都営のJKKへ申請した結果!

とんでもない回答が来たぞ~
以前減免申請の時の窓口で相談して名義人が亡くなった後の退去は半年の猶予があると
聞いていたんだが
それは、家族と同居の場合だそうだ! アッと驚く\(◎o◎)/!

単身者の名義人が亡くなれば、直ちにカギを返還しろ 49日まで待ってやる!
という都営のシステムで、49日までには3DKの家財道具、母親の遺品をすべて処分して

空っぽにして直ちにカギを返還

そんなの不可能です!とは言ったが マジ不可能ですよ

49日は何も遺品の処分はしてはいけません!
お線香は絶やさないように
というのが日本の文化でありいわゆるしきたりです

身寄りのない単身者ではなく、家族がいて遺品を片付ける それは、順をおってすることで

事務処理のようにはゆきません

喪主の当方の考えでは、49日はしっかりお線香を絶やさずに 遺品はそのままにしておきます。

納骨は多分1発で決まると思う おそらく何の障害もなく 納骨はできると思う

それまでに姉に来てもらい 細かいもの整理から初めてもらい

衣類などの遺品を透明なビニール袋に詰め込んで 水曜日の古着回収に出す

すべてゴミではなくて遺品ですからね 心を込めて整理することで供養に繋がるのです。

毎週水曜日に1階フロアに出すことになっているので、問題なく整理はできる

布団類は粗大ごみとして1回ですべて出す

当方は寝るのに布団は無用だからね(;^_^A

今でも直ですよ でも畳とカーペットなので最高な寝心地(^^)v

布団を出したら 家具類も粗大ごみとして全部 又は分けて出す

家電が残ります

ジモティーで無料で掲載すれば処分代はなしで 0円ではもったいないので

5000円から掲載

家電はかなりあります

姉は、この話を聞くと

業者に任せると1日で終わるとか他人事のように返信してきたが
もう一度言うがごみ処分ではなく、遺品の片づけなのです。
遺族が手で分別して遺品を整理した方が供養になるんですよ!

鍵の返却は、規定外でいいのです

既定通りにはしょせん無理なので

3DKの部屋を空っぽにしてから 当方が免許証とカギをもって返還手続きをして

完全に返還終了となるので、手続きを踏まないことには返還ができない

というわけで、何もあせる必要はない なんなら家具を置いといてもいいけどね

処分してねって(^_-)-☆

後で処分代請求してね なんてね( ^)o(^ )

姉は生真面目な奴だから アタフタしちゃうんだろう

JKKの職員さんは意外に人情派なんですよ 過去に何度も会話をしているけど
話のわかる良い人たちです 庶民派というのかな..

 

 

0

お線香を絶やさないように

49日の間は明かりは消さないように お線香は絶やさないように
するそうです。
分からないことばかりなので、ネットで検索しながらですよ

ちょうど良いろうそくがあったので綺麗にして使いました。

サイドテーブルでは窮屈だが
介護ベッドが撤去されれば、長方形のモダンなこたつテーブル
にするので、広くなります。

夜寝るときは消しますよ

 

0

49日までは

49日~10月19日 49日間は 線香を絶やさないようにする
部屋の片づけは49日が過ぎ納骨が済んでからだ

役所の届け出保険証などの返却は本日これからお悔やみコーナーで
各所案内を聞いてから手続きに回る予定

この時喪主に5万円が支給されるので申請書にサインして提出
多分、案内書のコピー用紙を頼りに市役所を回るだろうと思う

次に都営のJKKへの連絡で退去日が決まると思う

団地の自治会長のところへ死亡届を提出すると1万円くれるそうだ!

