勝ち抜き戦で

Martin 0018Gより
天秤にかけて残ったのはYAMAHA 201Sです
しかも、201S同じモデル2本を天秤にかけて
勝ち抜いた個体は、今所有している201sです。

この動画の201sです   これじゃない方を所有 色が濃いい方

同じモデルの201sでも手放した方の方が倍音はあったんです
かなり臨場感のある個体でしたが

なぜ、手放したかは?

それは、音色です 音の鳴り方

高音弦の音色に締まりがるか? 締まりがあった方が音の表現が伝わりやすい

弦の鳴る輪郭がはっきりしている方が良い
輪郭が広いとおおざっぱ?

軽いタッチでの弦の表現が繊細か? どうか?

Martin 0018Gもそうだったんだが、全体的に周波数が太いんです

つまり、音の輪郭は広い 繊細さには欠けるかな?

演奏でその繊細さを表現できないが、当方繊細さを感じることができます

とにかくアコギの生音が好きなので エレキは弾きません

とにかくギターの音色が好きなんです

これもう「普段使いで
なんか 他ケースに収納しっぱなし

これしか弾かないので

かなり実用

もうほとんど稀な事で、

45はいずれ手放すだろう~?形で
言ってみれば、当方のタンス預金の代わり ただ
世の中がコロナで経済悪化なので、掲載しても高く売れるような
ジャンルではなくなった

そうですよね、音楽全般がコロナの影響をかぶぅってきたので

楽器も簡単には売れなくなってきたのです

そんな趣味にお金を出す時代ではなくなってしまったわけです

すべての企業は低迷しているんだが

 

0

犬や猫の命の尊厳もステージアップしてないのに何がマイクロチップだ!

ペットの犬猫にマイクロチップ義務化?

マイクロチップには、飼い主の情報も多分デジタル庁などで管理される
と思うが、それはアメリカに筒抜けとなるんだよね

ペットの個別情報が管理されれば、そのうち国民もチップを埋め込んで
GPSで、今どこにいるのか? も分かってしまう時代となるんだろう

人間だったら、何処へ埋め込むか?
多分技術は進んで、マイクロチップはマイクロではなくてナノの域にまで
小さくできるんだろう

当方のイメージだが、それは1個ではなくて チップをバラバラにして
血中へ送り、やがては脳の中枢に止まり

機能を増幅する
個人情報管理止まりではなく、脳の中枢に故意に信号を放って
刺激を送り操作ができる時代

人間を外部からコントロール

というのも考えにくい事ではない!

現段階で、犬猫にマイクロチップを義務付けるのは、何のために?

阪神大震災の時にはぐれたペットたちが多く迷子になったからって

ただそれだけで、じゃ犬にマイクロチップを埋め込んでPCで管理すれば

迷子になってもGPS衛星で何処にいるか突き止められる とかで
動物愛護法を超えて、国をあげてそのシステムを導入するとか

別に導入する目的があるからに決まっていると思うんだが

世界でもいち早くペットにマイクロチップを埋め込んでいる、埋め込んでいないペットは輸入できないとか

こんなシステムを、デジタル庁のどこそこの管轄で、日本のペットなどの情報を管理、データベース化して
成功すれば、人間も簡単に同じようにデータベース化できます。

データベース化してどうするのか?
データをデータべーし化して管理するだけではなくて

先ほど語った、ナノ域のチップの断片を幾つも血中へ投入して体内で組み立ててチップ化する

それは、血液と共に体中を巡って、到達する先は脳

脳の中枢へ溜まってバラの部品が組みたてられ、チップ化完成

それでどうなるかって言うと 脳の中枢へチップから信号を送って人を動かす

SF映画のようだが

映画止まりであって欲しいです。

当方のイメージだと ワクチン ナノ域の目に見えないチップの部品をいくらでも注入ができるし
そんなことありえない!と思う人は そんなことがあり得ない証拠でもあるの?
と言いたい

