026184
[ホーム]



BGM提供
波の音





詩の掲示板 〜 珊瑚の浜辺

詩の掲示板です、何方でもお気軽に
あなたの詩を飾ってみませんか
リンクフリーですのでご自由にお使い下さい...
なお 著作権は詩の制作者に帰属し 詩の持ち出し転載は来ません 
詩の投稿以外のご利用はご遠慮下さい....

※  この掲示板の背景画は、朝 昼 夜 深夜と、お借りした画像が変わります。





 この掲示板のバックで聴こえる波音をプレゼント中♪
DLの際は、右クリック対象を保存。





bbsを設置しました。




[新規投稿] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]



涙腺崩壊... Rui                 2009/06/15(Mon) 02:01 No.120   


はらり、はらり…


いつから?


分からない、わからない


ぽろり、ぽろり…


涙腺が壊れて止まらない


止まらないの


理由すら流れてしまって


掬い上げようとすれば


掌からはらり、ぽろり…


また、零れ落ちる


あぁ、神様いっそ


この私も流れてしまえば、いいのに






懐想... 羽我野響希                 2009/05/28(Thu) 17:58 No.119   

言葉少なに 僕を見つめ
何をみているのか 僕にはわからなかった
長い髪を切ろうと 決めたのは
どうしてでしょう

あのまま永遠が続くと想っていた
変わることの無いこの日々のまま
僕たちも永遠だと想っていた
そんなわかりきった嘘をついていた

たぶん、きっと、いつか、どこかで
そんな曖昧を嫌ったのはまだ子供だったからか
大人になったからなのか
今もわからない

何処かで信じていたこの日々は
あっという間に崩れ去って
どれほど歳月が過ぎたのでしょう
この手を離したのは僕でした

かわらないものなんて、どこにもなくて
ただ、ぼくらがどこかでいきているということだけ
これもいつかこわれるときがくるのでしょう
時間だけがかなしくてやさしすぎて

このまま永遠が続くと想っていた
変わることなく永遠のこの毎日が
僕たちも永遠だと想っていた
そんなはかない嘘をついたのは…なんで?

何処かで信じていたこの日々は
言葉も無く崩れ去って
あれからどれほど歳月が過ぎたのでしょう
ただわかっているのは、僕が君の手を離したこと

どうして、嘘をついたの?
そんなつもりじゃなかったのに
一緒に眺めたこの景色も
すっかり今じゃ変わってしまったよ

君はまだ、かわらないでいるかい?





hitomi... ありがとう。                 2009/02/12(Thu) 17:41 No.118   

瞳を閉じると

あなたが笑っている。

そしてわたしの

そばにあなたが見える。

幸せな気分になれる。

幸せを感じる。

感謝してる。

あなたを思い出せることが。

ツイてる。





最愛の人... umi                 2009/01/27(Tue) 20:53 No.117   

君とであったのは、遠い昔

僕が病気で、仕事が出来なくなった

その入れ替わりで、君が来たね


なんて優しい女性なんだろう

電話の先で、君の姿を想像して

君の話し言葉に、憧れを抱いて

仕事場は 男の世界なのに こんなのって良いよね

君を 親しく 思う ぼくの先輩たち


彼女にするには、とても確立は 低いようでした


そんなある日のこと 彼女からの電話が来た


二人で合えるって?

彼女は 病気のぼくを 心に留めていたようでした


心配だったんだ


後に そう聞きました


それから 彼女と 僕は 結ばれて

二十年

今も あの日の 彼女と同じで


みかえりのない愛を   感じています


この命が 終わるまでは

彼女のことを 思って 生きています





loveless butterfly... 羽我野響希                 2009/01/13(Tue) 18:28 No.116   

新しい季節にのって嘘吐きな恋を運んだ
愛を知らない蝶 愛を知りたかっただけなのにね…

出会いはそう、偶然で最初から
そこには何も無いと知りながら恋をしてたね

演じるなら完璧に演じ切って魅せて
嘘吐きな優しさに惑わされて

羽根を傷つけられた蝶は ただ
華の香りにつられてふらふらと飛び立つばかり

あなたは風…幾ら追いかけても届かない
ただ運ぶ甘い香りに誘われて 甘い蜜に溺れて

愛を知らない蝶 その声で告げて欲しい

「    」

蝶となって華と散る はかなさはまるで夢の様
縋り付くなんて惨めな様は可愛くないでしょ?

いっそのことこのまま眠りたいね 愛を知らない蝶
咲かせて枯れるまで 騙されていたい

あなたの優しい嘘吐きな愛で教えて 
愛を知らない蝶のために

嘘吐きな唇で あなたの言葉で

どうか…

「     」





今... uminomokuzu                 2008/12/21(Sun) 20:16 No.115   

22年間も住んでしまった賃貸マンション

壁紙は 煙草のヤニで黄ばんで

壁に貼ったカレンダーの後がくっきりと残る

いつだったか 空気清浄機を取り付けた跡もそのまま


キッチンの換気扇は 逝かれてしまって 交換

煙草の煙を吐く為に 日夜 稼動状態で

新しい換気扇も カラカラ音を立ててきた

蚊取り線香のような コンロは

経年劣化により フライパンの底を

逆撫でして


エアコンは 頑張ってくれました

エアコンがないと 生きてゆけない空間

Good Timing 夏の終わりに 壊れてしまいました

色んなものに 取り残されて行くけれど

電子レンジだけは いまだに 健康状態

今は 22年間の 空間を 後にして

とても綺麗な箱の中に居る

窓の景色も 前とは180度も 変わったよ


東の空を見上げる場所から

太陽の木漏れ日を慈しむかの如く

とても 静かで清く美しい自然の匂いのする

遠い幼き頃の想い出のように

キラキラと 輝く部屋で

これから幾年 住むのだろう





私の愛... hassyi                 2008/11/28(Fri) 21:59 No.114   

お元気ですか

私の愛

いつまでも 絶えることなく

友達で居られたら良いのに..





一縷一会... 羽我野響希                 2008/11/26(Wed) 13:39 No.113   

もし、また君にあえたら

僕はそれでいいんだ…

あれから歳月ばかりが過ぎて

言葉ももう枯れてしまいそう。

あいたいと、君にいえなかった

私が悪いんだ。

本当にあいたいのは君だけなのに

あいたい、あえない

きっとこれからもそうでしょう

それでもいい、元気に永く幸せにあってくれるなら…

話を聞いてくれる人も

心配してくれる人もいるのに

本当にあいたいのは君だけ

あいたいのは君だけでしょう



君だけでしょう





夏の日の記憶... ぐろ                 2008/10/05(Sun) 09:08 No.112   

空には綿菓子のような雲
入道雲が秒刻みで姿を変える

夏の暑い日差しの下で
緑の濃い街路樹は
涼しい日陰をつくる

車が通る度に
熱気が歩道に漂う

この道の前後では
陽炎が空気をにじませる

自転車に追い抜かされては
時々 後ろを振り返る

食堂の香りにつつまれて
腹を空かせて長い道を行く





行動... ぐろ                 2008/09/16(Tue) 00:51 No.111   

迷う前に行動すべきだ!

全ては我が心に聞け!

周囲には成功に導く

要素が隠されている。

選択を間違えても

諦めるな!

道が開くときが

必ず来るから。





Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

No. 暗証キー 投稿パス
- Photo by うみからの贈りもの -
- icon やまねこの海 -
BGM - MIDIBOX - herbの匂い

- - Edit:hassyi -