そして銀行へ報告 もう凍結されているか? 引き出し操作はしてないので
わからない

、死亡してから口座から引き落とししては、よくないが
禁止されているわけではなさそうだ

いわゆる相続のトラブル防止として、

3日の火葬の時叔母がお香典を家族分持ってきたが断った!
そういうのしたくないのっで
葬式も開いてないし、そもそも姉とで送り出し最後の別れをするつもりだったので

何度も断った 普通の葬式ではお香典を置くテーブルなどがあるが
そういうのなしで行っているので、頂けないと
正直お香典返しとかのしきたりは、当方やりたくないと

お姉ちゃんはどう思うと、振りました(;^_^A
そうしたらうまくなだめていた用です

うまく収まりました。

当方しきたりは好きではないんだが、納骨の時は坊さんにお経を読んでもらうか
最後はそこのお寺の坊主に読経してもらえば、形的にも納骨したな~と思うだろう

流れ的に見て、近くの樹木葬に決まればいうことなしだ!
愛犬の墓も購入するぞ!
樹木葬の墓は一人用 二人用 とあるが、当方は入らない
当方は誰にも知られずに どこかの山のご神体となってやるさ(-。-)y-゜゜゜

樹木葬は 13年後は骨壺から出して骨を粉末化し 境内へばらまくそうです

いわゆる、実際に土に返されるわけです なので
なので無縁仏にもならない

弔い収めもないので 子供に迷惑がかからない というのでNHKで紹介され
人気です

子供のいない夫婦など良いかもですね

13年後は一緒に境内に撒かれ土に返ります

樹木葬

 

0

愛犬の目の治療

今日は予約をしていた動物病院で愛犬の目の点眼治療の結果を
見せに行ったが、右目だけはどうも治らない
試験は角膜に薬品を付けて傷のある部分がグリーン色となるが

右眼球全部がグリーンとなる

これはもしかして前の動物病院で角膜保護の為にコンタクトを
取り付けていたじゃらですかね?
と聞くとわからない

コンタクトは取れてますか? と聞くと
それは前の動物病院で聞いてください! というんですよ

獣医なら見ればわかるだろうに

当方が試験で角膜に色が付くということはコンタクトは取れて
角膜全体に色は反応しているということですよね!?
という そんなの誰でもわかることを、ここの動物病院は、前の動物病院で聞いてくれって

良い獣医師では無さそうだね!
見た感じ獣医師には見えない ラグビー選手のような体格して
多分年季なさそう

最近、クリニックを経営したようなので

ここは完全予約制です。

前も、目を見てもらいたいといったが、うちはコンタクトは使わないので
診られませんと言ってきたんです

その後に、愛犬がしきりに目をこすっていたので
ここの動物病院へ電話して事情を言い目を見てもらうことになったのです

もう前の病院へは行けないのでと そこまで言わないと診てくれない

それで、抗てんかん剤は、常に愛犬は朦朧とした状態となって日々が
薬によって日常生活に障害があるのは、愛犬自身にあまりよくない

これならてんかんで死んだほうがましです

と伝えました。

すると 薬の処方を変えることもできるんだけどね などとほざきやがった
なら 最初から言えよ! てことです。

この期に及んでつぶやくな! 馬鹿垂れが!

これはやはり駆け出しの獣医と癖のある性質なので

もっと知識の深い獣医を探した方が良いかもね

とにかく近さだけが1番なんだが(;^_^A

今朝こちらへコメントしました。
相当詳しく返信してくれたが、当方の知識が追いつかない

コメットさんとは1歳違いですよ(^^)v

 

 

0

男はつらいよ!

姉は4日早朝から帰宅したが

当方は、付添いのままで、ここにお袋さんがいなくなっただけですよ
そのまんまです

ここで、泣き言は言いたくないので

とにかく当方の代わりはいないので、体を壊さないように
愛犬ナナちゃんの為にも

毎晩酒を飲んでます(^^)v

泣き言なんか言えないよ

だって 男の子だもん(/_;)

ナナちゃんだって一人だよ 一人で立派に生きている

当方のメンタルをカバーしてくれているよ

すごい役目だ!