当方が語っているのは夢物語ではなくて ナノ域のチップはすでに研究開発されてんですよ

最初から臨床試験のないワクチンを良く受け入れたなと 今でも当方は思っている

良く得体のしれないワクチン注射を血管に入れられたなと

本当に思ってますよ 当方は、いきなりだが団体生活って好きではないんです
だから、大勢の人が、今こんなことをやっているから自分もやるんだとか、という思考が無いです

反対に、大勢の人がやっていることに興味を抱かないタイプ 人だかりに行かない やじ馬にもならない

だからこそ、周りに惑わされないし、我が道しかない

血液の中へ薬とか入れる場合は、病気の為の治療なら理解ができるけど

昨年、生前のおふくろさんは十二指腸に穴が開いて(穿孔)という 緊急手術で輸血をしならがおふくろさん人生満92歳はじめての輸血

その後ですね、輸血をしたおふくろさんの人間性が驚くほど変わりました。
冗談言わないおふくろが、若いあんちゃんが言うジョークをかましてきたんですよ

20歳代です これは輸血のせいか?と思った

血液は、遺伝子 遺伝子核細胞に 遺伝的記憶が備わっているんですよ
血の持ち主の個性も記憶されているんです

それが、認知症のおふくろさんの寂れた脳細胞に若いあんちゃんの血液のDNAが作用して

満92歳のばあさんが絶対言わないジョークをかましてきたんです

当方は仰天しました\(◎o◎)/!

ある新興宗教では、血液は魂の物質化したものという教えがあり

過去に有名な物見の塔などでは、子供に輸血を拒否して死なせてしまったという有名な話があるが

多分キリスト教でも、輸血をしない人がいると思うと

する人は、生半可な信仰で、ご都合主義の信者なんですよ 神を信じてない

臓器移植などもってのほかです

最近何?5億円カンパしてもらって海外で移植って お金では命は買えないって学んだ方が良い

反対に命を汚しているんですよ

我が子の命が救えるなら 地獄の底へ行ってもかまわない

じゃ、ね 我が子がその場では命が救えたとして、代わりに親が地獄に落ちたとする

子供は親を地獄に落として、生きているって思っただけでも地獄ですよね

生きていたいとは思わない

そこには神様がいないからですよ

神の御慈悲にも遠人間の安っぽい煩悩 神様が最も嫌う私利私欲です

子供を救うのはお金ではありません

神様ですよ

神様を信頼できると、身も心も救われます 例えば、助けられなかったとしても
それはいずれはやってくる宿命で、その魂は救われるのです

当方本当に無宗教者でこんなこと語っているが、宗教など持たない方が良い
直接、心に神様が住んでいればいいしょう

教会や宗教って、独りよりも誰かと固まっている方が安心とか安定を求めてという事だと思うが

人がガヤガヤ集まり過ぎるとどんどん神様から脱線してしまうのが落ちなんですよ

人が集まるところに金は落ちるっていうことで

それを集めるようになってしまう

そこらに新興宗教の頂点に位置する人は、煩悩だらけですよ パートで時給を稼いだこともない

単に会社経営者だね 楽して金を巻き上げる

金持ちって それほど労働してない

真面目に働いても金持ちにはなれない 真面目とかの路線ではなく 商売うまい人は 言葉もうまい

口下手な人って 金持ちにはあんまりいないよね 社交性もないからね(;^_^A

誰のことを指してんだよ\(◎o◎)/!

 

興味深い記事がありましたよ

「人類総マイクロチップ接種計画」ナノチップとスマートダストの目的|NOGI|note

 

おまけ

またおまけ

だからね、ワクチンをするかどうかはご自身で考える いわゆる自己責任
というふにいわれているわけだから

こういう場合は、自分の胸に手を当てて、
度するべきか?
あ~ やらないことに尽きるって 答えが出てきますよ
だって確実性のない道を選んでも 不安ばかりが募るし、今までまったく健康な身体だったのに
人工的なものを体に入れて、体調崩してって 不信感がないのは人間性が壊れてますよ

健康な身体なら、元々抵抗力 免疫は付いてるもんです。
薬に頼ってしまうと 後が大変だよ!

薬がなくなつた世の中になったら 生きてゆけなくなる

0

喜怒哀楽

泣くのを我慢するのはやめよう!

