026031
[ホーム]



BGM提供
波の音





詩の掲示板 〜 珊瑚の浜辺

詩の掲示板です、何方でもお気軽に
あなたの詩を飾ってみませんか
リンクフリーですのでご自由にお使い下さい...
なお 著作権は詩の制作者に帰属し 詩の持ち出し転載は来ません 
詩の投稿以外のご利用はご遠慮下さい....

※  この掲示板の背景画は、朝 昼 夜 深夜と、お借りした画像が変わります。





 この掲示板のバックで聴こえる波音をプレゼント中♪
DLの際は、右クリック対象を保存。





bbsを設置しました。




[新規投稿] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]



かなしみをひきずりながら... mie                 2008/05/18(Sun) 10:09 No.109   

心の底から 湧きいずる思い
灰色だった 人生が 今よみがえった
そう それは あの人のおかげ
夢と希望と 張り合いが生まれるのです

怒りも憎しみもないけれど
このむねの痛みをいやすものもなく
束の間のしあわせをかみしめながら
むくわれぬ愛を求め ひとりさまよう

住みなれた この街に 身のおきどころもなく
私はどこに行くのだろう
かなしみをひきずりながら





心が癒えるまで... teresa.                 2007/11/03(Sat) 23:07 No.108   

その指先に触れるだけで
私の気持は引きずり込まれて行く
頭の中が真っ白になり
周りの世界が霧のように消えて行く

その唇にそっと触れただけで
込み上げてくる
言葉にならない熱いものが
私の中で渦を巻いてくる

プライドも 恥じらいも
身に付けてきたものが
いつの間にか脱ぎ捨てて
あなたの前で ありのままの私になれる

傷を負った心が癒えるまで
そっと抱きしめて
明日への不安が溶けてしまうまで離さないで

私があなたを愛してる
あなたが私を愛してる
ただそれだけで生きて行ける

心が癒えるまで

あなただけを見つめていたい
あなただけを見つめていたい





8月30日... 海の藻屑                 2007/08/30(Thu) 21:12 No.107   

今日は、あの子のバースデー
毎年プレゼントをしていたけれど・・・

今ごろどうしているのだろう?

ごめんね・・・









それが理由... アイリス                 2007/07/30(Mon) 15:06 No.106 home   

貴方を好きになったのは 子供の時に描いてた
イメージに似ていたから
だから そう たぶん
心は好きじゃない
貴方が横を向くように仕向けたのは
子供の頃のイメージを護りたいから
それが理由
じゃあ またね





嫌い<好き... Rui                 2007/07/17(Thu) 22:45 No.105 home   


貴方の嫌いな所なんか数え切れない

すぐに意地悪する所も

時間にルーズな所も

皆嫌い


でもね

それ以上に好きな所が数え切れないくらいあるよ

その笑顔も

時々見せる優しさも

皆好き


頑張って嫌いも皆好きになるよ

だって貴方が好きだから





愛しい、かずへ。... yuki                 2007/02/28(Wed) 13:11 No.103   

あたしは、本当にかずが好きだった。
毎日、頭からはなれないほど、好きでした。

あたしの心臓はあと、どのくらいもつのだろう。
22年間ずっと動きつづけた胸の鼓動が消えてしまう。
なんて恐ろしいのだろう。耐えられるだろうか。
あたしは1人で死んでゆくのだろうか。

かずに会いたい。
かずに伝えたら、きっと困ってしまうだろう。
だから、言わない。
でも、会いたい。会いたい。会いたい。

あたしの心臓がもってくれますように。
せめて、かずが韓国へ行くまで待ってくれますように。

神様、これ以上何も望みません。

大好きなかず。大好きなかず。
こんな気持ちを教えてくれて、ありがとう。





一色の影響大... 羽我野響希                 2006/12/06(Wed) 19:09 No.102   

何も解せぬままに時間は過ぎて
どうしたら確実に時間を身体に 刻める?
一瞬で崩れ去っていく毎日が
立ち止まると不安でこわくて

何もいらないよ 今ここにいるだけで
何もいらないよ 君が目の前にいてくれるから

同じ運命を生きて 違う運命を生きた
同じ愛を求めて 違う愛を信じた

「泣いてもいいよ、まだ誰もいないから・・・」

風が君の髪を払う 花は散り
風は花弁を僕に運び行く

何もいらないよ 何一つ
このままの時間をとめられなくて

何度君を見つめただろう
考えるほど一緒にいたかな
もし時間をとめられたら
呆れるほど一緒にいられたかな
いつも2人ならと信じてきたのにね・・・






嫉妬... Rui                 2006/12/04(Mon) 21:48 No.101   

ほんの少し貴方の隣にいる人が
羨ましくなっただけ

ほんの少し貴方の持つ秘密が
知りたくなっただけ

貴方の笑顔が私に向けられていない
そんな小さなことに腹を立てただけ

貴方のそばにいたい

嫉妬なんかしたくない

でもどうしても誰かを羨ましく思ってしまう

醜い私

私の心にある醜い部分なんか

涙と共に消えてしまえばいいのに








秋空... Rui                 2006/11/22(Wed) 02:40 No.99   

秋の空は高いなんて
誰が言ったんだろう
空はいつだって
果てしなく
高いと言うのに

秋の風は人を寂しくさせる
だから人は空を見上げるんだ
その時
空が高かったことに気づくんだ





きみがくれたそら... 羽我野響希                 2006/11/09(Thu) 19:31 No.98   

何事もなく無知な恋をして はかなく花に散って
それが世の常ならば もっと忘れらぬように  してほしい

暮れて紅い空 長く伸びた影に僕はいて
こぼす涙は君がくれた新たなはじまりへの力
やさしさなど知ったつもりでいたけれど それは
間違いで 大切に握り締めた手の内にありました

季節過ぎて 眺むは僕の心茜さす懐かしの空
久しぶりに立ち止まれば 手を離れた風船高くアカネの果て

ただ何も知らずに幼い恋をして はかなく花は散って
咲いても咲けど切なく徒花 朱の花弁風運ぶ

また咲けよと

暮れた紅い空 赤のまぶしさの中に君はいて
頬なでる風は君の手よりも冷たくて あんなに
話さないでねといっていた言葉今何処? この唇は
ただ忘れたくなくて忘れないでねとつぶやけど
伸びた影せまる

朽ち果てるが運命ならばとこの一瞬き
きつくきつく抱きしめ

暮れて紅い天空 並んだ影もう此処には二度とない
こぼれる涙は君がくれた大切なはじまりへの力
やさしさ教えてくれた いとしさ教えてくれた それは
影二つ並んだあの日大切に握り締めた手の内でした

忘れないでと僕を呼ぶ声 秋の風に冷えて
かすまないで君の大切な笑顔 少し冷たい君の手冷やさぬように

君がくれた 暮れ行く紅い天空





Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

No. 暗証キー 投稿パス
- Photo by うみからの贈りもの -
- icon やまねこの海 -
BGM - MIDIBOX - herbの匂い

- - Edit:hassyi -