BGM提供
波の音





詩の掲示板 〜 珊瑚の浜辺

詩の掲示板です、何方でもお気軽に
あなたの詩を飾ってみませんか
リンクフリーですのでご自由にお使い下さい...
なお 著作権は詩の制作者に帰属し 詩の持ち出し転載は来ません 
詩の投稿以外のご利用はご遠慮下さい....

※  この掲示板の背景画は、朝 昼 夜 深夜と、お借りした画像が変わります。





 この掲示板のバックで聴こえる波音をプレゼント中♪
DLの際は、右クリック対象を保存。





bbsを設置しました。




[リストに戻る] [ホームに戻る] [新規投稿] [スレッド表示] [ツリー表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
君の好きな人になりたかった - 羽我野響希 2012/10/08(Mon) 15:56 No.130

君の好きな人になりたかった 投稿者:羽我野響希 投稿日:2012/10/08(Mon) 15:56 No.130
ねぇ、どうしてそんな目をして
私の髪をなでたんだい?
君に微笑んだ私は
どんなふうにみえたんだい?

最初からわかっていたのはほんとで
わからないほど子供でもなくて
埋められるほど大人でもなくて
叶わない約束…本気だったのは私だけ?

そばにいればあたたかくて
一緒に歩ければそれでよくて
それ以上望めなかった…
すぐに掴めなくなりそうで

ねぇ、どうしてそんな目で
私の髪をなでたんだい?
君の手をとった私はどんなふうに
その目に映っていたんだい?
誰でも良かったなら、私じゃなければ

良かったのに。

ねぇ、どうして2つの青い蝶は
勘違いしてしまいそうなくらい甘くて
一緒に歩いた街が君ばかりで

あぁ、握りしめた手で君を掴めばよかったんだ。

ねぇ、どうしてあんな目をして
私の手に指を絡ませたんだい?
すべて嘘だなんて思いたくないよ
最初からわかっていたけど、
あまりにもあたたかすぎて

ねぇ、どうしてそんな目をして
私の髪をなでたんだい?
君に微笑んだ私は
あの夜どんなふうに君に
みえたんだい?

せめて、きれいに映っていればいいんだけどな。

確かに好きだった。
確かに恋…だった。

君の好きな人に、なりたかった。