やっぱり 無理に過去へ追いやることはできない

全部時系列で、看取ってきたので、もう脳裏に焼き付いているので
ナナちゃんの最期の4日間に触れると
亡くなるまでの時間は過酷な時間だったと思うよ

義理兄はが、大往生ですねとメールきたけど
返信ができなかった

動物病院で2時間も痙攣を止められなかった!
痙攣中は、まともに呼吸ができないんですよ
血液検査で、けっちゅ酸素がかなり減少するので

2時間も痙攣しっぱなしだと 脳へ酸素が行きわたらなくなったことで
全身不随です

意識があるのかどうか? 現代のそこらの獣医師でもわからない
でも、水を入った器を口に近づけて濡らしたところで
舌を出してぺろぺろしていたのです

水を欲していたんですよ

4日間、昏睡状態

これは、大往生とは言えないんですよ

4日間の前後、フードを食べてないし 水も飲めない

最後の日の朝、抱き上げて 膝に乗せて抱いていた時

もう低体温 身体が冷え切っていて

朝ウォーキングとかで、いろいろなワンコを見るけど

ナナちゃんと同じ個性のあるワンコはいないよ

後ろ足が亀さんのように がに股で歩く まるでチャップリンのような歩き方

高齢犬としての個性なんだろうとおもうけど

11月19日なので

年越したからってあえて過去へとか

そういう不自然な意思を持たなくて良いんじゃない

だって、ついこの前まで一緒に暮らしていたんだから

パッと亡くなってしまったわけで

いなくなったから また以前の孤独を感じなかった頃へとか戻れるわけないよね

悲しい時は、悲しい 涙が流れるのは自然な事

自分の心や気持ちを無理に抑えるよりも

自然でいいんじゃないか

そんな2か月やそこらで何事もなかったようにケロッとはできないよ!

本当に、当方の寿命とを分けて一緒に逝きたかったんですよ

 

 

 

愛おしさがとまらない!

正直に言うと
寝ているナナちゃんを見ていて
自分が小人になってそのナナちゃんのお腹当たりで寝てみたいなと

良く思ったりしていた

母のぬくもりと言うのかな?

 

0

2023年1月1日 元旦

もうずっと早朝ウォーキングをやっている

愛犬ななちゃんが亡くなってから
まぁ 悲しみを抑える為だけどね

それいらいずっと継続している

毎日継続していると、毎日継続している人たちに遭遇する

人それぞれ 生活の一部分となっている様子

当方も 今やめられない 憑りつかれた様に 毎朝6時40分に部屋を出る

 

今日は元旦ということもあって
日の出を拝みに集まっていた

 

この時間帯に来られた 一般人は
みてみて、とても綺麗と 逆光の芝を撮影

当方など毎日のように撮影している光景

この時間帯に来ないと こんな風景は撮影できないよ

 

 

 

 

当方が、朝自宅を6時40分に出発して

この都立公園に7時少し前に到着

7時になると、自動で管理からアナウンスが入る 犬の散歩の注意事項

リードを外さないように とか

30分おきに 同じアナウンスが入るようで

公園入し自転車を置いた場所から、ウオーキングスタートから

公園1周がちょうど15分

自転車を置いている場所から、2週目で30分

当方の体力では、もうへとへとです

3周目は、足腰のストレッチをしながら

50分には帰り支度

 

 

ウォーキングの後 そのまま母親の眠る霊園へ

 

 

 

多摩霊園の西門から一直線 東門へ

はじめて通るルートではなく

愛犬と良く通るルートだった

愛犬との散歩範囲は広く ありとあらゆるコースがある

多摩霊園内は。春先桜並木などは、素晴らしい道が開ける

母親の眠る霊園は、当方の住まい 行動範囲から
多摩霊園 西門から東門への一直線で結ばれていた!

 

朝陽に照らされて

前回、衝動的に行った時、この霊園の従業員さんに、この霊園の駐輪スペースで
遭遇し、時間外通用口を聞いて、時間外だったがお参りができた
今回も、まったく同じシチュエーションで遭遇し

時間外通用口の確認を取って、お参りしました。

お参りと言っても 何も持たず共同納骨碑の前で、おふくろさんの名前を言って
お参りにきましたと告げて合掌

前にも言ったが、共同納骨の場合、おふくろさんと1対1で、向き合うってことが

できないです。

しかし、それはそれでいいし 向き合うのは遺骨ではないから
自分ちのメモリアルステージに、おふくろさんの写真を数点飾ってあるので

いくらでも向き合うことはできるが
当方は、おふくろさんに向き合う以前に、聖母マリア様に感謝の祈りと
で、おふくろさんの救い 愛犬ななちゃんの救いを感謝する姿勢で合掌している