あ、お酒はね 飲み過ぎません 2合程度 時々3合とか

糖質ゼロ プリン体ゼロ

例の樹木葬に電話して見学の7予約をした!

それがまた 11日の11時  もしかしたら即決しちゃうかもです

ここは姉がネットで見つけたお寺さんです

新規オープンで オープン前の見学です

見学して仮申し込みがある

場所は仙川 当方この界隈は地元でマイカーで走り通っている地域

おふくろさんもよく一人で行っていた町です

シルバーパスの事務所もここの町だね

今までトントン拍子で来たので、多分決まるだろうと思う

また、同じ区画に愛犬の納骨もできるので

愛犬のも購入しておこうと思う

それって理想的ですよね(*^▽^*)

だって、将来姉とか子供を連れてお参りに来た時に
かつての家族ナナちゃんも眠っていて向き合えるとしたら
素晴らしいことじゃないですか!

ちなみに 姉とナナちゃんが遭遇したけど
ほとんど忘れているようでした

当方が抱っこして、姉がまるで親と子供だねと

そうだよ、毎日離れないで生活しているから

本当に家族

最近ではスーパーへ買い物する時間でも

子犬のように寂しくてくぅ~んくぅ~んと泣くのです

目が見えないんので 一人きりと感じた時に不安で寂しくて
泣くのです

吠えるのと全然違って まるっきり子犬ですよ(*^-^*)

てんかんの発作がまたいつか起こると思うので

なるべくお袋さんの部屋の片づけを退去ぎりぎりまでにして

愛犬の発作に対応したいと思う

3畳間押入れを防音室にして愛犬の吠える声を遮音指せようと思う

夜通し吠えるので、だから布団類の処分は最後

そして季節はどんどん過ごしやすい季節となるから

発作もおさまるだろうとみている

JKKの事務の方が、退去までの猶予は半年といっていたので

来年の三月 桜三月散歩道

お別れシーズンで、実家ともさよならです

考えるだけで 胸が熱くなるよ

永代供養込みで年間6千円を支払う義務があるが

これは姉にやらせます

絶対

姉や孫たちが来れるように

だから その畑を作る役目は姉だ

当方は、国外に逃亡する(^^)v

人生爆発だ! 冒険家になったるで~~

 

0

母親を送り出ししてから4日目

精神的にもすべて安定している
今は当方の背後には

すべての因縁から解き放たれたおふくろさんがいます。

介護ベッドが引き取られてから
テーブルを置いてそこに49日間安置します。
納骨霊園は 姉が検索していて案内書を頂く段階で
近くの樹木葬

13年後には土に戻すそうで
墓石が従来のお墓ではなく小さな洒落た墓席に名前と絵がデザインされる

おふくろさんが好きそうな墓石
そして、実家から近いし 駅からも徒歩で5分

姉や姉の子供たち 孫がお参りしやすい

姉は一旦帰郷をし、心身ともに休んでから
再び上京し ホテルに泊まりながら 整理に入る予定

樹木葬の場所を姉と見学に行って決める
ほぼ姉に任せます。

おふくろさんの遺影も昨日姉が探し回って
当方が写真屋無料のプリントアルバムの中から
これ、おふくろさんも気に入っていた写真だと
飾ってくれました

仏具セットは、実は葬祭場からもどってきて
当方は葬儀屋担当の車で戻ってきたんだが

姉ははじめから人込みを抜けてきたので2mの距離厳守と
言われていて、実家までの送迎も避けて単独で実家へ行くと
叔母はここで引き上げ、49日改めてご焼香にあがるといわれた

担当の車に乗り込んで走る先で
まだ姉と叔母は会話をしていた

実家に戻ってきて姉が、来ないのでメールすると
今お茶を飲んでいる
おひるご飯どうするのと聞くと これから食べてゆくというので
当方はさらさらと済ませたが、まだ姉が来ないのだ

