さて、マウント式ペグなので、ペグ穴を広げないとなりません
改造です Martinギターの改造ですよ(;^_^A

普通はやらないですよね!これに交換する人はまず少ないと思います。
当方は、鳴りが今以上に良くなることを知っているので


穴ほじっちゃいます(#^.^#)

 

表面の穴は広げてないです

 

Martinギターですよ~( ゚Д゚)

こうやって、ブログで書くと 検索してきて真似する人がでてくる(‘ω’)ノ

 

板柔らかいので締めすぎちゃダメよ! 少しトルクがかったらOK

 

ぎんぎらぎんより良いね!

 

これこそビンテージ風じゃないですか
このギターらしいですよ ビンテージシリーズなので
今までのペグが安っぽくて似合わなかった
ヘッド板も、磨いて艶出しました。 つや出した方が高級感がでてきます。
艶消しも品があるけど、板に見えないのですよ むしろ艶がある方が自然な感じです。

ということで、バージョンアップ大成功!

せっかく作成した記事ですが
お蔵入りいたします。

訳は、かかない方が良いかもしれない
しいて言うなら、Martin OM-28Vのサウンドのクォリティーが下がってしまいました。
て立派な理由ですが(;^_^A

 

なぜクオリティーが下がったのか?
多分材質ですね それ以外考えられません
材質は不明です。
振動伝達がイマイチな材質だったと思います。

どうクォリティーが下がったかは?
こちらのギターは当方響き鳴りに惚れて購入したのです
その鳴りが全体的に抑えられてしまいました。バランスは良いのでかなり演奏しやすいのだが
最初の惚れたサウンドではないので、ガッカリしました。
わざわざ穴を広げて取り付けたのですがエレアコ仕様のようなギターのようになりました。

しかし、家に余っている以前J45で使用していたグローバーのビンテージスタイル、ミルクボトルの金ぴかがあるので
交換したところ
惚れたサウンドが蘇りました。

どちらにしても、オープンバックギアペグはあまり好きではなかったので
流れ的にはGood\(◎o◎)/!

 

Grover 102GV Goldに交換で一安心 カッコ良さは同じですね(*^^)v

ビス穴がね見えちゃうんだが 補修はしない方がいいね
小さな花でも挿しておこうか\(◎o◎)/!

ビスを取り付けました。

やはりこの記事は、消すのをやめて、皆様の役に立ちましょう!

当方のように失敗しないように 失敗例です!

これは実際に取り付けて鳴らさないとわからないことなので
世界のゴトーと言えども わかりませんね…

ギターとの相性がわるいのだろう?
それを言ったらmギターを選ぶペグになりますよね ギターは世界のMartinでスタンダードモデルよりも上のギターですからね

 

追記ですが
GOTHOHに問い合わせても回答ありませんでした。
世界のゴトーといえども会社的にはそれほどでかくないみたいですね

ねじマウント式のオープンバックペグの材質はわからないが
こちらのペグはXゴールドです、Xとは、腐食を抑えるコーティングが施されているとか
多分金属に幕を貼っているので
それがMartin OMギターの繊細な音色が抑制されてしまったのだろうとも思えます。
国産にレプリカなどならさして影響がないといえば失礼に当たるかもしれないが
どちらにしても、高音質なギターがボロギターに変化してしまうので
仕様をもう少し研究されることを望みます。
ペグ穴ひろげてしまったのですよ 元に戻せません

できれば、マウント式で他のタイプを試し取り付けさせてほしいのですが

高価なペグなので、購入してまた音が悪いんじゃ やってられません

この当方の記事は、Martinギターのビンテージ仕様には凄く参考になる記事です。

 

 

1