だから、おふくろさんやななちゃん直通で祈ったりはしていない

つまり おふくろさんやななちゃんの前に聖母マリア様がいるからだ

実際に、聖母マリア様におふくろさんとななちゃんは救われているからです

それを知るのは、他でもない当方自身が感じているのです。

これは、思い込みでもなくて もう時系列としての 流れ

他人には、理解できないかもしれないが

当方にとって、実際生きる現場でマリア様の奇跡としか思えない事象を経験して

これを奇跡と感じないで、なんとも感じない人は 天然の〇カとしか言いようがない

目の前で奇跡が起っているにもかかわらず、

なんとも感じてない人 つまり

神を求めない人には、神の存在はなし

神を求めるところには 必ず神の奇跡を経験する

当方は、正直 奇跡的な事は 何度もあります

何度もあると、目に見えない精霊などが 常に感じるので 奇跡でも何でもなく

日常の事として受け止めている、

開園時間前

 

午後

 

朝のコースから 実家へはそれなりなコースでスムーズなんだが

朝ごはんも食べてないので

一旦自宅へ戻り

実家だったところまで、自宅から自転車でおよそ50分

 

なぜ元旦に来たかというと
この木の根元におふくろさんの遺骨を散骨してるのと
愛犬の遺骨もおふくろさんの散骨の場所に蒔いている
愛犬とおふくろさんが融合されているのは此処だけだ!

散骨した頃は、木の周りにこんな雑草はなかったのだが

これは桜の木なので
春先のサクラの色どりをと思って、この木を選らんだのだ

 

 

上から3階め が実家だった場所だ 何か光っているように見えるのは
電力のメーターの上部に鳩避けにペットボトルを置いているからだと思う

 

 

 

 

 

 

ここから、戻るコースは いつも愛犬と 都立公園によって散歩している

 

 

 

自宅の集合住宅から望む富士山

 

 

0

2023 壮大な宇宙のオーケストラ

新しい年の幕開けだ!

当方が手塩にかけた動画

この動画を見る時は、スマホやiPhoneなどで見ないように
見るときは、PC画面 せめて21インチの大画面で見るように

近頃、この動画をアップして、無反応だった原因は

携帯端末がほとんどだったからでした

最初に作り上げたのは2010年あたりで、携帯サイトとかの走りの時代だったため
まだまだPC閲覧住人が多かったからです

現在は、もう

ほとんどが PC離れしてしまった

 

 

0

年越し

おふくろさんの遺品と一緒に年越しで~~す(*^-^*)

この半纏は、当方がたしか2018年の大みそかに持って行った半纏です

辛子色 九州は松田聖子の田舎で有名な久留米市

本場物の半纏です。

当方自身 おふくろさんの遺品整理に、これは処分できないよね

やはり、おふくろさんへの思いから
シーズンには着てもらって
しっかり 亡きおふくろさんの雰囲気が染みついた半纏

今、まだ喪主ですが(;^_^A

正月はないと言えども 年は越しますよ(^^)v

WEB拍手を ありがとう!

だれだわからないけど

よかったら コメントでも 気軽に投稿してください

神戸界隈は、当方の身内というか 姉の家族が散らばっているので

西宮門戸荘です。

姉はね、すでに精神が狂って来ているので

もし、当方の姪っ子たちがここみていたら

姉を大目に見てやってくださいよ

病気なんだから、。本人とはまったく関係ない

気性が

真面目さゆえ なんだよ

ここを理解して 付き合ってあげてよ けして見放してはダメよ!

当方は姉弟という先任者であって

君たちが、実の親 見返りのない愛で 母親を見るといいよ

母親を不幸にさせない

それは、常に母親に寄り添う事です。

この先 頼れるのは 子供たちですよ

母親に対して、惜しまない愛情

いつまでも子供目線ではなく

親をも「乗り越えて

親の人生を愛しみ 優しい気持ちで 見て上げられると良い

実の母親ができなかったことを

理解して、出来るような人間性となれば良い

そうできることで 母親を救うことができるんだよ

母親を救うのは 君たち子どもしかいないのだから

 

0

前だけ見てゆこう!

