BGM提供
波の音





詩の掲示板 〜 珊瑚の浜辺

詩の掲示板です、何方でもお気軽に
あなたの詩を飾ってみませんか
リンクフリーですのでご自由にお使い下さい...
なお 著作権は詩の制作者に帰属し 詩の持ち出し転載は来ません 
詩の投稿以外のご利用はご遠慮下さい....

※  この掲示板の背景画は、朝 昼 夜 深夜と、お借りした画像が変わります。





 この掲示板のバックで聴こえる波音をプレゼント中♪
DLの際は、右クリック対象を保存。





bbsを設置しました。




[リストに戻る] [ホームに戻る] [新規投稿] [スレッド表示] [ツリー表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
懐想 - 羽我野響希 2009/05/28(Thu) 17:58 No.119

懐想 投稿者:羽我野響希 投稿日:2009/05/28(Thu) 17:58 No.119
言葉少なに 僕を見つめ
何をみているのか 僕にはわからなかった
長い髪を切ろうと 決めたのは
どうしてでしょう

あのまま永遠が続くと想っていた
変わることの無いこの日々のまま
僕たちも永遠だと想っていた
そんなわかりきった嘘をついていた

たぶん、きっと、いつか、どこかで
そんな曖昧を嫌ったのはまだ子供だったからか
大人になったからなのか
今もわからない

何処かで信じていたこの日々は
あっという間に崩れ去って
どれほど歳月が過ぎたのでしょう
この手を離したのは僕でした

かわらないものなんて、どこにもなくて
ただ、ぼくらがどこかでいきているということだけ
これもいつかこわれるときがくるのでしょう
時間だけがかなしくてやさしすぎて

このまま永遠が続くと想っていた
変わることなく永遠のこの毎日が
僕たちも永遠だと想っていた
そんなはかない嘘をついたのは…なんで?

何処かで信じていたこの日々は
言葉も無く崩れ去って
あれからどれほど歳月が過ぎたのでしょう
ただわかっているのは、僕が君の手を離したこと

どうして、嘘をついたの?
そんなつもりじゃなかったのに
一緒に眺めたこの景色も
すっかり今じゃ変わってしまったよ

君はまだ、かわらないでいるかい?