そして、

当方は、ただ戻ってきただけで何もしてない
花はどうする? とメールで聞いて 活けるのか? 置くのか?
活けるなら 花瓶

花は買ったという

では、ご焼香一式はどうしようか? と聞くと
父のを兼用すればいいのではと返信 着信する前に

お仏壇の長谷川へ 電動アシスト者で一式を買いに行きました。

当方戻ってきて姉便りで頭が回転してなかったところ
やっと発動した(;^_^A

親父の古いのと兼用してはダメですよ

購入して戻ってきたらろうそく立てがなかったので
配達してもらいました。
金の音色がやや太く澄んだ音色でサスティーンが素晴らしい
一番安いんだねど(;^_^A

これから霊になったおふくろさんに手を合わせて向きあう

今までよりも身近な存在になったと
当方たち子供はこれからの人生で感じてゆくのだろう

霊となったお袋さんは なんか 力がありそうで

すべてに関して好転してゆくように感じます。

希望としては姉の守護霊になってほしい

きっとなるだろう

姉からメールで お寿司を買ってゆくと

お寿司を買ってきた姉が

叔母と大國魂神社へお参りに行ってきたそうだ

余計なこと言わない姉のメールは片言(;^_^A

叔母との仲も心配していたんだ、どうやら女同士
また同じ姓同士
叔母に強く釘を刺していたのがよかったかもしれない
よけいなことは姉に言わないようにと…

そうそう 忘れていたが

当方の今後、実家の部屋を空っぽにしてJKKへ引き渡しするまで
ここで管理してなくてはならない
高齢の愛犬もいることで退去日までに家財道具を処分して
と、いちいち通ってられない

そして今使用するノートはすでにブラウザアカウントで
本体PCと変わりなく使用できるので
ほとんど部屋には戻らなくともOK  喪服取りに行ったときに
エアコンも止めてきた

1週間に1度ギターのチェックには戻ろうと思う

49日の間に申告し、退去猶予日が設けられるかと思う
月曜日は愛犬の目の治療結果を見ていただく
その時に 抗てんかん剤をやめたことを獣医に伝えようと思う

薬なしで死んでしまうならしっかり看取ってあげます。
麻酔では死なせませんよ

神が与える自然死です

公園の芝生で愛犬が喜んで元気よくしっぽを振って駆ける
この日々をたくさん与えてあげたい
まだまだ大丈夫だ!

発作が起こったら抱きしめて鎮まるまで見守る
それで、虹の橋を渡ってしまうなら本望だと思う

0

やはり目に見えないパワーでここまで来た

今は実家で落ち着いています。
母親も帰ってきました。

目に見えないパワー
これが本当にすごいことになりました。

みんなソウルメイトです

こんな偶然ないですよ!

火葬式に姉と叔母と当方で母親を送りました

最後のお別れに 柩の扉を開けて数々の花を姉と叔母と当方とで母親の顔の周りに
添えました。

 

1時間くらいで 現在は火葬の煙を出してはいけないので
昔のようなやり方ではなく
短時間で火葬されるようです

骨上げの時に担当の方がこの骨は顎とか背骨の圧迫だとか
かなり詳しく説明していただき驚かされました

担当者は素手ですべての骨を骨壺に入れて、喪主の当方が

骨壺を受け取り 挨拶をしたときに

姉がその担当者の名前を聞いたのです

すると、鈴木

え~こんなことがあるのかと\(◎o◎)/!ですよ

なにがだと思いますか?

葬儀屋の担当も鈴木

姉も鈴木 叔母も鈴木

当方だけが違います。

皆驚いていました

こんな偶然ないですよ

完璧なるソウルメイトの集まりです

この葬儀屋を当日教えてくれた看護師もソウルメイトです

縁なんですよね

今まで縁繋がりで 最後 1日 2日 3日と

コンスタントに流れていった

親父の仏壇から母親に関係する霊たちよ! と
しっかり送ってあげてくださいと

頼んだからか? 母親のすでに霊となっている家族たちが

働いてくれたのだろうと思う

 

 

 

0