こうなったら、もう 前しかないね!
当方の人生 前しかないよ

前に進んでゆかなくてはならない!

悲しみの過去にいつまでも浸っているのはよそう

来年は、沖縄でも行って どこか定住ができそうなら 移住しようかな?

もう全然 フリー 身軽な身体\(^o^)/

縛られるものは もう何もない!

必ず 人生に花咲かせてやるぞ!

精神 意識を集中し コントロール

人生の目標を不確かなものから 確実性のある 確かなものへ

イメージを描くと

実際に その通りになってゆく

良いイメージも 悪いイメージもなんだが

極力悪いイメージは抱かぬように

自分にとっても 世界にとっても 良いイメージを抱いて行こうと思う

 

1

昨夜、気弱な高齢者一歩手前の当方が投稿した後に
連れ合いさんから携帯に電話がきた!

連れ合いさんと言っているが
それほど親しい間柄? と思われると思うが?
そうではないのです

連れ合いさんと、当方が言うのは、ブログとか発信をしている立場で
30歳から交流がある人を、連れ合いさん と言っているに過ぎない

正直、彼、彼女時代は、出会って3年未満ですよ!

男女の関係は3年未満です

であった頃の必然的な関係は3年を超えると~~

しかし、それがどうして、以後30年の繋がりが保たれているのか?

当方、正直に言うと お互いに お人好しでもある

当方の立場では、完全に切れて過去系に行ってもいい

その方が、自分に本当に良い女性に巡り合える意志が湧いてくる

交際30年過ぎた現在では

ほとんど付き合っていません

だから、今、ブログで連れ合いさんとか、表記すると 夫婦 内縁 とか
ご想像されると思うけど

それが全然違います!

30年過ぎも、未だに繋がっているのは、当方の人間性と、霊的な見解での
ソウルメイト

という位置なんですよ

正直、当方は、その真面目な思いを超越して好きな女と結ばれて

家庭を持ちたい!

子供を作りたい!

当方若い頃から、確かに普通に家庭を築き子供を作り育てたいと
いう、願望があった!

しかし、人生は、子供はできませんでした

当時は、子供ができて、出来ちゃった婚を望んでいたんだが

当方のオリジナルな人生では、それは叶わなかったことです

当方が望んでいたことをイメージしても、叶わなかったことです。

その連れ合いさんが言うには

以前、部屋で転倒し 片側の股関節を骨折し4日間身動きができなかった

その時に電話が来て、急遽自宅を訪問し 連れ合いさんの妹の所へ連絡し
来てもらい

救急車を呼んで、入院し  人口股間への手術を受けた

その頃に病院で、血圧が高いと 血圧を下げる降圧剤を飲むという習慣が身についた

それまでは、血圧が高くても自覚症状もなく過ごしてきたが

それ以後、自宅付近の 医院へ通って 降圧剤を処方されてきていたというが

ある日、突然に医院の院長から連絡が入り、血液検査の結果の内容で

血液が薄いと言われたという

これも、ほとんど自覚症状はないらしく

しかしそれを当方が聞いて、やばい!と思った  なぜなら

当方の母親が、慢性腎不全で慢性的な貧血が発症していて

自力で歩ける頃は、多分、ふらつきによる、転倒で 腰椎圧迫骨折をしている

1回目は、エスカレーターに乗る時 バランスを崩して 後ろへ転倒

この時スーパー内で、救急搬送されたのだ

そして2回目は、かかりつけの病院の前で転倒

この転倒の原因は、自律神経失調症によるふらつきからの転倒ではなく

重度の貧血によるものだった

健康な腎臓では、貧血にならないように 分泌物がでて貧血とならないよう

自然にコントロールできておるのだが

その貧血を抑制する分泌物が出にくくなると、貧血を起こしてしまう

これを調整するには、薬物療法しかない

腎臓が悪いとは、昔から連れ合いさんから聞いていて

若い頃に腎臓で入院の経験がある

現在74歳で、貧血を医師に注意されるとなると

先々は当方の母親のようなコースを辿ってゆくのかなと思う

連れ合いさんは74歳で、未婚なんですよ

ですから、田舎の先祖代々のお墓に入れるのです

唯一籍を抜いてないから 入れると言っていた

兄弟5人で、唯一末っ子の長男は籍を抜いているというのにだ

どうして、連れ合いさんに田舎の家をあげなかったのか

唯一母親の面倒を見てきていたのに

宮大工が作った大きな家も息子の名義になってから、朽ち果ててしまい

母親の供養 法要も7回忌から やってないという

この連れ合いさんは、帰省している時 妹と長電話をしていた時

母親がお風呂に入り 湯船に浸かったまま絶命し

連れ合いさんがそれに気が付き湯船から母親を引き上げて

人工呼吸をしたが、ダメだっいたという

経験を持つ

これは、娘たちへの批判がでてくるが

どうして、お風呂介助をしなかったのか、など

しかし、連れ合いさんが、毎週のように東京から夜行バスで新潟の田舎へ

行っていたわけだが

その娘がいる時に、亡くなったということは、ある種 恵まれていた

いない時に湯船に浸かったまま亡くなり 発見が遅くなると

身体はふやけてブヨブヨとなり醜い状態で発見されるのです

そうさせないように、守護霊など、周りの取り巻きの霊たちが

娘のいる時に と、いう運命を作ったわけです

その大役で選ばれたのが、籍を抜いていない次女で未婚の連れ合いさんだったわけです。

連れ合いさんは、祖母をも看取った経験がある

そして、若い頃の交際相手との死別と

そうとうな経験を持つ

0

テレビを消して 明かりをスポットライトだけにして

焼酎のお湯割りを飲んで見ています

もちろん 涙は流してます

とてもじゃないけど 立ち直れない

ナナちゃんに 会いたいよ

 

0

新型コロナ遺伝子ワクチンその感染予防効果?

当方はじめっから語ってますが
これは単なる表向きですよ

遺伝子 DNAの核への操作

人間を柵の中の牛にする為の人為的行為です。

つまり思考能力を低下させて、天才が発生しないようにする
あっち行けと! いうと 何も考えずに言われたとおりにする

黙れ!というと 一斉に黙り込む

DNA細胞核内操作となると寿命も書き換えることができます。

当方が語っているのは 陰謀論ではなくて 単なるイメージ

そういう当方は、ワクチンは一度も打っていません

自分の大切な体の中に得体のしれないものを入れたくないと言うのが本音です。

いわゆる 生命体は宇宙と一緒です

その大宇宙の中核に人工物を取り入れては、その宇宙の環境は変化してしまいます。

新型コロナという人口物に、ワクチンという人工物がセットで

人々の遺伝子の核を操作する 書き換えではなく 操作ですよ 現代の科学技術は
こんなことは簡単にできるのです しかし、実験を超えたことはなかったが

その実験を合法的にしかも受ける側は任意とし人類への付けんが実験が始まった。

ワクチンを受けるのは任意と言いつつ 厚労省が 首相官邸が CMでワクチンを薦める

 

当方 新型コロナが表向きに流行り出した 2020年まだ冬の頃

コロナ感染者と感染してない者と分けた世界にしてしまえばいいと語っていました

すべて分ける 街もわける 住んでいるところも分ける

分けないとならない時代に突入してきたのです

ワクチンの遺伝子操作のない当方などは、人為的にまったく汚されてない身体です

その未来は、どう変わってゆくのか?

ワクチンを何度も受けた者の方が長生きするのか?

ワクチンを打っている者同士で感染しあってますよね

感染第7波だとか

風邪ウィルスに似せたウィルスの研究所では 散布しやすい世の中となってしまっている状態

こういう世の中だからこそ 人がやっているから 自分も仲間入りするとか

真剣に考えず 安易に 流されていては それは 何かの操作で流されてしまう人です。

やはり、自分の考えを持って 正しく生きないとダメですよ!

自分の私利私欲ではなくて、例えば、周りに移さないようにワクチンをするんだとか

これは私利私欲です。

心を澄ませて考えて神様にどうするか? 聞くんですよ

神様はワクチンを打ちなさいとは言いませんよ

世の中のほとんどの人は 神様を信じない人ばかりです

ワクチンに逃げてしまった人たち

 

以下 紹介です。

 

新型コロナ遺伝子ワクチンの危険性について

新型コロナ遺伝子ワクチンの危険性について | 松本医院 (matsumotoclinic.com)

0